BlogPaint

メカ山田です。

前回、スタッドレスに2回目のセラミックエアーを施工されたSZK様。

お出かけされ、箱根でエンジン不調に見舞われレッカー入庫です・・・


DSCN5293

今日は、お車だけがキャメルに到着。

SZK様は、明日ご来店される予定です。


BlogPaint

今日は土曜日、道も混んでて大変だったでしょう。

SZK様、お疲れさまでした・・・

レッカー屋さんもご苦労様です。




4月1日追記


翌日 SZK様ご来店。。

CIMG8159

CIMG2669

箱根は普通にドライブしてるつもりでも、けっこう坂道はきつかったです。。

CIMG2673

1発 爆発してないようです。。

CIMG8160
 

とりあえずプラグチェック。

CIMG8161

オイル消費がやや多いこともあって、カーボンが堆積した状態で過熱した感じのプラグ

CIMG2674

電極も丸くなってるし交換しましょう。

CIMG8167

信頼のNGK 6番。。

CIMG8162

プラグの穴からピストンの様子を観察するSZK様。。

3.4番はピストントップがきれいだけど、1.2番はカーボンが沢山ついてるな。。

きれいなピストンの方がオイル上がりの傾向です。


火花は4つともきれいに飛んでたので

次は圧縮を測ってみましょう。。

CIMG8163

4番 約12㎏ イイですね。


CIMG8164

3番も OK


CIMG8165

2番も イイですね。

CIMG8166

1番は・・・・ あぁ~  圧縮ゼロでした。



バルブなのか、ピストンなのか・・・

とにかくヘッドを開けてみましょう。。

CIMG8198

ヘッド開けて状況がわかったら連絡しますね。。。

チューニングヘッドにしちゃう?

いや、普通でイイです。。。(笑)


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4/14

メカ山田です。

SZK様。お待たせしてすみません・・・

今日から、ようやく作業開始します !


DSCN6160

圧縮の無い1番シリンダー。

内部で一体何が起こってるのか、とても興味がありますね。


DSCN6163

早くシリンダーヘッドを外して見てみたいですね。


DSCN6164

しかしシリンダーヘッド外すまでには、取り外す部品が多いですね・・・


DSCN6165

今回は、オーバーホール済みのシリンダーヘッドに乗せ換えます。

サーモは再使用するので、今のうちに外しておこうかな !


DSCN6166

オルタネーターなどの補器類を外すのもこれが最後。


CIMG3679

いよいよ、シリンダーヘッドの取り外しに入ります !


DSCN6168

DSCN6169

ロッカーシャフトを外し、


DSCN6170

ついに、内部を確認するときがきました !


DSCN6171

ヘッドを裏返してみると、原因はすぐに分かりました。


DSCN6172

1番のエキゾーストバルブが欠けてますね !

圧縮が低いのではなくゼロだったので、何となく予想はしてました・・・


DSCN6174

これなら、エンジンは復活できますね !

清掃を行い、復活の準備します。


DSCN6175

今回はオーバーヒートではないので、シリンダーブロックに歪みは

無いと思いますが一応点検・・・


DSCN6178

歪みはありませんね !


DSCN6179

ピストンに堆積したカーボンを落とします。


DSCN6180

なかなか頑固で、落とすのに時間が掛かりました・・・

これが1番のピストン。


DSCN6183

2番。

スクレッパーで削りながら、カーボンを溶かします。


DSCN6184

3番。

その作業を1つのピストンで数回行い、ようやくキレイになります。


DSCN6182

4番。

4つのピストンがキレイになるまでに、だいぶ時間が掛かってしまいました・・・


DSCN6185

おかげで今日は、ここまでで時間切れです。

でも、清掃はこれで終了しました。

次から、いよいよ組み付けに入ります !


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4/16

メカ山田です。

2日振りに作業再開です !


CIMG4034

今日から、いよいよ組み付けに入ります !


DSCN6351

時間短縮にもなるので、予めリビルト品のシリンダーヘッドを用意しておきました。

今回はチューニングヘッドではなく、普通のヘッドです。

せっかく交換するのに勿体ないと思うのはメカ山田だけ?


DSCN6352

早速ガスケットにニスを塗って、ヘッドを乗せます !


DSCN6354

ヘッドだけといっても、かなりの重さです。

さすがに片手で持って、乗せるところの写真は撮ることができませんだした・・・


DSCN6357

DSCN6358

ヘッドの締め付けは、規定トルクで2回に分けて。


DSCN6360

タペットカバーパッキンを貼り付けたら、


CIMG9124

オルタネーターを装着 !

クランクを回すのに、オルタネーターがあると楽なんですよ。


DSCN6362

クランクが回せるようになったところで、バルブクリアランスを調整します。


DSCN6363

接着剤も乾いたかな?!

タペットカバーを付ければ、ゴミが侵入する心配もありませんからね。


DSCN6364

続いて、マニホールドを付けます。  エキマニに続き、


DSCN6365

インマニも装着。


DSCN6366

各パーツを清掃したり、スタッドボルトなど移植する部品もあって、

結構時間が掛かりました。 今日はここまでで時間切れですね。

続きは、また後日に。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4/17

メカ山田です。

作業ももう少しです。


DSCN6369

今日は昨日の続き、スロットルボディーの取り付けから開始です !


DSCN6371

ようやく、終わりが見えてきましたね。


DSCN6372

後は、サーモを移植すれば組み付け完了です。


DSCN6373

ガスケットが貼りついてて、剥がすのが大変でした。

スクレッパーでガリガリと剥がしたので、しっかり面研しなければ !

水漏れしたら大変ですからね。


DSCN6374

せっかく外したので、サーモは新品に交換しますね !


DSCN6376

続けて作業できなかったこともあり、長く感じましたよ。

これで組み付けが完了しました。


DSCN6379

バッテリーを繋ぎ、


DSCN6377

DSCN6378

エアー抜きを開始 !


DSCN6380

無事、エンジンが掛かりました。

異音も無く、エンジン不調もありませんね !


DSCN6384

残る作業は、オイル交換だけですね。

このまま、オイル交換に突入します。


DSCN6385

DSCN6392

DSCN6393

DSCN6394

DSCN6395

DSCN6396

DSCN6397

DSCN6398

ECUチェックでは、全てのセンサーは基準値内で良好です !


DSCN6382

突然のエンジン不調で、前回のオイル交換から1400kmほどしか

走行されてないんですね。

オイルは汚れも少なく、量も問題無し。


DSCN6383

燃料希釈も少ないですね。


DSCN6401

それでは、オイルを抜きます。


DSCN6416

当然ドレーンは、今回もキレイです !


カルテ

いつもと変わらない鉄粉の量。

エンジン不調の影響は無さそうですね。


DSCN6407

DSCN6406

不具合は、前回のオイル交換時から変わってませんでした。


DSCN6417

DSCN6418

SOD-1とともに、オイルを注入。

オイルはいつもの、プロステージ10W-40です !


DSCN6419

最後に、作業を行なった個所を一通りチェック。


DSCN6400

各部水漏れもありませんね。

SZK様、お待たせしました。  これで作業終了です !




4月21日追記

CIMG4252

洗車して納車準備完了!!



SZK様ご来店。。

CIMG9405

あぁ~  ブログでは見たけど・・・

CIMG9408

見事に欠けてるぅ~


Image1

燃焼室にカーボンの堆積が多いのもバルブ破損と無関係ではありません。

これからはRECS(点滴での燃焼室の洗浄) や フュエルワン(燃料添加剤)などを利用して

燃焼室をきれいに保つようにしてください。。



CIMG9412

直って良かった。。。

CIMG9413

ありがとうございました。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002