( ´ー‘)ゞ アラ煮にもやっぱり日本酒ですよね!の石川です。


去年夏のオイル交換以来お久しぶりにHMN様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG8027


「もうすぐ車検切れちゃう!!」
お元気そうですね^^


CIMG8036


車検ということでまずは怒りん棒登場。
無事怒られずに済むのかな?


CIMG8037


余裕でクリア♪
さすがの怒りん棒もにっこにこです。


BlogPaint
BlogPaint


灯火チェックも問題ありません。


CIMG8040


ワイパー&ウォッシャーの作動もok


CIMG8041


ですがブレードは要交換です。。


BlogPaint


オイルの量はバッチリ。
けど今回はガソリン臭強めです。


CIMG8047


試乗チェック。
左前からカタカタ音があります。
ナイロンベアリングかボールジョイントか。。

オートマは以前から指摘がありますが前進タイムラグとDで走っていて3→4へ上がる時に回転が上がります。

次はECUチェック。


CIMG8049


故障コードは入っていませんでした。


CIMG8050


マルチ画面。

・クランクセンサー
・アイドルスイッチ
・o2フィードバック
・スロットル電圧
・ステッパー値

異常なしです。


CIMG8051


mapも悪くありませんね^^


CIMG8052
CIMG8053


水温・吸気温も良さそうです。


CIMG8054


バッテリー電圧もいいですね^^


CIMG8055


O2センサーも元気に稼働中^^


CIMG8056


二次補正値±0%
プログラム通りの燃調です。

っとここまで異常無しなんですが・・・


CIMG8058


前回も同じなのですがパーキングとニュートラルを認識するスイッチが認識しない職場放棄。
だけど実際にはP&Nでエンジンかかります。
そしてR/1/2/3ではかからない・・・不思議。。


CIMG8059


リザーブタンクは空です(^_^;)
マスターに水路洗浄の時たっぷり入れてもらいましょう♪


CIMG8060


ブレーキのパッドの残約4mm
ローターの疲れ加減が可愛そうですね。。


CIMG8061


足回りはどうでしょ?


CIMG8062


左のドライブシャフトアウターブーツに深いクラック。。
これは切れるの時間の問題です(*_*;


CIMG8063


左上のボールジョイントにガタがあります。

今はボールジョイントも選べる時代。
1.Doトレーディングさんセレクトの高品質ボールジョイント
2.デルタさん監修のメンテナンスフリーボールジョイント

交換する時の為に今から選んでおくのも楽しいですね♪
どちらも人気です(*´ー`*)b


CIMG8065


右の足回りは・・・


CIMG8067


これはいけませんね。アウターブーツが切れてしまっています。
これでは車検にも通りませんし安心して走れません。

今回は左右共交換します(`・ω・´)ゞ


CIMG8069


合わせて右タイロッドエンドのブーツも交換します。


CIMG8070


ナイロンベアリングにもガタがあります。
近い内になんとかしたいですね。


オイル漏れ箇所は。。。


CIMG8072


キックダウンスイッチは下に雫がたまる位の量。


CIMG8074


スピードメーターワイヤーのドリブンギア周辺はキックダウンスイッチよりも多い量漏れています。


CIMG8075


タイミングカバー周辺はにじむ程度です。


CIMG8076


右のラジアスにガタがあります。


CIMG8078


左リアのハブベアリングに小さなガタがあります。


CIMG8080
CIMG8081


リアの左右ナックルジョイントのブーツが切れてしまっています。
こちらは交換ですね。


CIMG8092


エアクリーナーは汚れていたので交換します。


CIMG8093


ワイパーブレードも交換。
使うのはG-CLIMB オリジナルメッキワイパーです^^

今回アームはそのままでブレードのみ交換しました。


CIMG8091


このままフェンダーレスではハミタイなので車検対策。
オーバーフェンダー装着完了(`・ω・´)ゞ




6月5日追記

左右のドライブシャフトブーツ交換も終わり

車検ラインから戻ってきたので最後のメニューの水路洗浄行います。。

BlogPaint


CIMG9948

室内のヒーターユニットからの漏れ点検します

CIMG9949

うーん、過去に漏れたような形跡

洗浄終わった後もう一度チェックしてみます。


CIMG9950

そのヒーターコアも洗浄のためヒーターコック開けておきます。



CIMG9951

一見、キレイそうに見える冷却水ですが果たして排水はどうか・・・


BlogPaint

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動。。。

洗浄開始


CIMG9954

水温上げながら、エンジン側の水温センサーとラジエターに挿した温度計を比べながら

サーモスタット、水温センサーの温度精度のチェックしていきます


CIMG9956

エンジン側は73℃まで上昇してますがラジエーターは30℃のまま

サーモスタットはしっかり密閉して職務を果たしております。


CIMG9965

規定の88℃に近づき、サーモスタットは開き始めてます。

BlogPaint

更に温度上昇して、ラジエターに勢いよく流れ込んで

サーモスタットが全開になったのがわかります。

CIMG9970

そして、両方の温度比較。。。

水温センサー93℃  ラジエター90℃

水温センサーの温度精度も良好でした。


CIMG9972

CIMG9973

そして97℃で電動ファン回り始め



CIMG9974

CIMG9975

91℃でストップ



 ● サーモスタット  ● 水温センサーの温度精度 ● 電動ファンの作動 の

スリーチェックはすべて合格


CIMG9977

排水。。  

一見キレイに見えたクーラントでしたがだいぶ汚れてました。

CIMG9978

ラジエタとヒーターコアは逆流させて汚れを引き抜きます。


CIMG9980

左がヒーターコア  右がラジエターからの逆流水

やはりヒーターコアに汚れが溜まりやすいのがわかります。


CIMG9976

ヒーターユニットを再度点検。。。 

洗浄でヒーターコアに水圧をかけましたが現在漏れはないようですが

洗浄後しばらくしてから漏れだすこともあるので、しばらくは要注意です。。


CIMG9981

クーラント入れますが、満タンになる前に・・・・

CIMG9982

お楽しみのリキテック注入しましょう。。



冷却水の添加剤でどうしてパワーアップするの??

それは、魔法使いが魔法をかけてるからです。。。

・・・・・・・・・・・・・・・。。。。

CIMG9983

『還元作用の電気的な力がウォータージャケットから、

燃焼室やシリンダー、インマニに働いてあらゆる動きを阻害する静電気の力を弱める・・』

というのが作動原理のようですが、

とにかく、メカノイズが静かになって、パワーアップを体感する不思議な添加剤なのです。



CIMG9984

入庫チェックでリザーブタンク内が空っぽだったんで

たっぷり補充しておきます。


CIMG9986

そして、納車直前の点滴・・・・

燃焼室洗浄のRECSで カチカチになったカーボンを燃えやすくします。

CIMG8438

お、タイムリーなご来店のHMN様ご兄弟。。。

CIMG9990

もうひとつの魔法かけなきゃね。。。

空気に魔法。。。 もうお馴染みのセラミックエアー

キャメルのはスペシャル3重連で魔法は3倍~

CIMG9991

車検で安心。。。 

リキテックとセラミックエアーはお楽しみ・・・・


CIMG9993

じゃ、ちょっと遠回りして帰ってください。。

ありがとうございました。










にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002