CIMG7413

AND様、いらっしゃいませ。

今日は、オイル交換で初キャメルです !

担当は、メカ山田です。


DSCN8621

AND様の愛車はこちら、青いポールスミスです !


DSCN8623

3月に購入されたばかりだそうですが、購入されたのはミニ屋さんでは

ないとのことです。


DSCN8624

安心して乗るために、当初、点検で来店されたAND様。


DSCN8625

オイルは、500ccほど少ないですね。

オイルは交換されてましたが、入れた量が少なかったのか、

それとも実際に減ってしまったのか・・・


DSCN8626

その辺りが分からないので、ここで一旦リセットしようとオイル交換することになりました。


DSCN8627

キャメルのオイル交換には、安心点検が付いてます。


DSCN8628

今回のAZM様には、ピッタリのメニューですね !


DSCN8629

ECUチェックでは、フォルトが3つ入ってました。



DSCN8631

DSCN8633

DSCN8634

フォルトのあった3つのセンサーは、どれも正常に作動してますね。

過去に消去し忘れたのかもしれませんね。


DSCN8632

DSCN8635

DSCN8636

DSCN8641

DSCN8637

O2センサーが、043Vで固定値です。


DSCN8638

その影響なのでしょう、フューエルトリムもオープンループでした。

この辺りに問題を抱えてるのは間違いありません。

エンジンが止まることはありませんが、一度精査する必要がありそうですよ。


DSCN8639

それよりも、問題なのはインヒビタースイッチでしょう。


DSCN8640

ドライブに入れてもスイッチがオンのままで、これではどのギヤでも

エンジンが掛かってしまいます。

こちらは、後で点検しますね !


DSCN8652

オートマは、過去にリビルトオートマに換装されてるみたいです。


DSCN8670

リビルトオートマの中には問題のあるものもありますが、ドレーンを見る限り

AND様のオートマは問題なさそうですよ !


カルテ

ドレーンの鉄粉は、これから毎回オイル分析カルテに記録されます。

鉄粉の量は、ミッションの状態を知るバロメーターです。

ミッションの不具合の早期発見にお役立てください。


DSCN8658

今回、オイルフィルターも交換ご用命です。 選ばれたのは、もちろんPECS !

二次磨耗以降が無くなり、エンジンが滑らかに回るようになりますよ。


DSCN8660

AND様のミニは、フロントがコイルサスでリヤがラバコンという異色の組み合わせで、

ショックは完全に抜けてしまってました。

突き上げが大きく、ゴツゴツと感じるのはこの辺りが原因なのでしょう。


CIMG2060

早速AND様におとーと君を試乗していただき、新しいショックとラバコン

の乗り心地を体感していただきました !

AND様の感想は、愛車とは別物に感じたみたいです。

これは、次回は足回りのリニューアルに着手するのかな?!


DSCN8659

他にも幾つか不具合はありますが、全体的にはよくメンテナンスされてて

緊急性の高いものは少ないです。


DSCN8661

ナイロンベアリングに少々摩耗がありますが、ラックブーツは新品に交換されてます。


DSCN8663

ドライブシャフトブーツに、一部ブーツ切れがありました。

こちらは、早めに修理されたほうが良いでしょう。


DSCN8651

不具合ではありませんが、ヒータージョイントパイプも純正のままでした。


CIMG2070

純正のヒータージョイントパイプは、劣化してよく割れることがあるんですよ。

早期交換をお勧めします。


DSCN8671

それでは、先ほどオンのままだったインヒビタースイッチを調整してみます。

スイッチ不良で調整できずに交換することになった場合、オイルが出てしまうので

オイルが抜けてる今がベストなタイミングですが、


DSCN8672

スイッチは調整で正常に作動するようになりました。

スイッチがオンのままだった場合、間違ってギヤが入った状態でエンジンを

始動すると、そのまま車が動き出してしまいとても危険です。

そんなことになる前に発見できて良かったです。


DSCN8673

今回、SOD-1も注入ご用命です。

オートマ車には湿式多板クラッチやブレーキバンドの清浄作用と浸透作用による

表面張力で密着力よくし、寿命を伸ばす効果が期待できます。

今の良好な状態を維持するのに、一役買ってくれることでしょう。


DSCN8674

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。


DSCN8680

さて、今日はもう一つ、ステアリングセンターを調整します。

AND様の話では左に傾いてるとのことでしたが、試乗では右に傾いてました。

聞き間違えたのかな?ハンドルを外して1コマ左に・・・


DSCN8682

再び試乗すると、初めは良かったのですが、左折した後からこんな状態に。

そういえば、先ほどの試乗は右折ばかりだったなぁ・・・


DSCN8683

ハンドルを切るとセンターがズレるので、恐らくステアリングラックの

取り付けボルトが緩んでると思われます。


DSCN8685

締め付けてみると、かなり緩んでました。


DSCN8686

その後はハンドルを切ってもズレなくなりましたが、少し右に傾いてますね。

最後はタイロッドを回して微調整、これでようやくセンターが出ました。


DSCN8687

AND様、お待たせしました。

ステアリングラックの緩みとインヒビタースイッチは危ないところでしたね。

他にも幾つか宿題ができました。 

次は乗り心地を考えてショック交換?それとも切れてたドライブシャフトブーツ

を交換されるのかな?!  ご来店、おまちしてますね。


BlogPaint

これからも、キャメルをよろしくお願いします !

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002