曽根です。


Cafe キャメルにようこそ。

CIMG1765

キャメルのコーヒーは美味いねぇ。。。

ケーキとかないの?

すみません、おいてません。。。

CIMG1770

ケーキないのぉ~   クィ~ン・・。

BlogPaint

コーヒーにはやっぱりケーキだワン。。

記念写真撮ってもらって・・

CIMG1777

散歩しながら帰るワン。。。。

ありがとうございました。。  チャンチャン。


じゃなくて


車検でご来店でございました。。。。

触媒取付けやタイロッド交換など、車検整備で自分でできることはやってきたんで

いよいよ車検本番なのです。







車検の定番メニューの水路洗浄から始めませう。。

CIMG1835

CIMG1836

最初に室内のヒーターユニットからの漏れチェック。。

CIMG1839

コアからではなく、ヒーターホースとの繋ぎ目で過去に漏れた跡。。

現在は止まってるようです。

CIMG1838

ヒーターコアも洗浄できるようにコックは全開にします。


CIMG1841

更に手動で全開になるようにレバーを引きます


CIMG1840

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。。

洗浄開始。


CIMG1843

CIMG1851

洗浄開始の時の水温計。。







CIMG1857

サーモスタットが若干緩いようで水温がつられて上がっていってますが、

ラジエターに流れ込むのを目視で確認できないので実用上は問題ないと思います。

CIMG1859

このあたりが62℃。



CIMG1863

更に水温上昇させます。

CIMG1865

ラジエターアッパータンクが87℃になったところで 

BlogPaint

ラジエターに勢いよく流れ込み始めサーモスタットが完全に開いたのがわかります。


CIMG1867

87℃での水温計はどまんなか。。。


CIMG1869

そして、同時に電動ファンも回り始めました。


CIMG1872

そこから少し下がったところで

CIMG1871

ファンストップ




CIMG1883

排水   納車整備で洗浄してるので汚れは最小限ですが

冷却水交換のいいタイミングです。

CIMG1885

ラジエター口から逆流で吸い上げ

CIMG1886

ヒーターコアからも逆流で汚れを吸い出します。


CIMG1887

ヒーターコアから若干の汚れがでましたが概ね水路の状態は良いです。


CIMG1888

クーラント入れて、

CIMG1889

鉄エンジンの水路サプリメント。。。 クーラントブースター注入。。

強力防錆 防蝕  そして消泡作用で 水路を守ります。

以上で水路洗浄は完了。。。 次に進みます。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

5/26

メカ山田です。

車検も終わり、お車が戻ってきました。


DSCN8765

残る作業は、オイル交換とクラッチフルードの交換、それとキャブの清掃ですね。


DSCN8772

ドレーンの鉄粉は、これまでと同じくらいの量ですね。


カルテ

エンジン、ミッションにトラブルが無いことの証。

TB様の乗り方も、優しいのでしょう。


DSCN8774

今回も、SOD-1を注入します。


DSCN8775

オイルは、プロステージ15W-50です !


DSCN8776

最後に、キャブの清掃を行いました。

心なしか、エンジンの調子も良くなった気がしますね !

後は、注文いただいたエンブレムを積み込めば終了になります。

予定では、明日入荷するはずです。

TB様、もう暫くお待ちください・・・





5月27日追記


BlogPaint

洗車してご来店をお待ちしてます・・・・



ごらいてーん

CIMG2198

車検ステッカーはセルフサービスで貼ってもらいました。。

CIMG2199

これでまた2年間 楽しめます・・・



CIMG2200

エンブレム・・・間に合いませんでした。

すみません。 連絡します。

ありがとうございました。








にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002