曽根です。


バックしなくなってしまったけど

前進は普通に走れるから走って行こうか、どうしようかと

OGW様から数日前にご連絡いただきました。

バックできなくなった原因がブレーキバンド消耗でギヤドラムを削ってしまってる場合は

大量の摩耗粉が出てるので、エンジンのためにも走らない方がよいのでレッカー入庫をお奨めしました。

(☆PECSが付いてればエンジンへの鉄粉流入は防ぐことができます)

CIMG2334

そして、本日MINIを載せてレッカーでご来店です。

力強いガッツポーズはレッカー屋さんですね。。。 運んだぜぃ


BlogPaint

平成9年式 メイフェア  ピカピカできれいですね  


BlogPaint

最近同色オールペイントされたそうです。

CIMG7627

室内も素敵に仕上がってました。。


CIMG7671

シートと内張は黒で統一。。

CIMG7670

97年式以降の天張りは黒ずんで汚くなっちゃうんですよね。。。

オールペイントの時に天張りも交換されたそうです。

CIMG2335

走行距離は64700㎞  おそらく実走行だと思われます。


奥様専用車だそうで、普段はご主人はほとんど乗らないそうですが、

たまに乗ったら、 『こりゃぁ、バックが滑ってるよ~』  って。


CIMG2340

積載車から降りてピットに行くまでのテスト走行。。。

前進側もギヤをタイムラグは大きいです。

2⇒3速  3⇒4速 で吹き上がってから入る症状。

後退は平らなところをアイドリングでクリープ走行だと普通にバックしてるような気になりますが

アクセルを入れれば完全に滑ってますね。

うーん、ブレーキバンドの摩擦材が減ってギヤドラムを削っちゃってる可能性ありです・・・




CIMG2342

では、オートマ以外のところを一緒に点検しましょう。。

普段どんな使い方なんですか?

『奥さんがほとんど毎日つかってて、1回の走行距離は短め・・・

暖気運転も割と短いかも・・・ 』

CIMG7605

まずエンジンルームから・・・


CIMG7611

オイルは規定量はいってますね。

オイルは鉱物油で交換はご主人がやってるそうです。 


CIMG7608

冷却水はやや汚れが気になりますね。

ラジエターとフェンダーの隙間を埋めるストーンガードが切れてますね

電動ファンが回っても隙間から空気が入っちゃうんで冷却効率がガクンと落ちます。

脱着するんでストーンガードは取り付けましょう。

CIMG7609

ラジエターホースは数年前に交換されてるようです。

脱着して問題なければ再使用しましょうか。

BlogPaint

下から覗いてみると・・

左側のドライブシャフトブーツがパックリ切れてました。。。

CIMG7615

ナックルブーツは外れてますが切れはなさそうです

コイルサスですね。。 コイルの場合アッパーアームがそれ以上下がらないようにする

リバウンドバッファーが潰れたり切れたりすると、コイルがずれる原因になり、

サブフレームに亀裂が入る・・なんてことに発展しかねないので特に注意が必要です。


BlogPaint

右側のリバウンドバッファーは潰れて切れかかってたので今回左右とも交換しますね。

ドライブシャフトブーツはインナー、アウター共に左右交換することになりました。

CIMG7616

右のアッパーボールジョイントはやや大き目のガタが出てましたが

今回はグリスアップしてもうちょっと頑張ってもらいましょうか・・。

CIMG7618

オートマの横の打刻は

CIMG7619

デフケースと同じでした。  オートマの修理歴はないものと思われます。


CIMG7617

左のドライブシャフトの陰に隠れてみえませんが

プラスチックの純正キックダウンレバーからのオイル漏れはほとんどのMINIで多いですね。

安心オートマでは、アルミ製の対策品に交換しますが、

これも残念ながらわずかにオイル漏れしてしまうのです。。 

でも純正品よりは断然いいです。


CIMG7623

外板のボディだけでなく、下回りのコンディションもたいへんイイですね。

CIMG7622

リヤの車高は、コイルサスが遊び始めるギリギリのところでセットされてました。




オイルのドレンボルトを一時的に他のドレンボルトと入れ替えて

現在の状態をチェックしておきます。

CIMG7626

オイル交換されてから700㎞程の走行。

やや多めですが、完全にドラムを削ってしまってる時のハリネズミのようではないです・・・

ギヤドラムが再使用できる程度かは分解してみないとわかりません。

今年1月に安心オートマにしたTMK様のケースに近いです。。

その時はギリギリ、ギヤドラムは再使用できませんでした。





次はミニモニでECUチェック。。

CIMG7641

フォルト入ってました。。

クランク角センサーと

CIMG7642

吸気温センサー

CIMG7643

そして、バキュームのMAPセンサーの3つ。

OGW様が部品交換した時に途中でイグニッションONしたことがあるようなので

その時入ったままになってる可能性ありますね。

問題なければ後ほどリセットしておきます。


CIMG7651

アイドル回転  アイドル認識  燃調補正

スロポジ電圧  ステップ値   すべて良好です。

CIMG7648

O2センサーも元気に稼働中


CIMG7649

燃調はほぼプログラム通りの ▼2%  OKです。

CIMG7650

パーキングスイッチもOK


CIMG7652

バキュームも正常です。

やや数値が低いのはおそらくタペットのクリアランスが大きめだからかと思われます。

タペットカバーパッキンも交換しますので、クリアランス調整しておきます。


CIMG7654

吸気温センサー OK



CIMG7656

エンジン積み込む前にチェックしておきたいセンサーは水温センサーです。

後で交換となると、またインマニ外すようですからね。。

温度精度は大丈夫ですね。。  そのまま使用します。


CIMG7646

すべて問題なく稼働してるのでリセットしておきます。

CIMG7647

今後のチェックで再発するようなら部品交換しましょう。


CIMG7636

最後になりましたが、おとーと君で安心オートマを体感していただきました。


CIMG7635

そうだよねぇ、これが普通だよねぇ。

11年前にOGW家に来た時から、なんかぎくしゃくしててMINIのオートマって

こんなもんかな・・って思ってたけど全然違うね。


BlogPaint

OGW様のMINIも、タイムラグの無いスムーズな普通の車みたいなオートマになりますから

楽しみにお待ちください。。


3月29日追記


CIMG7818

今日は水路洗浄日和です。♪

水路曽根1 担当は曽根です。。。


CIMG7858

室内のヒーターユニットから点検します

CIMG7859

漏れ跡もなさそうです。。

CIMG7826

水温センサーとラジエターに挿した温度計を比較しながらスリーチェックやりながら洗浄します。


CIMG7827

サーモスタットはしっかり閉じてます。。 密閉良好!


CIMG7834

88℃あたりからサーモスタットが開いて90℃で全開になりました。

水温センサーとラジエターの温度は同じ。。

若干水温センサーが低めの数値をだしてるかも・・・・


CIMG7835

サーモの開き量も良好のようでラジエターには勢いよく流れ込んできてます。


CIMG7844

水温センサー97℃  ラジエター99℃

本来はラジエターの方が少し温度が低いはずですが

高温側で水温センサーが鈍くなってるようです。

うーん、これだとオーバーヒートを察知するのが遅れる可能性ありますね。

そのまま使用するつもりでしたが、水温センサーは交換しましょう。

CIMG7843

そして、その時電動ファン回り始めました。

CIMG7845

そして91℃まで下がったところで・・・・

CIMG7846

ストップ。 OKですね。

BlogPaint

排水。。  錆色じゃなくクーラントの緑色でした。。

安心オートマでエンジンブロック単体になった時に高圧洗浄で更にきれいになります。

CIMG7882

ラジエター口から逆流で吸出します。

CIMG7883

バイパスホースを1か所クリップで堰き止めてヒーターコアだけから引き抜きます。

BlogPaint

ヒーターコアから若干汚れが出ましたが水路は良くメンテされてたようです。

これからも定期的な水路洗浄を続けてください。

薄目ですがクーラントを入れてエンジン降ろすのを待ちます。


ヽ(*´ω`*)  4/ 22 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


BlogPaint


お待たせいたしました。
ようやく降ろし作業です。


BlogPaint


これから九州へ長旅にでます。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



岩崎自動車さんから、分解点検→ 安心オートマへの レポートが届きました。

DSCF7382

走行距離が少ないのに摩擦材やサーボピストンシールの消耗が多いのは

暖気運転が足りなかったのでは・・・との推測されました。



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~





5月20日作業分の追記です。。。

BlogPaint

届いた安心オートマの積み込み開始です。


DSCF9571

エンジンマウントブラケットは三和オリジナルの強化品を使います。


DSCF9572

もちろんエンジンマウントは交換。。


DSCF9575

左のドラシャブーツがパックリきれてたんで、このチャンスに左右ともドラシャブーツ交換します。


DSCF9576

DSCF9577

DSCF9578

モリモリとグリスはたっぷりね。。

DSCF9579

グリスが飛び出さないようにスチールバンドでがっちり締めて取付準備完了。。。

DSCF9580

DSCF9581

インナーブーツも左右とも交換。 気持ちいいです。


DSCF9582

ステディロッドブッシュも新品に交換します


DSCF9583

破れてたタイロッドエンドブーツは日本製に交換

DSCF9584

ファンベルトはヒビだらけだったんで交換。


DSCF9586

ラジエターは漏れもなく流用できますがが、回りを囲むストーンガードが無かったんで追加しておきます。


DSCF9588

水温センサー交換。。

DSCF9589

鉄エンジンの水路を強力に守ってくれるクーラントブースターは必須です。。

DSCF9590

クーラント入れて

DSCF9591

オイルはプロステージ10W40

最初は1000㎞以内でオイル交換なのでSOD-1は添加してません。

次回から入れましょう。


DSCF9592

真空引きしてクーラーガスチャージしてエンジン積み込み完了です。



5月25日追記

車検、リモコンエンジンスターター取付け・・・・

すみません。。写真がありません。。m(_ _)m



CIMG2116

車検の最後の仕上げのRECS


CIMG2119

オートマは完全リフレッシュですが、エンジンの燃焼室はそのままなんで

少々カーボンが溜まってるはず。。。

オーバーホールせずに燃焼室をきれいにできるRECSでスッキリしましょう。

いまから、約2週間、または300km走行している間、ずっとカーボンを出し続けてくれます。


CIMG7527

洗車してOGW様のご来店を待ちます。




5月26日追記

CIMG7642 (2)

たいへんお待たせしました。

MINIは主に奥様がお使いになってるので、

パワーウインドウが不調な代車でさぞかし奥様もご不便だったと思います。。。

ご辛抱いただきありがとうございました。


CIMG2182

暖気運転が苦手な奥様のために リモコンエンジンスターターも取り付けたんで

お出かけ前の数分前に家の中からエンジン掛けて暖気運転できますね。。。

チョイ乗りが多いそうなので、なかなか距離は伸びないでしょうから

最初のオイル交換は1000㎞・・じゃなくて半年以内でいらしていただきたいです。



CIMG2183

快適な安心オートマをお楽しみください。。。

ありがとうございました。









にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002