曽根です。


TCD様いらっしゃいませ。。

安心オートマと足回りリフレッシュ作戦実行の日が来ました。

CIMG1435

去年末にゲットした95年式のオートマMINI。。

自分の手で熟成させていくためにベースカーとしてチョイスしたそうです。

CIMG1436

レーシンググリーンのボディはきれいですね。。

BlogPaint

佇まいがいいですね





~*~*~*~*~*~*~*~

実はTCD様の初来店は2月18日でした。。

CIMG4682

気になる安心オートマをご覧になって、体感していただきました。

CIMG4681

自分のMINIとは全然違うね。。 まずは安心オートマにすることは決定。。

もう一つ、おとーと君はアレックモールトンのラバコンとカヤバショックで乗り心地が良いのです・・

で、足回りも全然違うね。。。。。

で、安心オートマと足回りリフレッシュ作戦が決まりました。

~*~*~*~*~*~*~*~



そして再びシーンは本日。。

CIMG1443

まずは現況をチェックさせてください。

CIMG6623

新しいタペットカバーが光ってます。。。 エンジンもきれい。。

エンジンルームにもTCD様の愛情が注がれてるのが伝わってきます。

自分で交換できるパーツはできるだけ楽しみとして残しておきたい感じです。

CIMG6622

エンジンオイルはロアレベルより若干少な目。。

エンジン掛ける前はコンバーター内のオイルがオイルパンに落ちるので

レベルゲージには多めに入ってるように見えてしまうので

オイルチェックは一度エンジン掛けてからです。

CIMG6625

オイルが少なくて滑るケースもあるので補充してから試乗します。

CIMG6627

助手席シートを外してあるので同乗のTCD様はリヤシート。。

タイムラグも、ギヤを入れた時のショックはかなり大きめ。

ジャダーも少し感じます。

足回りのガタは大きく絶えずステアリングにガタガタと伝わってきます。。。。。




試乗から戻ってミニモニでECUチェック

CIMG6630

吸気温センサー フォルト

CIMG6631

バキュームセンサー(MAP)  フォルト

CIMG6632

スロポジセンサー  フォルト

3つのフォルト入ってましたので一旦消しておきます。

納車までに再発するようなら交換も考えましょう。。

CIMG6636

マルチ画面   アイドル認識OK  燃調補正もOK

スロポジ、ステッパー値ともに問題なし。

CIMG6637

フォルトだったMAPセンサーも正常に作動してます。

CIMG6638

水温センサー86℃  ラジエターに挿した温度計83℃

水温センサーの温度精度は良好。。  そのまま使いますね。

CIMG6639

13.7V オルタネーターも良好

CIMG6641

燃調補正はプログラム通り。。

CIMG6642

インヒビタースイッチもOK





では、いよいよリフトアップして下から覗きます。

BlogPaint

下回りを覗くのは、楽しみなような心配なような・・TCD様。。。

CIMG6656

テンションブッシュはだいぶお疲れモード

CIMG6651

フロントの車高が低いと思ったらハイローキットがまだ入ってなく純正のストラットコーンのまま。

何も手付かずというのは、素性の良さとも言えるかも。。

もちろん、その上に付いてるラバコンはペッチャンコ。。

今回、この辺はリフレッシュされる予定です。

CIMG6650

ステアリングラックのナイロンベアリングはかなり多いガタがありました。

走行中のガタの犯人はコレですね。

BlogPaint

ラックブーツは左右とも切れてます。

CIMG6653

ドライブシャフトブーツも左右とも深めなヒビ。。。

エンジン脱着でドライブシャフトを抜くのでこの辺もリフレッシュしましょう。


CIMG6655

リヤの足回り。。

やはりハイローキットではなく、純正のストラットコーンのままです。

足回りリフレッシュ作戦でどのくらい乗り心地が変わるか楽しみです。


CIMG6649

オートマはオイル漏れは各部からありますが

安心オートマでそこは解決しますね。

CIMG6647

ミッション番号と

CIMG6648

デフケースの番号が違います。

過去にオートマの修理をしているようです。

あっ、白い液体パッキン使ってる・・・・・やな予感。

『こわれない安心オートマ』 という名前は こわれちゃう心配なリビルトオートマが存在するからなんですが

そのオートマじゃありませんように。。



ドレンボルトに付着する鉄粉は・・・・・

CIMG6663

これは、ギヤドラムを削ってしまってます。

心配は的中かも。。  

ギヤドラムやバルブボディの再使用できない可能性があるので

その場合はドナーミッションを用意することになります。

コンバーター内部にも大量の鉄粉が溜まり込んでいるはずなのでコンバーターも交換になります。

でも、安心してください。

出来上がりはすべて保証付きの安心オートマになってきますから。。。

BlogPaint

悪いところがわかって良かったよ。 

プラス思考のTCD様は納車後の次の構想が次々と湧き出てきてるようです。。♪♪

では 4月末の納車目指して作業進めてまいります。



3月22日追記

エンジン脱着でラジエターやホース、サーモスタット等の水回りはリフレッシュされますが

ヒーターコアはそのまま使用の予定ですので、脱着の前に洗浄しておきます。

CIMG7124

サーモスタットが開くまで温めてすべてに冷却水を循環させてから

BlogPaint

排水。。  かなり臭いも出てました。。。

安心オートマでは、エンジンとミッションを切り離した際に

高圧洗浄機でエンジンブロック内の水路洗浄しています。


CIMG7144

ヒーターコアは車側に残るので洗浄が必要になるのです。

CIMG7145

ヒーターコアからはかなりの汚れが出てきました。

これでエンジン降ろす前の準備完了です。


ヽ(*´ω`*)  3/ 25 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


DSCF9281


下ろす前にオイル抜きます。


DSCF9285


ラジエーターアッパーブラケットが逆さまに付いていますね^^;
組む時は正位置で組みますのでご安心を♪


DSCF9288


ステディーロッドのバルクヘッド側のブラケット。
ポッキリ折れちゃっています。

エンジン降りている間に溶接してもらいます。


CIMG2317


エンジン・ミッションも降りてスッキリしました(笑)
バルクヘッドもスッキリしたいとのことでスポンジ撤去します。


CIMG7588


スポンジ以外の物もたまってますね^^
そんなアレはエアーでピュー。


CIMG2318


スッキリしましたね~(*´ー`*)b


ヽ(*´ω`*)  3/ 26 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


BlogPaint


九州へ旅立つために箱入り娘。
ハーモニックバランサーPECSもお供します^^


CIMG2326


蓋も締めて準備完了♪


CIMG2419


元気になって帰ってくるんだよーヽ( ´ー`)ノ


ヽ(*´ω`*)  4/ 12 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


BlogPaint


鈑金工場で溶接作業です^^


CIMG3548


元々自動車鈑金する前は溶接屋さんだっただけあってお仕事が綺麗です♪


BlogPaint


色まで塗ってもらって溶接作業完了です。





〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 




入庫時チェックで懸念した通り、残念ながら再使用できないリビルトオートマでした。

でも、その分総リフレッシュされて安心オートマになりました・・・

DSCF5543

九州から分解点検から安心オートマに変身するまでのレポートです・・・・


〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 


ヽ(*´ω`*)  4/ 16 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


DSCF9405


サブフレームマウント準備します。


DSCF9406


もちろんリアも^^


DSCF9410


タワーマウントはブロスさんの強化マウント♪


DSCF9411


エンジンマウントも交換。エンジンマウントブラケットも交換します。


DSCF9412


ロアアームブッシュも交換。
使うのはエイボンバー製


DSCF9413


気持ちがいいですね^^


DSCF9414


テンションロッドは調整式にロッドを交換してブッシュはやはりエイボンバー製♪


DSCF9415


ロアアームとセットで使うことで柔軟性を確保(*´ー`*)


DSCF9418


ボールジョイントはデルタさんのメンテナンスフリーボールジョイント^^
これは人気ありますね~

いしかわ号にも付いています(*´ー`*)b


DSCF9419


左右上下4ヶ所装着完了。


DSCF9422


ドライブシャフトのインナージョイントの奥にあるプラグも一度外してコーキングし直します。


DSCF9424


お掃除点検後モリブデングリースてんこ盛りで完成。


DSCF9427


フロントラバコン&ハイローの新旧交代の儀♪


DSCF9433


タイロッドエンドのブーツも切れているので交換ですね。


DSCF9435


ナイロンベアリングも交換しました。


DSCF9437


タイロッドエンド交換♪


DSCF9441


ラジエーターホースは青いシリコンホース使用ヽ( ´ー`)ノ


DSCF9442


クーリングファンも交換します。


DSCF9443


ラジエーターはDoトレーディングさんの3コアラジエーターにチェンジ。
ストーンガードももちろん交換。


DSCF9444


リアのラバコン&ハイローキットの新旧交代の儀♪


DSCF9446


これから何年も頑張ってもらいます^^


DSCF9447


ラジエーターにはクーラントブースター。


DSCF9448


LLC投入。


DSCF9449


オイルはWAKO'S PRO-S プロステージS 10W40です。
1番使っているオーナーさんが多いオイルです♪

いしかわ号もこのオイルです。


DSCF9450


リアのハブ外して。。


DSCF9451


スタッド打ち換えします。


DSCF9452


クーラーガスはCOLDシリーズです(*´ー`*)b




4月27日追記

ほぼ完成で試運転。。。

CIMG9849

走る分にはいいんですが・・

停車中にギヤを入れるとノッキングでエンジンからカリカリ音がでます。

岩崎自動車さんによる、安心オートマ完成直後の走行テストでは問題なかったとのことなので

エンジン本体ではなく、車体側の制御系の問題ですね。




ノッキングなのでまずは4番から順番に圧縮測ってみます。

CIMG9818


CIMG9822


CIMG9821
CIMG9822

圧縮は問題なし。




CIMG4919

制御系の中枢。 ECUをフルリセットしてみます

CIMG9827

ECUに問題が無ければ、22年前のフレッシュなECUに戻れたはずだが・・・




アンドロイドを繋いで点火時期をチェックしてみます。

BlogPaint

アイドリング929回転 で 点火は上死点前 5.5度

CIMG9830

ギヤを入れると

BlogPaint

一旦741回転まで下がり、その時の点火時期が 22度。。

このとき、エンジンはノッキング音でカリカリ。。


BlogPaint

その後、814回転になって、点火は6度に戻ったり・・・

点火時期の制御は、中枢のECUが仕切ってます。

デスビを回しても変わりませんからね。

他のECUに付け替えて変化あるか試してみます。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4/30

メカ山田です。

実は、28日にECUを交換してみたのですが、変化はありませんでした・・・


DSCN7082

その後にTCD様にご連絡し、ステッパーモーター交換の了解を

ただいたんでしたね。


DSCN7083

このケースの中に水が侵入し、作動不良を起こすことも多いんですよ。

アイドリングは、ECUがステッパーモーターを作動させて調整しますからね。

期待してステッパーモーターを外したのですが、ケース内に水の侵入

した形跡は無く・・・


DSCN7084

交換しても、変化はありませんでした・・・


DSCN7167

アイドリングの調整はECUが行ってることを考えると、どうしても

ECUが悪いのではと思ってしまうんですよ。

交換したECUも良くなかったのではと思い、本日再度違うECUに交換

してみました。  結果は変化無し・・・

ECUが3つとも同じ症状だったので、ECUは問題無いのでしょう。


DSCN7168

そうなると、センサー類に問題があるのではないか?!

そこで、スロットルポテンショメーターを交換してみました。

このセンサーは、アイドリングにも大きな影響がありますからね。

ところが、交換してみても変化なし・・・


DSCN7208

アイドリングが下がるのにあまり関係は無さそうですが、クランク角センサー

も交換してみました。 結果は、やっぱり変化はありません。


DSCN7209

考えられそうな制御系のパーツは、これで全て交換しましたが、

依然ギヤを入れるとアイドリングが下がり、ノッキング音も聞こえます。


DSCN7210

一体何がいけないのか・・・

ガソリンが少なくなってたので、10リットルほど補充させていただきました。

補充後に一応点検してみましたが、変化はありません。

ガソリンが原因でもないんですね・・・


DSCN7211

DSCN7212

接触不良も考えられるので、ECUとステッパーモーターのカプラーに

接点復活剤を塗布してみましたが、やっぱり変化はありませんでした。

こうなると、制御系も問題無いのかなぁ・・・

今日は、ここまでで終了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

5/1

メカ山田です。

今日も、作業は続きます・・・


DSCN7262

そういえば、ECUを付け替えてからリセットを行ってませんでした。

一応、付け替えたECUをリセット。

結果は、変化はありません。 予想はしてましたが・・・


DSCN7264

点火に問題があるのでは?

燃焼状態が変われば、改善されるかもしれません。

ディスキャップ、ローター、プラグコードを付け替えてみます。


DSCN7267

付いていたキャップ、ローターは見た目には劣化してるようには見えません。

プラグコードも、わりと新しく見えます。

この3点を入れ替えてみても、やっぱりアイドリングは下がりノッキング音

は出ました。


DSCN7268

それでは、エンジンの負荷が少なくなれば改善されるのかと思い

ベルトを外してみました。

これでオルタネーター、ウォーターポンプも作動しなくなるので、

だいぶ負荷が減るはずです。


DSCN7269

アイドリングは正常値の850rpm付近で回ってますが、


DSCN7270

ドライブに入れると回転は下がり、ノッキング音も出ます。

エンジン単体で回してもこの結果、エンジン、ミッションの負荷が大きいのかなぁ。

悩ましいです・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

5/6

メカ山田です。

TCD様、本日はご来店していただきありがとうございました。


BlogPaint

来店時にお話したアイドリングが下がってしまったECUを、お帰りになった後

に他車に取り付けて点検してみました。


DSCN7350

ニュートラルで正常だったアイドリングは、


DSCN7352

ドライブに入れてもアイドルアップし、アイドリングが下がることはありませんでした。

これで、制御系には問題が無いと思われます。

ますます、エンジン、ミッションの負荷が大きい気がしてしまいます・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

5/7

メカ山田です。

エンジン、ミッションの負荷が大きいいのでしょうか・・・


DSCN7382

来店された時と、どこが変わってるのか?

もちろんミッションは交換したので変わってますが、エンジンは?


DSCN7383

エンジンは同じでも、変わってるところがありました。

それはバルブクリアランス。

来店時には0.7~0.8mmあったバルブクリアランスですが、

安心オートマ時に0.3mmくらいに調整されてます。




これを来店時と同じくらいの大きさに戻すとどうなるのか?


DSCN7392

ニュートラルでは、850rpmを少し下回るくらい。

これまでより若干低くなりましたが、問題無いくらいの高さです。

ここからドライブにしてみると・・・


DSCN7393

やっぱりアイドリングは下がってしまいました。

傾向はこれまでと変わりませんが、タペット音が大きくなりノッキング音が

少し分かりづらいかな?

来店時もタペット音が大きくて、気が付かなかったのでしょうか。

ますます分からなくなってきました・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN7590

5/11

メカ山田です。

TCD様が気にされてたフューエルトラップを介さないバキュームホース

の繋ぎ方を、本日行ってみました。


DSCN7591

シリコンホースを使用し、インマニから、


DSCN7592

直接ECUまで1本のホースで繋いで、エンジンを始動。


DSCN7593

ニュートラルで850rpmくらいのエンジン回転数。

ここまで問題無いのは、これまでと同じです。


DSCN7594

ドライブにすると、やっぱりアイドリングは下がりました・・・

ノッキング音が出るのも、これまでと変わってません。

フューエルトラップは、問題無さそうです。





5月13日分追記

制御系、補器など交換できるところはほぼやり尽くしました。

DSCF9593

となると、エンジン本体かオートマのどちらかに、抵抗になる部分が隠されているはず。

もう一度、エンジン降ろして、エンジン、オートマの両方を分解して点検することにします


DSCF9594

ドレンボルトに付いてる鉄粉はコンバーター内に残留してる鉄粉です。

磁力型フィルターPECSを取り付けてるので、3回オイル交換を繰り返すことで

この残留鉄粉もきれいになります。

※ノーマルフィルターは、この微細な鉄粉は素通りしてしまうので2次摩耗を起こし続けてしまいます。


BlogPaint

降りました。

CIMG6484

時間を戻して、もう一回九州で分解して点検してもらいます。





~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


前回分解してないカムメタルも点検しました

DSCF8286

カムメタルはきれいで、奥にみえるバルブリフターもきれいな状態で

エンジン側に問題はありませんでした。



そして、犯人がいました。。。

DSCF8263

トルクコンバーターのベアリングに引っかかりがあり抵抗になっていました。

※ 上の写真は内部がわかるように切開したコンバーターです。


DSCF8326

新品のコンバーターに交換して

DSCF8340

テスト車両に積み込み、

キャメルのテストと同様にミニモニでECUチェックします

DSCF8357

ニュートラルでのMAP (インマニの負圧)

DSCF8358

30kpa  OKです。




DSCF8361

問題だった、ギヤを入れた時は?

DSCF8364

52kpa なら標準な負荷です。 

コンバーターを交換して、回転抵抗が少なくなったことがわかります。


DSCF8380

新品のコンバーターで残留鉄粉がないのでドレンに鉄粉は付いてません。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

5月21日追記


CIMG7112 (2)

コンバーター交換されたオートマが九州から戻ってきました。

DSCF9718

積み込みました



DSCN9035

5/29

メカ山田です。

お待たせしてすみません・・・


DSCN9036

エンジンの積み込みも終わり、いよいよ最終チェックです。

ドライブに入れても、ノッキング音は出なくなりました !


DSCN9050

それもそのはず、これまでドライブに入れると下がってたアイドリングは、


DSCN9049

しっかりアイドルアップし、850rpm付近でアイドリングしてます !


DSCN9051

DSCN9052

水漏れ、オイル漏れも無く、全てが良好です。

TCD様、長らくお待たせしました。  ついに作業完了です !






6月5日追記



TCD様ご来店です。

CIMG9922

家から5時間かかったよ。。 

お疲れさまです。。。

CIMG9923

今回は、納車直前のチェックでの違和感から、再オーバーホールという

紆余曲折があったので、まずは完成したMINIを試乗してもらいます。。。

CIMG9924


CIMG9928

『うん、いいねぇ。 

試乗車のおとーと君よりイイ感じかも・・・(笑)』


よかったぁ。。

CIMG9927

同じく本日納車のYMD様4年前に安心オートマにしました

YMD様『オートマは今でも快調よー』

CIMG9930

さぁーて、これからボディを始めいろいろ弄っていく計画が目白押しのTCD様

オートマとラバコン交換で、そのスタートラインに着いたところです。

もうワクワクしちゃいますねー。

CIMG9931

最初のオイル交換は1000㎞以内でいらしてくださいね。

たぶん弄るのが忙しくて乗ってる時間ないかも・・・(笑) とTCD様

MINI弄りもMINIの楽しみですからねー。。

とにかくずーっと楽しんでいきましょう。。。。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002