曽根です。



どこからか、フルートの素敵なメロディがが流れてきました。♪♪

CIMG9131

BlogPaint

N響フルート奏者のSGWさんでしたぁ~

CIMG9156

Allegro ma non troppo    

音楽用語 で 『軽快に、しかし あまりはなはだしくなく』

MINIにぴったり。。  自作ステッカーです。

BlogPaint

今回は車検ですね。。

+お楽しみパーツもあるようです。。。


CIMG9139

車検なんで水路洗浄は後ほどやります。 

ステディブッシュもOK、目視では問題ありそうなところはありません。

前回、アイドリング急上昇とハンチング でレッカー入庫でしたが

ECUコネクターの接触が良くなってからは絶好調! とのこと。

CIMG9135

オイル量良し。

CIMG9136

ガソリン臭  少々。

オイル交換から2000㎞くらいですが、車検だし交換しましょうか。


CIMG9137

ブレーキフルードは減ってませんね。  漏れはなさそうですが、

キャメルでは毎車検ごと リヤブレーキのホイルシリンダーカップは交換させていただいてます。

CIMG9138

クラッチフルードは黒く変色してます。

フルード全量入れ替えお奨めです。




ミニモニでECUチェックします


CIMG9148

優秀。。

CIMG9149

アイドリング、 アイドル認識   燃調補正

スロットル電圧   ステップ値   すべて良好

CIMG9151

水温85℃

水温センサーの温度精度チェックは、後ほど行う水路洗浄を兼ねたスリーチェックで行います。

CIMG9152

吸気温 37℃



CIMG9154

O2センサー稼働中。

CIMG9155

燃調補正は  ▼8%


CIMG9153

電圧 OK。

ECUライブデータは問題なし。






CIMG9140

下回りチェック  

オイル漏れ少ないですねぇ。


CIMG9142

CIMG9143

きちっとメンテされてるので左右の足回りでガタも破れもありませんでした。


CIMG9145

リヤも問題なし。

ただ、コイルサスなんですねぇ~


CIMG9159

SGW様 『だからね、ラバコンの乗り味を経験したいと思ってたんですよ。。

そしたら、モールトンのラバコンを譲ってくれる人がいて・・・・』


CIMG9160

あら、ほんとだ。  新品のアレックモールトン!

これが今回のお楽しみパーツですね♪






では、ここからは山田メカにバトンタッチします。

DSCN6420

メカ山田です。


あれ以来エンジン不調は出なくなり、絶好調とのこと。

キャメルでの車検は、今回で2回目ですね !


DSCN6421

SGW様は、先ほどお帰りになりました。 

入庫チェックは、先ほどマスターが行ったみたいです。

特に不具合も無く、オイル交換と水路洗浄くらいのようですね。

ラバコンを交換すると車高が変わるので、今の車高を測っておきます・・・


DSCN6424

それでは、交換開始します !


DSCN6426

これまでは、コイルサスだったSGW様のミニ。


DSCN6427

コイルサスの場合車高を低くし過ぎると、コイルサスが遊んで

サブフレームに当たる部分を傷めてしまうことがありますが、


DSCN6435

DSCN6434

そこは大人なSGW様、低すぎない車高だったのでサブフレームに損傷は

ありませんでした !


DSCN6433

コイルサスにされてから、走行が少ないのかな?!

ナックルジョイントも損傷は無かったので、アッパーアームの状態も良好です !


DSCN6437

それでもナックルジョイントは、Doトレーディングさんの物に交換します。

このナックルジョイント、本当に良いですよ !


DSCN6436

それでは、組み付け開始します。


DSCN6441

アッパーアームまで外したので、結構時間は掛かりますね・・・


DSCN6442

今日は右フロントの交換が終わったところで終了です。





4月19日追記

CIMG9199

ラバコン交換の合間を狙って・・・水路洗浄やっておきます。

CIMG9200

室内のヒーターユニットを先に見ておきます。

CIMG9201

漏れはなさそうですね

CIMG9202

ヒーターコアまで洗浄できるようにコック開けておきます


CIMG9203

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。。 洗浄開始


CIMG9210

エンジン側の水温センサーは76℃まで上昇しましたが

ラジエターアッパータンクに挿した温度計は25℃のまま。

サーモスタットはしっかり閉じてますね。  サーモの密閉は良好です。


CIMG9218

さらに水温上昇させます。

CIMG9225

インジェクションの規定値どおり88℃でサーモスタット開きました。

勢いよく流れ込んできてますので開弁量も良好です


CIMG9229

水温センサーの温度精度も良好。



CIMG9231

95℃まで上昇したところで・・・


CIMG9232

電動ファンスタート


CIMG9233

91℃までさがって

CIMG9234

ストップ。

電動ファンの作動も 作動温度幅もイイですね。。


水路洗浄中に行うスリーチェック

サーモスタット、 水温センサー  電動ファン  

すべて良好でした。



BlogPaint

排水しました。

やや臭いは出てましたが錆は大丈夫ですね。

過去の水路メンテナンスが良かったんだと思います。

これからも車検毎の水路洗浄お奨めします。



CIMG9245

ラジエターから逆流で吸い上げます。


CIMG9246

次は、バイパスホースを堰き止めてヒーターコアに入るホースから逆流で吸い出します。

BlogPaint

おぉ、ラジエターもヒーターコアも汚れは少なく健康です。

これからもこの調子で水路メンテしてってください。



CIMG9248

クーラント入れて

CIMG9249

鉄エンジンのMINIにはお約束のクーラントブースター。

強力防錆 防蝕  消泡 で水路の健康と冷却力アップに貢献します。

CIMG9253

リザーブタンク内も入れ替えて水路洗浄は完了です。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4/20

メカ山田です。

今日も、ラバコン交換は続きます・・・


DSCN6512

先日、右フロントの交換が終わりました。


DSCN6513

今日は、左フロントの交換から開始です !


CIMG4241

リヤよりも、フロントのほうが大変なイメージがあるんですよ。

メカ山田、面倒なことは先に終わらせたいタイプです・・・


DSCN6514

ナックルジョイントが外れました !

左も、アッパーアームに損傷はありませんね。


DSCN6517

金属製のコイルが部分的に当たってる跡はありますが

変形してる部分はなくサブフレームの状態は問題なし・・。


DSCN6518

新しいナックルジョイントを付けて・・・


DSCN6520

DSCN6521

組み付け開始です !


DSCN6523

先日右側を交換したばかりなので、何となくコツなどを覚えてたりして。

右側の時よりも早く組み上がりました。


DSCN6525

ここから、リヤの交換です。


DSCN6527

リヤも、やっぱり面倒な左から交換します。

タンクをずらさなくてはいけませんからねぇ・・・


DSCN6530

ショックが外れてしまえば、リヤは簡単に外すことができます !


DSCN6532

DSCN6539

リヤも、ラジアスアーム、サブフレームともに良好です。


DSCN6540

リヤの交換を行うのは久しぶりです。

やり方は覚えてるのですが、何となく要領が悪いというか・・・


DSCN6542

多少手間取るところもありましたが、左リヤも交換完了。


DSCN6545

最後は右リヤです。

タンクをずらす必要がないこともありますが、あっさり外すことができました !


DSCN6548

DSCN6549

ここも、ラジアスアーム、サブフレームに損傷はありませんね。

4か所とも、全て良好な状態でした !


DSCN6550

それでは、最後の組み付けに入ります。


DSCN6551

やっぱり、右リヤが一番簡単ですね。

組み付けもあっさりと終了しました !


DSCN6553

楽に組み付けできるよう、ハイローは目一杯縮めて組みましたからね。

新品のラバコンといえどもこの車高。 ベタベタですよ。


DSCN6554

当然、これでは車検に合格できないので、


DSCN6555

オイル交換を行いながら、車高調整を行います !


DSCN6562

因みにドレーンは、鉄粉も少なく良い感じ !


DSCN6558

DSCN6559

車高は、車検もあるのでガッツリ上げます !


DSCN6565

最低地上高9cmを難なくクリア !


DSCN6566

先ほどとは見違えるこの高さ。

車高はタイヤを戻した時に、来店時と同じくらいの高さに調整するので

安心してくださいね !


DSCN6563

DSCN6564

SOD-1とプロステージ10W-40を入れて、オイル交換も終了しました。


DSCN6568

続いて、クーラーのブロアーレジスターを交換します。


DSCN6567

ダイヤル式の風量スイッチですが、風量は4段階です。

このうち、強い方から2番目のところで風が出ません。


DSCN6569

部分的に風が出なくなることはよくあることです。

レジスターの交換で、4段階の風量に復活しました !


DSCN6570

本日最後は、クラッチフルードの交換です。

レリーズシリンダーにアクセスできるよう、ECUを少々移動します。


DSCN6571

ブレーキフルードと同様、クラッチフルードも劣化するので、定期的に

交換したいですね !


DSCN6572

これで、今日の作業は全て終了しました。

この後、いよいよ車検に出発します。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

4/27

メカ山田です。

いよいよ明日は納車です。その前に少し作業が残ってるんですよねぇ・・・


DSCN7035

車検から戻ってきてのは数日前。

なかなか作業できずに、今日に至ります。


DSCN7038

今日が、作業を行なう最後のチャンスです。

まずは、タイヤを車検用から戻すのですが、


DSCN7039

タイヤが外れてる今が、車高調整を行う絶好のチャンス !

ガッツリ車高を上げましたからね、結構下げましたよ。 このくらいかな?・・・


DSCN7042

タイヤを戻して測ってみると、チョット戻し過ぎたみたいです。

せっかく戻したのに、また上げなければ・・・


DSCN7040

その後、2回ほど調整しなおしました。

ようやく、来店時と同じくらいの高さになりましたよ。

高すぎず、低すぎず、良い感じです !


DSCN7043

最後は、RECSの施工とECUに魔法、点火時期の調整ですね。


DSCN7045

RECSを施工していると、


CIMG9867

気が付かない間にマスターがECUに魔法を掛けてました。

マスターって魔術師だったの? メカ山田は曲芸師と呼ばれてますけど・・・


BlogPaint

魔法の掛かったECUは、点火時期が2.5度進みましたね。 凄いぞマスター !   

メカ山田も負けられませんね、今度の運動会で曲芸を見せてやる !

って、いつも曲芸してるつもりはないんですけどねぇ。 なんでだろう?・・・


DSCN7046

そうこうしてるうちに、RECSの施工も終わりました。

これで全ての作業が終了です !  明日のご来店、お待ちしてます。




4月28日追記

BlogPaint

洗車完了。。




あっ、フルートの響き♪

CIMG9879

SGW様ご来店です。。



CIMG9878

そうそう、 お土産があるんだ。。

CIMG9989

リヤガラスに貼ってある Allegro ma non troppo    の自作ステッカーと

おぉ、ステファングラッペリとメニューインの珍しいデュオのCD

ありがとうございます。。 


CIMG9898

最後は、レフトハンドのフルートでした。。♪

CIMG9899

ニューラバコンと、ECUに魔法・・ のインプレ待ってます

ありがとうございました。




そして数時間後・・・・・・早速インプレメールいただきました。


● まずはラバコンから


『魔法やら点滴やら色々と変化はあったのですが…やっぱりラバコンは素晴らしいです。

中古で買ってコイルがついたまま、流行っているので進化⁈だと思って乗っていましたが全く別物ですね。

今ので7台目になりますが30年くらい前に買った新車の頃を思い出しました。

ミニはラバコンが正解❗️です。

ひざとオッパイくらいの違いがありますね😅

縮むようですが…ラバコンがヘタったらコイルじゃなくてラバコンですね😬

勉強になりました!』


Image1 ひざとオッパイくらいの違いって名言ですねぇ。。(笑)




それと 魔法の掛かったECUのインプレ・・・

街乗りでの各ギヤの伸びが気持ちいいですね!

魔法の技でしょうか⁈バイクのスプロケを変えたみたいです。

インジェクションは素晴らしいです
😬』 



更に翌日にも・・

魔法のせいでしょうか⁉️ビュンビュン速いです。

普段あまり各ギヤで引っ張らないのですが😅凄い変わり様です。


モールトンのおかげか道路の継ぎ目もガタンがストンに変わり

コーナーの食いつきも懐かしいです。

コイルはミニの味をダメにしますね😅ホントにビックリです‼️






最高のインプレありがとうございました。

キャメルの名言集として記憶しておきます。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002