曽根です。



これからじっくり手を加えながら楽しんでいくためのベースカーとして

TCD様が数か月前にゲットした95年式オートマMINI。。

メーター読みの走行距離は53600㎞。

BlogPaint

MINIのオートマってこんな感じなのかなぁ・・・と思ってましたが

キャメルのおとーと君に試乗してみて全然違うことを知って

安心オートマにすることを即決断


CIMG6663

入庫チェックでは・・・・

タイムラグは大きく、ギヤを入れた時のショックもかなり大きめ。

アクセルを入れた時にジャダーも出てますね。

過去にリビルトオートマと交換された形跡があり、

ドレンボルトに付いた大量の鉄粉と、鉄片からはすでにギヤドラムが削られてしまってることがわかります。


Image1 そしていやぁ~な予感

白い液体パッキンを使ってるリビルトオートマはもしかしたら・・・・・・

すべての部品が再使用できないかも。





~*~*~*~*~*~*~*~*~*~



果たして、TCD様のオートマはどんな状態なのか・・・

岩崎自動車さんからの分解から安心オートマに変わるまでのレポートです。



DSCF5455

ボディと繋いでエンジンの振れを軽減させるためのステディロッドの

エンジン側の取付ボルトが中で折れてしまったのが取り出せなかったようで

新たにネジ穴が加工されてました。 


DSCF5464

中央の黒いゴムキャップの向きが違ってるようです。

DSCF5614

正しくはこの方向。


DSCF5457

あぁ、刻印がありました。 ”あの” リビルトオートマです・・・   




このように刻印が無い場合でも

DSCF5468

デフケースとの間や

DSCF5469

デフサイドフランジや

DSCF5470

メーターギヤハウジングなどに白いガスケット使用してる場合は

その、心配しているリビルトオートマの可能性が高いです。

これから分解していきますが、ほとんどの部品が再使用できないオートマです。




DSCF5466

サーモスタットはキャブ用の82℃が入ってました。

インジェクション車は88℃のサーモスタットで適正な燃調になります。

オーバーヒート対策だとすれば、他の根本的な方法が必要です。


DSCF5474

燃焼状態は良くなかったようです。

組みあがってから試運転後の出荷前にもう一度プラグ見て燃焼状態を確認します


DSCF5476

ブローバイのセパレーターは詰まってました。 

クランクケースの内圧は高めだったと思われます。

タイミングカバー側のセパレーターと比較すると、コンバーターハウジング側の方が

先に詰まる傾向です。

時々洗浄してあげることが必要ですね。

キャメルオートではステディブッシュ交換のタイミングで洗浄するようにしています。


DSCF5479

三和の対策用キックダウンスイッチが使われてましたが、

DSCF5481

稼働範囲が半分くらいしかありません。  

キックダウンレバーがATケース内に干渉しています。

シフトアップ、ダウンのタイミングも正常ではなかったと思われます。


DSCF5488

フィルターヘッドとエンドパネル間に液体ガスケットを使用してありましたが

ここに液体ガスケット使用はNGです。

ここはフィルターの後なので、はみ出した液体ガスケットがバルブボディに直通です。





フロントのエンドパネルを開けると・・・

DSCF5491



真ん中の3速バンドは完全に垂れ下がっています。

ブレーキバンドはかなり消耗しているようです。


DSCF5490

リバースバンドも消耗してます



DSCF5492

2速バンドもかなり消耗が進んでます。

安心オートマでは、3速、2速とも 親指で下げて動くストロークは1mm程度です。



DSCF5493


DSCF5494

ポンプローターのクリアランスは規定値越え・・ 交換です。

DSCF5495

軸受けブッシュのクリアランスも

DSCF5496

倍に広がってました。

オートマにとって重要な油圧の源泉であるオイルポンプはエンジン側の部品です。

オートマ不調でオートマだけをリビルト品と交換するだけですべてが解決するわけではありません。






下の写真のプライマリースラストをご覧ください・・・。

DSCF5497

目視でも分かるほど開いてます。

DSCF5499

DSCF5501

スラストはクランクシャフトに食い込んでいます。

オートマ不調でオートマだけをリビルト品にそれぞれのショップで組み替えるという修理方法が多いのですが、

このように基本的な点検もしないまま組み付けてしまうケースも多く見受けられます。



岩崎さん1

『安心オートマはエンジンとオートマを一体としてお預かりして

完成検査までの作業を、私一人で行うことは、仕事に責任持つ覚悟と、

自分の安心、そしてご依頼いただく依頼主の安心につながり信頼になると考えています。』







分解点検を続けます。

DSCF5505

バルブクリアランスもかなり拡大しています。

DSCF5506

カチャカチャと音が聞こえてくるようです・・・。

クリアランスは適正値まで調整してから納めます。

エンジン音を聞いてすぐに違いがわかると思います。


DSCF5508

タイミングカバー側のブローバイセパレーターも詰まってます。

ブローバイが抜けずに内圧が上がることでオイル漏れも誘発していたと思います。


DSCF5509

テンショナーの消耗具合から見ると、10万キロ以上ですね。

メーターのオドメーターはひと回りで、153600㎞でしょうか・・。



DSCF5510

オイルのドレンボルトの部分をミッションケースの内側から見たところ。

ドレンにはヘリサートを入れて修正してありました。

ヘリサートには縫い付け効果はありますが 正常のものと比べて密着度合いが低く

完全にドレンからのオイル漏れを止めることはできません。



DSCF5512

エンジンとオートマを切り離してオートマ内部の点検します。

DSCF5516

3速ドラムはかなり深く削られてしまってます。


DSCF5520

T&Rクラッチ側も2速バンドでかなり深く削られてます。

ギヤドラムはすべて再使用不可です・・・



DSCF5522


DSCF5523

クラッチ板はここのリビルトオートマのオリジナル品ですね。



BlogPaint

ファードクラッチに油圧を送るラインにあるCリングですが

青丸で囲んだ方が純正品

赤丸で囲んだ方は、このリビルトオートマのオリジナル品が使用されてます。

BlogPaint

オリジナル品のCリングの下側は叩かれて削れてギザギザになってます。

フォワードクラッチに掛かる油圧漏れが起きてたと考えられ、

前進ジャダーはここが原因ですね。




DSCF5528

ブレーキバンドは手前から、リバース、3速、2速です。

ドラムが深く削れてた、3速、2速は摩擦材が剥がれて金属が出てます。

DSCF5530

手に持ってる方は2速バンドです。



DSCF5534

溶接されたベベルギヤにはクラックが入っていて

遅かれ早かれ剥離してしまうと思われます・・・


Image1 同型のリビルトオートマで、過去にこの溶接されたベベルギヤが2つとも剥離して

前にも後ろにも動かなくなったケースがありました。。

① 

② 




バルブボディの分解点検します。


ブレーキバンドが異常に消耗してドラムを削ってしまう原因のひとつに考えられるのが

このリビルトオートマに施された次の改造・・・

DSCF5543

手に持ってるのはエンゲージメントコントロールバルブのスプリング

DSCF5544

純正では60~62mmあるものを、48mm前後までカットされています。

いままでの経験ではドラムがこのように攻撃されて陥没したオートマはすべてスプリングがカットされてました。





さらに、スティルプレートにも・・

BlogPaint

青丸で囲んだところ・・・ 1mm程度の小さな穴を2mmくらいに拡大し

DSCF5547

2速に行く油圧ルートも拡大加工してます。

BlogPaint

元は2mm程の穴は8mm程度に広げられてあり、

緩やかに油圧をかけるためのチェックボールは除去されてます。

1000㏄時代のオートマの構造に近づけるためかと思いますが

今思えば、残念ながら意味がない改造です。

そして、残念なことにこのような改造を施された、このリビルトオートマはすべてのパーツが再使用できずに

廃棄処分せざるをえません。

DSCF8202

DSCF8205

貴重なMINIがまた1台ドナーとして分解されることになります・・・悲しいです。




気を取り直して組み付けです・・

DSCF5557

オートマと一心同体のエンジン側のオイル経路は、全体の油圧保持のための共同責任です。

なので、クランクメタル、コンロッドメタルはすべて交換。


DSCF5560

クランクシャフトは中古良品と交換します。

DSCF5564

DSCF5561

クリアランスを追い込みながら組み付けていきます。



DSCF5567

エンジンまでのフルオーバーホールの場合はブロックの脱脂がキチッとできるのですが

今回はピストン抜いてないので簡易塗装になります。

DSCF5568

サフェは入れます。

DSCF5569

完全に脱脂してからのペイントよりは耐久は落ちますがご容赦ください。


DSCF5574

完成した安心オートマとエンジン合体。。


DSCF5588

DSCF5591

プライマリースラストも規定値まで追い込んでいきます。

DSCF5593

テンショナーパッドを付けましたがチェーンを張れないほど伸びてましたので

DSCF5594

DSCF5596

チェーンは交換しました。



DSCF5602

オートマ車のオイルポンプは新品の供給がありません。

2年前に完成したリメイク品は、理想のクリアランスに調整され

新車に付いていたものより安定した油圧を出力してくれます。



DSCF5605

ハウジングプレートに当たらないようにクリアランスチェック



DSCF5791

インヒビタースイッチの作動確認OK



DSCF5794

補機を取付け、やどかりボディに積み込んでエンジン始動。。

冷間油圧に問題ないことを確認して実走行テストに出ます。

DSCF5803

ギヤの入り方、シフトアップ、シフトダウン、変速タイミング・・・

エンジンの調子も確認しながら約30㎞のテスト走行中。。


快調です!


DSCF5805

戻ってきてから温間での油圧チェック

前進側 約7㎏  イイですね。

DSCF5807

リバースは 約12㎏   うん大丈夫です


DSCF5824

入庫時は燻ぶっていたプラグもきれいに焼けてます。

TCD様のMINIに積み込んでエンジンが不調のようなら

制御系に問題があるので点検してください。





乾杯1

今回も良いオートマが出来ました。

今までとは全く違うと思います。

気持ちのいいシフトフィーリングを安心して楽しんでください。



では、本編に戻ります・・・






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002