DSCN9343

MRY様、いらっしゃいませ。

最近、時々アイドリングが高くなるとMRY様がご来店、初キャメルです !

担当は、メカ山田です。


DSCN9345

試乗では、現象を確認することができず・・・

とにかくECUチェックを行おうかと。


DSCN9346

フォルトは2つありましたが、過去の消し忘れかな?


DSCN9348

DSCN9350

DSCN9351

DSCN9352

今は、問題無く作動してますね。


DSCN9353

DSCN9354

DSCN9355

DSCN9356

ECUチェック中に、突然アイドリングが下がったと思ったら、

ステップ値が0でした。


DSCN9357

この時のアイドリングは、600rpm付近でしたが、


DSCN9358

突然アイドリングが戻り、ステップ値も32になりました。

ステッパーモーターの作動不良でしょうか、怪しい感じです・・・


DSCN9364

ここでメニューは、オイル交換に変更。

安心点検で、他の不具合も見つけられますしね !


DSCN9365

オイルは、量、匂いともに良好です !


DSCN9360

ECUチェック中に、カチカチという音が気になったんですよ。

初めはインジェクターの作動音かと思ったのですが、音が出たり出なかったり・・・

点検すると、3番のプラグコードがリークしてました。


DSCN9366

ステッパーモーターとプラグコードの交換が追加ご用命になりました。

後で交換しますね。


DSCN9387

ドレーンの鉄粉は、問題の無いオートマ車の標準的な量ですね !

逆説的に考えると、オートマ車はもともと鉄粉が出てくるってことですけど。


DSCN9371

今回装着したPECSで、鉄粉がどのくらい減るか楽しみになりましたね。


DSCN9378

足回りは、リヤはまだストラットコーンのままのMRY様のミニ。

足回りは、しばらく手を入れられてないのでしょう。


CIMG9762

早速おとーと君で、新しいラバコンとショックの乗り心地を体感していただきました !


DSCN9373

不具合は、ドライブシャフトブーツに少しヒビ割れがあるものの、まだ切れてませんね。


DSCN9377

リヤマフラーは内部が腐食して、叩くとカサカサと音がします。

リヤマフラーは、そろそろ交換時期でしょう・・・


BlogPaint

BlogPaint

インナーフェンダーにもクラックが見つかりましたが、不具合はそれくらいです。

これまでミニ屋さんでメンテナンスされてきただけあって、不具合は少ないですね !


DSCN9391

不具合ではありませんが、冷却水が汚れ気味です・・・

MRY様に見ていただくと、水路洗浄も追加ご用命になりました。


DSCN9389

オイルを入れれば、オイル交換は終了になります。

今回、SOD-1も注入ご用命です。

オートマ車には、湿式多板クラッチやブレーキバンドの清浄作用と浸透作用による

表面張力で、密着力よくして寿命を伸ばす効果を期待できますよ !


DSCN9390

オイルは、プロステージ10W-40をご選択です !


DSCN9393

それでは、ステッパーモーターの交換を開始します !


DSCN9395

ステッパーモーターをを外すと、ケース内にはかなりの水が進入した痕跡が・・・


DSCN9397

ますます、ステッパーモーターが怪しい感じ。

ステッパーモーターを交換・・・


CIMG9780

次に見た時に勘違いしないよう、ケース内は清掃しました。


DSCN9399

これで、ステッパーモーターの交換は終了 !


DSCN9400

ステップ値もこれなら、あらためて調整する必要はなさそうですね。


DSCN9402

DSCN9403

プラグコードは、3番と4番のコードが激しく錆びてました。


DSCN9405

しばらく、交換されてなかったのでしょう。

プラグコードも交換時期だったみたいですね。


BlogPaint

本日最後の作業、水路洗浄を開始します。

CIMG9799

CIMG9800

室内のヒーターユニットケースに漏れ跡らしき汚れがありましたが

クーラントの臭いは感じませんでしたので、もしかするとすでにヒーターコアは交換されてる可能性もありますね


CIMG9802

洗浄剤の投入、エンジンを始動します !

さもメカ山田やってるように書いてますが、行ったのはマスターなんですけどね。


CIMG9803

エンジン始動から、ともに上昇する水温センサーとラジエーターの水温。

サーモが、しっかり閉じてないみたいです・・・


CIMG9811

水温センサーの精度は良好です !

センサーと水温の誤差は少ないですね。

CIMG9816

93℃で水温計(右)は真ん中より下を指してます。

MINIの水温計は『低めを指す』傾向があるので注意が必要ですね。

真ん中まで行ったら100℃超えですよ

CIMG9818

CIMG9819

電動ファンの作動は若干高めですが、


CIMG9820

CIMG9821

オーバーヒートすることは無いでしょう。

CIMG9825

半年前の車検でクーラント入れ替えたわりには汚れてます

BlogPaint

洗浄を見つめるMRY様・・・

大切な愛車、汚れも気になるってものです。


CIMG9827

汚れてはいたものの、冷却水は定期的に交換されてたのかな?!

ヒーターコアはキレイでしたよ。

やっぱり、ヒーターコアは交換されてるんじゃないかな・・・

CIMG9830

CIMG9829

クーラントブースターとともにクーラントを注入。

エアー抜きを行い、今日の作業は終了です !


CIMG9833

MRY様、お待たせしました。

不具合をしっかり直すあたり、とても大切にされてることが分かりますね。

サーモの作動があまり良くないみたいですね。

次のご来店は、サーモ交換で決まりかな?!  ご来店、お待ちしてますね !


DSCN9423

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002