( ´ー‘)ゞ アラ煮にもやっぱり日本酒ですよね!の石川です。

前回は謎のカタカタ音でレッカー入庫したSBS様。


CIMG7494


今回はエンジンがかからなくなっちゃったとレッカー入庫です(^_^;)


CIMG7496


この辺りを縁石に擦ってエンジンがかからなくなっちゃったそうです。


CIMG7497


「このミニカッコいいですね♪」
SBS様の代わりにレッカーの人(勤続約2ヶ月)がピース。

若いって素晴らしい。


CIMG7499


ぶつけてエンジンかからなくなっちゃったとすると。。。
この写真の右上の方。


CIMG7500


イナーシャスイッチをポチッ。


CIMG7501


とりあえずエンジンはかかる様になりました(`・ω・´)ゞ
このスイッチはショックを感じると燃料ポンプの電源をカットしちゃう安全装置。

ミニが到着する前にSBS様からご連絡頂いて今回はこのままオイル交換などなど作業のご依頼いただきました。

オイル交換のとき今回はPECSの点検しましょう^^
取付してからほぼ30,000km走っていますしね♪

順次作業しますので暫くお待ち下さい♪


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

5/31

メカ山田です。

SBS様、お待たせしてます・・・  今日から、作業再開です !


DSCN9120

今日は、オイル交換です。

灯火チェックでいきなり、左フロントのスモールランプが点きません。

しかも、バルブはLEDですか・・・


DSCN9121

とりあえず、作業を進めましょう。


DSCN9122

窓、バッテリーはともに良好 !


DSCN9123

オイルは減ってませんが、前回のオイル交換から約4000km。

もう少し早めに交換してくださいね。


DSCN9124

燃料希釈は、若干多めでしょうか・・・


DSCN9125

ECUチェックは、前回マップセンサーのフォルトがありましたね。

今回はノーフォルトです !

前回のフォルトは、一過性のフォルトだったみたいですね。


DSCN9127

DSCN9128

DSCN9129

DSCN9131

DSCN9132

DSCN9133

DSCN9136

センサー値は、前回とほぼ同じ。


DSCN9134

DSCN9135

O2センサー、フューエルトリムも、当然変わってませんね・・・


DSCN9138

オイルを抜きます・・・


DSCN9151

ドレーンは、鉄粉も少なく良好ですね。

今回はPECSも清掃するはずでしたが、すみません、清掃し忘れてしまいました・・・

後日清掃するので、少々お待ちください。


DSCN9146

DSCN9147

不具合は、左右のフロントショックにオイル漏れがあり、

ボールジョイントのガタも以前と変わってません。


DSCN9141

リヤのナックルジョイントのブーツ切れなど、以前から指摘のあったところが

ほとんどです。


DSCN9140

新たに見つかったのは、リヤマフラーの吊りゴムのヒビ割れくらいですね。


DSCN9153

今回も、SOD-1とプロステージ10W-40のセットです。


DSCN9154

オイルを入れて、今日は終了です。

残る作業は、グリルボタンの取り付けとPECSの清掃です。

今度は、忘れずに清掃しなければ・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN9221

6/1

メカ山田です。

昨日忘れてしまったPECSの清掃、本日行いました !


DSCN9229

付着してた鉄粉は、こんな感じ。

30000kmでこの量なら、問題無いですね !


DSCN9230

清掃し、すっかりキレイになったPECS。


DSCN9231

次回の清掃も、30000km後で大丈夫ですね !


カルテ

ドレーンの鉄粉とともに、PECSのオイル分析カルテに記録しました。

今後のメンテナンスにお役立てください。


DSCN9233

今日は、点灯しなかったスモールランプも点検してみようと思います。

点灯しない原因はバルブ切れ?それとも他に原因があるのかな?


DSCN9236

バルブまでは電気が来てるので、どうやらバルブ切れみたいです。

それと、分解時にもう一つ気になるところがありました。


DSCN9239

DSCN9241

ヘッドライトをヘッドライトボウルに固定する部分は、全部で3カ所。

そのうちの2カ所が無くなっています。


DSCN9240

最後に1カ所も、クラックが入ってて・・・

これでは光軸を調整することができず、ヘッドライトを落とす可能性もあります。

スモールバルブとともに、修理しておきたいところですね。

SBS様、どうしましょうか?


DSCN9243

とりあえず、グリルボタンの取り付けを開始します。


DSCN9245

DSCN9246

グリルを外してビックリ !

グリルとサラウンドを共締めしてるネジがあまりにも太くて、これでは

ネジの代わりにリベットを打つことができません・・・


DSCN9247

苦肉の策で、少しずらしたところに穴を開け直しました・・・


DSCN9248

これで何とか、リベットを打つことができます !

開いてしまった穴は塞ぐことができず、グリルを交換するしかありません。

なので、穴は我慢してください・・・


DSCN9249

SBS様、グリルボタンはシルバーでしたよね?!


DSCN9250

取り付けボルトは、左は既存の穴を使用するので、難なく取り付け完了。


DSCN9251

右は新たに穴を開けなければいけないので、いつも緊張するんですよ・・・


DSCN9252

右と左で高さが違うと、グリルが傾いてしまいますからね。


DSCN9253

同様にグリルも・・・

こちらも傾いたり、上すぎたり下すぎたりしないように慎重に。


DSCN9254

グリルボタンが付きました !

フォグランプが邪魔して、グリルの脱着はワンタッチとはいきませんが・・・


DSCN9255

一応、これで今回の作業は終了です。

スモールバルブとヘッドライトボウルはどうしましょう?

もしかすると、右のヘッドライトボウルも割れてしまってるかもしれません。

ご連絡、お待ちしてます。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN9498

6/4

メカ山田です。

SBS様、ご連絡ありがとうございました。

本日、スモールバルブとヘッドライトボウル交換します !


DSCN9499

ヘッドライトを外して気が付いたのですが、


DSCN9502

ヘッドライトに刺さるカプラーが、2つあります。 何故?

スモールランプを点検した時は、全然気が付きませんでした・・・

グリルを外して点検してみると、汎用のリレーキットが付いてたんですね !

このままではカプラーが大きくて、ヘッドライトボウルの外に出すことができません。


CIMG8253

なので、ヘッドライトボウルの穴を広げちゃいます !


DSCN9503

これでヘッドライトボウを外すことができましたが、


DSCN9506

新しいヘッドライトボウルも、穴を広げないとカプラーが通りません。

新品のボウルを加工するのは緊張するなぁ。 失敗できませんからね・・・


DSCN9507

加工するまでは、随分考えましたよ、どうすれば付けることができるのか。

結局穴を広げてカプラーを通し、広げた穴は汎用のグロメットで塞ぐことにしました。


DSCN9508

ヘッドライトボウルの取り付け完了。


DSCN9509

切れてたLEDバルブは、通常のバルブに交換してスモールランプも無事点灯 !


DSCN9511

考えてた時間が長くて、結構時間が掛かっちゃいました。


DSCN9512

右側の交換開始します !


DSCN9513

右側のヘッドライトボウルはまだ割れてませんでしたが、昨日打ち合わせた通りに

こちらも交換させていただきます。


DSCN9515

DSCN9517

同様の加工を行い、無事ヘッドライトを装着。


DSCN9518

スモールバルブは、右側も通常のバルブに交換しましたよ !

ライトも問題無く点灯。 SBS様、お待たせしました、これで作業完了です。


ヽ(*´ω`*)  6/ 5 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG8448


早速お仕事帰り?お仕事中?にSBS様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


6/20の運動会行きましょうよ~
「その日はゴルフだから無理だなー」

ゴルフじゃなくてミニで本庄サーキットですよー?


CIMG8449


「やっぱり自分のミニが一番良いな♪」
今日はナターシャが働かない様なジェントルな走りでお帰りくださいませ(笑)

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002