( ´ー‘)ゞ アラ煮にもやっぱり日本酒ですよね!の石川です。 

前回ブレーキホースを交換したTKS様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG6828


いつも通りの登場です^^


CIMG6834


「ココぶつけちゃってさ~」


CIMG6835


いたたたた。これはチョット・・・
ココは固いところなので結構車中にもショックは伝わってきたんじゃないですか?(*_*;


BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint


灯火は全て大丈夫。


CIMG6841


オイル量ok
ガソリン臭も少なめです^^


CIMG6842


走行チェックも問題ありません♪


BlogPaint


ミニモニチェック。
故障コードは入っていませんでした。


CIMG6846


マルチ画面。
・クランクセンサー
・アイドルスイッチ
・o2フィードバック
・スロットル電圧
・ステッパー値

元気いっぱいです^^


BlogPaint


map値も理想的です。


BlogPaint
CIMG6851



丁度電動ファンが回ったのでチェック。
91℃で作動開始。87℃になってストップ。
吸気温センサーも問題ありません。


CIMG6852


バッテリー電圧も良いですね~


CIMG6853


O2センサーも元気に稼働中♪


CIMG6854


二次補正値+1%
良い状態です


CIMG6857



リザーブタンクのLLCが足りません。
後で足しておきます。


CIMG6862


オイル抜きます。
何も問題なければ良いのですが。。。


CIMG6864


「おぉ~綺麗じゃ~ん」


CIMG6865


次回はもっと綺麗になっていることに期待ですね^^


BlogPaint


茶こしセンサーも異常なしでした。


BlogPaint



今回もカルテに記入しておきます(`・ω・´)ゞ


CIMG6867


左ボールジョイントに多少ガタがありますがここはグリスアップで延命。


CIMG6868


アンダーガードも綺麗に拭いて戻します。


CIMG6871


忘れないようにリザーブタンクへLLC補充。
2シュポ足しました^^


CIMG6869


今回も登場SOD-1ですヽ( ´ー`)ノ
電着油膜でミニのエンジン・オートマを守ります♪


CIMG6873


入れるオイルは定番のWAKO'S PRO-S プロステージS
油膜の厚さが癖になります^^


CIMG6878


オイル量はMAX丁度。
時々チェックしてくださいね。


CIMG6874



次回のオイル交換は11月か70,000kmです。
忘れずに交換してください


さて、ACを使うと誰かが鳴く。
誰が鳴いているか犯人さがし。
ベルトかな?ベルトなのかな?


CIMG6877


「コンプレッサーじゃないの?」


CIMG6879


これですか。
早速パーツ手配です(`・ω・´)ゞ


CIMG6880


作業完了まで暫くお待ち下さい。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

5/25

メカ山田です。

今日から、作業開始します・・・


DSCN8521

まずは、クーラーガスを回収。


DSCN8522

狭いエンジンルームに、上手くクーラーのパーツが収められてますが、

逆に交換する時は大変です。

オルタネーターを外し、


DSCN8524

ようやくアクセスできるようになったコンプレッサー。

それでも、外しづらいボルトが数本あります・・・


DSCN8525

ようやく、コンプレッサーが外れました !


DSCN8690

今回、リキッドタンクも交換でしたね。


DSCN8692

システム内のごみや水分を取り除くリキッドタンクは、分解時には

交換したいパーツです。


DSCN8693

組み付ける前に、Oリングを新品に交換 !


DSCN8694

リキッドタンクの交換は、コンプレッサーと比べると簡単に交換できました。

次はコンプレッサーなのですが、肝心のコンプレッサーがまだ入荷待ちなんですよ。

なので、今日はここまで。 コンプレッサーの入荷を待ちます・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6/8

メカ山田です。

久しぶりの追記です・・・


DSCN9736

コンプレッサーの入荷の目途が立たず、このコンプレッサーのマグネットクラッチ

を交換するという案も浮上してる今日このごろ・・・


DSCN9737

はたしてこのコンプレッサーに、本当に問題があるのか?

もう一度検証してみようということになり、再度コンプレッサーを組み付けて

みることになりました。


DSCN9791

鳴いてたのはベルト?それともコンプレッサーのマグネットクラッチ?

いずれにせよ、どちらかが滑って鳴いてたと思われるので、その辺りを

はっきりさせておきたいです・・・


CIMG0141

滑るのは、コンプレッサーの抵抗が大きいのでしょう。

高圧側の圧力が高ければ、それだけ抵抗になります。


DSCN9795

冷媒回路に、詰まりでもあるのでしょうか・・・

ガスを規定量入れてみます。


DSCN9800

ガス圧は特に高すぎることも無く、異常がないと思ったら、今回は

全く鳴きがでることがないんですよ !

今日は比較的涼しく、ガス圧が低めなのかな?

この前のガス圧はどのくらいだったのか、今となっては知る術もありません・・・


DSCN9796

目一杯冷やすと、吹き出し口の温度は3.7度。

これはかなり涼しい温度です !

この前と違うところといえば、リキッドタンクを交換したことくらいです。

リキッドタンクが、詰まってたのでしょうか・・・


DSCN9801

とりあえず、今日は問題無く作動しました。

気温が高くなると再び鳴きが発生するのか、時々点検してみようと思います・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

6/9

メカ山田です。

今日は、結構暑くなりましたね・・・


DSCN9940

もしかすると、今日なら鳴きが発生する?

鳴きが発生すればもう少し詳しく点検できますが、このまま鳴かないでほしい

という気持ちもあり、複雑な気持ちでエンジンを始動。

結果は、今日も鳴きませんでした。


DSCN9801

本当に、リキッドタンクの詰まりが原因だったのでしょうか・・・


DSCN9942

とりあえず今日は、忘れてしまうまえに制振ワッシャーを付けておきます。


DSCN9943

エンジンマウントに4か所。


DSCN9945

サブフレームマウントに8カ所の計12カ所に付けました。


DSCN9947

このまま鳴きが発生しなければ、作業は完了なのですが。

原因がはっきりせず、絶対鳴きが発生しないとも言い切れませんからね。

悩ましいところです・・・


ヽ(*´ω`*)  6/ 11 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG8920


メカ山田さんに垂れ下がってきたACリレーを固定して貰っている間に。。。


CIMG8921


インテーク・スリーブチャンバー取付します(`・ω・´)ゞ


BlogPaint


スリーブチャンバーの土台にもなるパッカーがヨレヨレカチカチに・・・


BlogPaint


こちら新品に替えてシリコーンガスケット塗っておきます(`・ω・´)ゞ


BlogPaint


ホースが1本深めの亀裂が入っていたので交換。


BlogPaint


これで安心^^


CIMG8932


組み上がったらエンジンスタート。


BlogPaint


どこからもエアー吸っていません^^
そして今日もコンプレッサー鳴きません。

っと言うことでコンプレッサーの方は経過を観察していただくとして他の作業は全て終了しました(`・ω・´)ゞ

ご来店の日程など決まりましたら教えてください。


6月16日追記


CIMG9229

おっと、写真はプロダクションのマネージャーに聞いてからね~


CIMG0845

今回の犯人はこのリキッドタンクだった可能性が高いんですね。。

CIMG0849

じゃ、行きまーす。。





CIMG0850

ありがとうございました。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002