BlogPaint

メカ山田です。

OBT様が、初キャメル ! 今回は車検でご来店です。


CIMG0006

新車から乗られてるキャブクーパー。

ほぼノーマルで、これまで大切にされてきたのでしょう。


東京 → 関西 → 今回東京にお帰りになったそうです。


BlogPaint

今回、キャメルを選んでいただき光栄ですね !

早速、入庫チェックで詳しく点検しましょう。


DSCN9639

まず目に飛び込んできたのは、ドライブシャフトブーツが外れてます。

ブーツは切れてなので、バンドを締め直すだけで済みそうですね !

CVジョイントを傷めてしまう前に発見できて良かったです。


DSCN9635

DSCN9636

左右のアッパージョイントに少しガタがありますが、交換するのは

もう少し先でよさそうです。


DSCN9638

無くなってしまったチェンジブーツ・・・


DSCN9641

右のラックブーツも切れてました。


BlogPaint

ブーツ関係は、車検なので交換することになりますね。


DSCN9640

ナイロンベアリングにも大き目の摩耗があります。

試乗時にコトコトと音が出てたのはここからでしょう。


CIMG0012

しばらくラバコンを交換された様子が無いOBT様のミニ。

おとーと君で、新しいラバコンとショックの乗り心地を体感していただきました。

昔の乗り心地を思い出されたのでは? 

いずれ、足回りもリニューアルしていきましょうか !


DSCN9637

メカポンプからのオイル漏れなど、不具合は幾つか見つかりましたが、

大きな不具合も無く、これまでよくメンテナンスされてきたことが伺えますね。



CIMG0014

この後予定があるそうで、OBT様はここでお帰りです。

お車、お預かりします !


BlogPaint

試乗時にクーラーが効かなかったのですが、OBT様からも点検してほしいと

ご用命になりました。


DSCN9731

コンプレッサーが作動しないのは、スローリークでガスが少ないのかな?!

クーラーガスを補充すると・・・


DSCN9732

コンプレッサーは作動するようになりました !

もちろんクーラーガスは、代替フロンよりは従来のR12並みに効く『COLD12』 です。


DSCN9734

吹き出し口の温度は11度。

若干冷えが甘いですが、効くようになりましたよ !






そして、車検の定番メニューの水路洗浄に続きます。。


CIMG0031

前回の車検で、水回り一式交換していて、

アルミラジエター、ウォーターポンプ サーモスタットが交換されてるようです。

ラジエターから見えるクーラントの色は割ときれいなので

今回は洗浄剤なしで、クーラント入替しながらのスリーチェックを行うことにします。


CIMG0026

低温から水温を上げていくスリーチェックは、作業工程は

水路洗浄をほぼ同じになります。

まずは室内のヒーターユニットの漏れのチェックからです。

CIMG0029

ヒーターユニットのケースに、クーラントの漏れ跡・・

エンジンルームの水回りはすべて交換されているようですので

もしかすると、ヒーターコアも交換されていて、この漏れ跡は過去のものなのか・・?


CIMG0030

ヒーターコアにも水が流れるようにヒーターコックを開けておきます




そして、エンジン始動

エンジンは冷えた状態です。

CIMG0048

水温計は一番下の目盛の上。。

CIMG0049

ラジエターに挿した水温計は30℃




CIMG0050

そのまま水温上昇させて、水温計の針は 1/4位まで上がりました。

CIMG0051

ラジエターは30℃をキープしています。

さすがに2年前に交換された新品のサーモスタットはピタッと閉じてその職務を果たしてますね。。


CIMG0052

水温計の針の位置はほとんど変わりませんが、


CIMG0053

ラジエターに挿した温度計は急上昇。。。

サーモスタットが開いたようです。

CIMG0066

83℃を指してます。

BlogPaint

カメラとペンライトを持ってるので、アクセルを煽ることが出来ないので

ラジエターに勢いよく流れ込んでくる冷却水を撮影できませんでしたが

サーモスタットはしっかり開いていました。

サーモの温度82℃が入っているようです。


CIMG0068

そのまま水温上昇させて 針は1/3くらいのところです・・

CIMG0071

その時のラジエター温度は96℃

水温計は低めを指すようなので真ん中のラインは100℃超えだと思ってください。


CIMG0073

その時電動ファン回り始めました。 そしてそのまま数分間回り続けてました




スリーチェックまとめ

① サーモスタットの密閉OK 開く温度OK  全開度OK

② 水温計の精度  やや低めを指すが温度によって正常に作動している

③ 電動ファンは96℃で作動 その後しばらく作動し続けたので良好

以上、スリーチェックはすべて良好でした。




CIMG0037

排水は汚れは少なくキレイな状態でした。

CIMG0042

ラジエターとヒーターコアから逆流で吸い出します

新品ラジエターなのでラジエターからは問題なくキレイでした。


CIMG0043

漏れの疑いがあるヒーターコアからは汚れがでてくるのを予想しましたが

ん?  大変きれいな排水です。。

2年前の水回りリニューアルの時にヒーターコアも交換されてるんじゃないかなぁ。。

ということで、水回りは大変良好な状態です。

CIMG0044

この状態を維持するには、定期的な水路洗浄と

定期的なクーラント入替えを続けていってください。


CIMG0045

鉄エンジンのMINIにはさらにクーラントブースターで錆から守っていただきます。

CIMG0046

キャブクーパーはエンジンルーム内にリザーブタンクがあります。

1/3程度まで補水して完了です。


ヽ(*´ω`*)  6/ 14 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


BlogPaint
BlogPaint


車検工場から戻ってきましたヽ( ´ー`)ノ


CIMG9074


車検には関係ありませんがフロントナンバーが周りの枠と干渉して結構大きめなビビリ音があったので緩衝材貼っておきます。

これで静かになりました(`・ω・´)ゞ


CIMG9077


オイル量ガソリン臭共にOKですが今回オイル交換します^^


CIMG9083


茶こしセンサーもセットオン。
手で持っているだけですけど(笑)


CIMG9084


ドレーンは綺麗ですね!


CIMG9085


茶こしセンサーも異常無しです。


CIMG9086


今回はエレメントも交換します。


CIMG9089


もちろんつけるのは磁力型オイルフィルターのPECSヽ( ´ー`)ノ
シリアルナンバーは1188♪ これはラッキーですねー


カルテ


今日からカルテを書いていきます。
オイル交換の度に追記されていきます^^


BlogPaint


アンダーガードも綺麗にして戻します。


CIMG9092


気持ちがいいですね^^


BlogPaint


入れるオイルはWAKO'S PRO-S プロステージS 10w40ですヽ( ´ー`)ノ
多分現在キャメルで一番人気のオイルです。

このオイルにピッタリあう添加剤にエステル系のSOD-1があります。
ぜひ次回はお試しください♪


BlogPaint


オイル量はMAX丁度。
時々チェックしてくださいね^^


CIMG9098


次回のオイル交換は12月か73,500kmのどちらか早い方です。
忘れずに交換してくださいね^^


CIMG9096


残り作業はエンジンコンディショナーだけになりました。
ご来店の日程がわかりましたらご連絡ください(`・ω・´)ゞ


ヽ(*´ω`*)  6/ 17 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG9454


明日ご来店予定って事でエンジンコンディショナー施工します(`・ω・´)ゞ
煙もっこもこだったので明日のお帰りは軽やかになっていると思います。

定期的なコンディショナー施工をした方が良さそうですね。





9月18日追記


DSCN0530

八王子までお迎えは・・・・

都合で リムジンじゃなくおとーと君で・・

CIMG1576

今回はPECS取り付けたので、その変化をお楽しみください。

乗るたびに軽く回るようになります。。

CIMG1577

ありがとうございました。

これからもキャメルをよろしくお願いします。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002