DSCN4303

TKD様、いらっしゃいませ。

今日は、オイル交換で初キャメルです !

最近、オイル漏れが気になってきて来店されました。

担当は、メカ山田です。


DSCN4305

早速試乗を行いましたが、ナイロンベアリングの摩耗?走行中に

カタカタと音がしてました。

シフトをドライブに入れた時、僅かですがタイムラグもありました・・・


DSCN4307

500kmほど前に、ガソリンスタンドでオイル交換をされてからオイル漏れ

増えたそうですが、オイルはアッパーレベルまで入ってますね。


DSCN4308

走行が少ないこともあり、燃料希釈は少ないです。


DSCN4311

これまで、一般の自動車屋さんでメンテナンスされてきたとのこと。


DSCN4312

当然、ECUチェックは行ってないのでしょう。

フォルトが2つ入ってますね。


DSCN4313

DSCN4314

DSCN4315

DSCN4316

DSCN4317

DSCN4318

DSCN4319

DSCN4322

ただ、今はセンサー値に異常はみられません。

恐らく過去のフォルトの消し忘れでしょう。


DSCN4324

フォルトは消去したので、次回まで様子を見てみましょう。


DSCN4328

それでは、オイル交換開始します !


CIMG6787

ドレーンの鉄粉は、若干多めでしょうか。

ドライブに入れた時のタイムラグ以外に異常はありませんでしたが、

オートマはそれなりに消耗してるようですね。


DSCN4348

微細な鉄粉がフィルターを通過し、2次摩耗、3次摩耗を引き起こして

消耗速度を速めます。


DSCN4350

PECSで、2次摩耗以降を防止しましょう !

早速、取り付けご用命になりました。


カルテ

キャメルではオイル分析カルテで、毎回ドレーン状態を管理してます。

今後鉄粉がどのくらい減るか、PECSの効果に期待 !


CIMG6775

いずれは、安心オートマにする時がやってます。

おとーと君で、安心オートマを体感してみてください !


DSCN4341

安心点検では、不具合が結構見つかりました・・・

ナイロンベアリングも摩耗が大き目で、そろそろ交換時期でしょうか。


DSCN4327

ヒータージョイントパイプも純正の樹脂製のパイプが付いてますね。

劣化してくると折れてしまうことがあるので、金属製のパイプに交換

することをお勧めします。


DSCN4362

その際には、水路洗浄も行うのが良いでしょう。

水路も、かなり汚れてるみたいですよ。


CIMG6794

早い時期に対処したい不具合は、こんなところでしょうか。


DSCN4325

気にされてたオイル漏れですが、タペットカバーからの漏れが多いですね。


DSCN4337

DSCN4339

タイミングカバー周辺、キックダウンスイッチにもオイル漏れがあるようですが、

タペットカバーからの漏れが多く、漏れの程度がハッキリ分かりません・・・


DSCN4355

まずは、タペットカバーからの漏れを修理しましょう。


DSCN4357

タペットカバーパッキン交換時のお約束、バルブクリアランスも点検しましたが、

0.5mmと大きかったのはこの一か所だけ。

その他は0.35mmと良好でした。


DSCN4358

そういえば、ECUチェックでのマップ値も33kpaだったなぁ・・・

案外、マップ値でバルブクリアランスを予想することができるかも !


DSCN4360

さて、今回SOD-1の注入もご用命いただきました。

オートマ車には湿式多板クラッチやブレーキバンドの清浄作用と浸透作用による

表面張力で密着力よくして寿命を伸ばす効果を期待できます !

これからも、継続的に使用してくださいね。


DSCN4361

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。


CIMG1645

TKD様、お待たせしました。

冷却水の汚れは、オーバーヒートの原因にもなります。

ヒータージョイントパイプと併せて、夏までに交換したいところですね。

ご来店、お待ちしてますね !  本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002