( ´ー‘)ゞ アラ煮にもやっぱり日本酒ですよね!の石川です。

前回フューエルポンプ交換したON様が車検でご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG8573


雨降って無くてよかったですね^^


CIMG8574


まずは低そうな車高から。


CIMG8575


怒りん棒が怒っています(*_*;
12インチのリクルートタイヤ履いても1.5cmは上げるようですよ?


CIMG8581


「んじゃーリクルート仕様で上げた分は下げなくてもいいよー」
承知しました(`・ω・´)ゞ


CIMG8585


何かと忙しいON様。
今日はキャメル代車で2番人気のジーノ君でお帰りです^^


BlogPaint
BlogPaint


まずは灯火チェック。
右のヘッドライト以外は大丈夫でした。


CIMG8672


このヘッドライトは交換しないとダメですね。。。
今と同じP700にしますか?それとも明るいものにしますか?


BlogPaint


ワイパーも動きはいいのですが・・・ウォッシャーボトル付いてないんでしたね(^_^;)
今回は車検なので取付します。


CIMG8663


「バッチリタノムゾー」
F7を見て全角カタカナくらいにしか使ってないな~と思ってみたりします。


CIMG8664


ステアリングが若干左に向いています。
コレも前回から指摘されていましたね^^


BlogPaint


オイルは量も匂いもOKです。
ってオイル交換からまだ400km位しか走ってないんですもんね。

もっとお出かけしましょうよ(*´ー`*)b


BlogPaint


今回車検なのでブレーキオイルは交換します。


BlogPaint


クラッチのオイルも交換するのですが・・・
ジャダーがかなり酷いのでコチラの修理もした方が良いですよ。


CIMG8669


ウォッシャーボトルが付く所に何故かスターターのリレーが鎮座しています。
リレーに場所を譲ってもらうか、別の所に別のタイプのボトルを置くか。。。


BlogPaint


ラジエーターのアッパーブラケットが付いていません。
これは既存のは付きそうもないのでワンオフで作るしかありませんね・・・
クーリングファンが金属なので見ているだけでもすごく怖いです(´;ω;`)


CIMG8673


これまた前回指摘のあったステアリングラック。
本体の中身がガタガタ言っているので今回交換しましょう。


CIMG8676


ロアアームのブッシュや。。。


CIMG8677


テンションロッドのブッシュも交換したい所ですが。。。


CIMG8682


右のラックブーツも切れていることですし。
コチラが優先ですね。


CIMG8683


デフケース周りのオイル滲みあります。


CIMG8685


左のタイロッドエンドのブーツも縦に割れちゃっています。
ラックと一緒に交換ですね。


CIMG8691


リアドラムもサビが目立ちます。
車検なので開けて中のホイールシリンダーは最低さわりますが・・・
ライニング等一式整備した方が良さそうな香りがします。



車検の定番メニューの水路洗浄やりますね。。。

CIMG0155


CIMG0156

まず室内のヒーターユニットからの漏れチェック・・



CIMG0157

漏れ跡バッチリ。。。

ONさんもクーラントの香りから漏れは確信していたようですが、的中です。

ヒーターコアは交換したいですね。

CIMG0158

ラジエターフラッシュいれてエンジン始動。。。

CIMG0159


CIMG0161

キャブ車なので水温センサーチェックの代わりに水温計チェックします。



CIMG0166

数分エンジン回してもラジエターの温度計はそのまま。。

サーモスタットはしっかり閉じて、ちゃんと仕事してくれてます


CIMG0167

エンジン側の水温は順調に上昇してきてます。


CIMG0168

サーモスタットがゆっくり開き始めたようです。

ラジエターは78℃


CIMG0169

その時の水温計の針はこの位置。。

CIMG0180

ラジエター85℃

CIMG0181

ラジエターに勢いよく流れ込んできてるのでサーモスタットは完全に開いてますね。

CIMG0182

85℃で針は真ん中よりやや高めを指してました。

覚えておいてください


CIMG0199

排水。。   汚れてました。

これでスッキリです。

CIMG0201

ヒーターコア交換で再び冷却水は入れ替えになりますが

作業開始までも薄目ですがクーラントで水路を保護しておきますね。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

DSCN0013

6/11

メカ山田です。

チャージランプは、何故点灯しないのか・・・

今日は、その辺りを点検してみようと思います。


DSCN0014

普通に考えれば、バルブ切れが原因でしょう。 


DSCN0015

バルブを点検するのに、メーターカウルを外すか、それとも

以前付けたバルクヘッドホールカバーを外すか迷いましたが、

バルクヘッドホールカバーを外すことにしました。

ソケットの取り外し完了。


DSCN0016

もしかすると、何か配線に問題があるのではと心配してたのですが、

どうやら、単なるバルブ切れだったみたいです。


DSCN0021

バルブを交換し、無事点灯。


DSCN0024

心配して、ちょっと損した気分?

問題がないのは、喜ばしいことですよね。

無事点灯するようになって良かったです !


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002