曽根です。


25号車ST様 いらっしゃいませ。

BlogPaint

先日の三和トラックディでは4周で水温計が振り切っちゃうという冷却トラブルで

思い切って走れなかった25号車STさん。。

CIMG9876

クーラー付きのノーマルエンジンに、サイドドラフト型ハイフローインジェクターボディと

ハイリフトロッカー程度のライトチューンに、体重は97㎏のヘビィチューン

これで1分16秒はめっぽう速いです。。

クーラー外して、20㎏減量した更に2秒くらい速くなるんじゃないですかぁ?


CIMG9881

強制的にラジエターの電動ファンを回しても水温が下がらない・・・・ことから

ST様は、サーモスタットが怪しいと推測し、 

水路洗浄の後にサーモスタットを交換のご依頼もいただいてます。



じゃ、先に洗浄しましょうか・・・

CIMG9882

シートは一つしかないスパルタンな室内。。。

CIMG9883

ヒーターユニットを下から覗くと、過去の漏れ跡らしきものがあります。

冷却水は減ってなかったので、現在は漏れてないようですが今後要注意。。。


CIMG9885

ヒーターバルブを開けようとノブを引っ張っても手ごたえ無し。。

バルブレスで常にヒーターに直通です。

ヒーターコアをサブラジエターと考えればバルブない方がスムーズに流れていいですね。


CIMG9887

今日は暑いから、ラジターフラッシュ 1本目はSTさん飲んじゃいました

今日は体内洗浄ね。。   ←良い子はマネしないでください。


BlogPaint

しょうがないから2本目をMINIのラジエターに飲ませます。。




来店して間もないので、まだエンジンは温かいです。。

BlogPaint

それにしてもいきなりエンジンの水温センサーは90℃

サーモスタットは開いてる温度なんですが、

右側のラジエターに挿した温度計は40℃のまま・・・・

BlogPaint

ラジエターに流れ込んできてません。。 水面は穏やかなまま。。

90℃でサーモスタットが全く開いてないのは、完全にサーモスタット不良です!


STさんの予想的中。。  




DSCN7047

水路洗浄は中断して先にサーモスタット交換します

DSCN7048

サーモケースとボディをアームで繋いで振れ止めになってます。

DSCN7049

そのアームを外してからサーモケースを取り外します。

エンジンの振れを支えるにはいい場所ですが、サーモケースにはかなりの力がかかるので

弾力性の高い厚いサーモガスケットだと漏れが心配だったんですが、

CIMG9991

最近、ストックヴィンテージからアルミの両側をゴムでコーティングしたタイプ

CIMG9994

薄くてカチッとするガスケット販売されたので試してみます。


CIMG9902



DSCN7053

サンドイッチプレートの両面はしっかり面を出しておきます。


DSCN7054

インジェクション用の88℃サーモをセット。

DSCN7055

締め付けた感じもカチっとしてます。

CIMG9943

ステディロッドを兼ねたタイプのサーモケースには

このくらいのカチッとした精度が嬉しいですね。


CIMG5043

そのころ。。 相模原から 紫の悪魔・・ OTさんも来店して

なんか悪だくみ?? (笑)


CIMG9918

サーモスタット交換してる時間にタイヤ交換も進んでました。

CIMG9920

われらがスーパータイヤマン。。。 タイヤサービスネットワークの若獅子

DSCN7058

サクッと、入れ替え作業完了で

はい、お待ちぃ~

DSCN7059

次の5月6日のスーパーバトルの勝負タイヤです。。

10インチだったらこれしかないね。。 A032

3代目曽根号もこれです。。


DSCN7060

キチッとトルクで締め付け完了。







さーて、じゃ水路洗浄再開しますねー。

CIMG9947

97℃まで上昇。。。


CIMG9949

ラジエターの電動ファンスイッチは取り外したままだったんで、

強制ファンスイッチONで、電動ファンを回します。

CIMG9948

ブォーん。。。。  手前の 、交換したタイヤにピント合ってるな・・


CIMG9950

サーモスタットが開いて温水がラジエターに回ってれば

電動ファンが回って水温が下がります。。。

これで、スーパーバトルの8周回を戦えます。。


CIMG9953

排水。。  まぁまぁ汚れてました。。
 
洗浄して良かったですね。


CIMG9954

ラジエター口から逆流で吸い上げ。。


CIMG9956

ハイフローインジェクターなので、ノーマルとラジエターホースの取り回しが

少々違いますが、ロアホース側をクランプしてヒーターコアへ入る側のホースからだけから逆流で引き抜きます。


CIMG9957

右がラジエター逆流水

左がヒーターコア逆流水。。 ヒーターコアに常に循環してるのですが

やはり汚れは溜まりやすいですね。


BlogPaint

LLCを入れた後、鉄エンジンのMINIにはこのサプリ。。

クーラントブースター入れて仕上げです。

強力防錆、防蝕、さらに強力消泡で、水路の保護と冷却力アップのお手伝い。。。


CIMG9965

リザーブタンクにも補水して水路洗浄完了です。





最後にミニモニでECUチェックしときます。。

CIMG9967

フォルト無し。。

CIMG9973

アイドル回転、、  アイドル認識   燃調補正

スロポジ電圧   ステップ値     すべて正常。


CIMG9968

水温もすっかり安定してます。

86℃


CIMG9969

吸気温


CIMG9971

O2センサー 稼働中

CIMG9972

ハイフローインジェクターボディ装着してるので、燃圧をやや高めにしてますが

アイドリングの燃調補正もそれほど大きくないすね。

CIMG9970

電圧優秀。。

これにて一件落着ぅ~


CIMG9978

これで安心して5/6のスーパーバトルは全開でイケます。。

優勝しちゃってください。。


CIMG9975

じゃ、俺も帰るよ。。    紫の悪魔  OTさん。

今年の後半戦あたりから、スーパーバトル復帰するかも。。


CIMG9981

25号車  と  45号車  そろってコースインです。

公道は安全運転でお帰り下さい。。。

ありがとうございます。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002