曽根です。


前回は、オイル交換まで待てなくてPECSだけを取り付けちゃったKSK様

現在PECSだけでの変化を堪能中です。。。

BlogPaint

さて、気になるいろんなパーツ・・・・

CIMG9035

どっちかというと不思議パーツが好きなんです。。。

CIMG0703

最近話題のコレが気になってました。。。

CIMG9039

マジシャンウォーター?? 

水に魔法のリキテックのことね・・

CIMG0612

リキテックはラジエターから入れるだけですが、その前に水路洗浄して

冷却水をきれいにしとかないともったいないですからねー

・・で、水路洗浄から始めます。。

CIMG0613

ヒーターコアからの漏れがないかチェックします。

CIMG0615

白っぽい汚れが付いてるけど・・・・

漏れ跡ではなさそうですね。

CIMG0616

ヒーターコアも洗浄できるようにコックあけておきます

CIMG0617

赤色パーツがエンジンルーム内で増殖中です。。。

『ついでに、発電チェックして、もしオルタネーターが弱ってるようだったら、

赤いプーリーのブラックオルタネーターに交換しといてね・・・』  とKSK様


はい、では後ほどチェックしておきます。

CIMG0619

ラジエターフラッシュ入れてエンジンスタート で洗浄開始

CIMG0622

水路洗浄はきれいにするだけじゃないですよ。。。

スリーチェックとして以下のテストを兼ねてます。。 

● サーモスタットの密閉度  開弁温度  開弁量

● 水温センサーの温度精度

● 電動ファン作動



CIMG0626

で、まずはサーモスタットの密閉テスト・・・

エンジン側の水温センサーが75℃まで上がっても、ラジエターに挿した温度計は30℃のまま。。

かなり密閉度は良好です。。

CIMG0636

おいおい・・ 

インジェクション車の規定値88℃まで上がったけどまだラジエターは30℃のまま

密閉度はいいけど、貝のように開かなきゃオーバーヒートしちゃうよぉ~

CIMG0637

90℃になってもサーモスタットは開かず・・・

こりゃダメだな。。

CIMG0640

と思った、次の瞬間。水温センサーが91℃を指したとき、

ラジエターの温度が急上昇。  ようやくサーモスタットが開いたようです。

CIMG0644

心配したけど、開いてしまえば開弁量も良好

CIMG0645

サーモスタットが開通した状態で両者の温度比較。。

水温センサー90℃   ラジエター86℃

センサーの位置を考慮すれば水温センサーの方が高い温度を指しててOKです。

ただ、サーモスタットの開弁温度が正確だとすれば水温センサーは2℃ほど高い数値を出してる可能性はありますが、いずれにしても許容範囲ですね。

CIMG0646

90℃の時の水温計の針は真ん中よりチョイ下。。

MINIの水温計はだいたい低めを指すので

真ん中より上に行ったらだいたい100℃超えなので要注意です。





次は電動ファンの作動テストですが、もう少し水温上げる必要あるので

その時間でミニモニチェックしておきますね。

CIMG0651

お、いきなり水温センサーにフォルト

CIMG0652

吸気温センサーもフォルト


CIMG0653

MAPセンサーも・・・・

CIMG0654

そして、クランク角センサーにもフォルトが入ってました。

KSK様のMINIはまだ、キャメルで点検してないのでECUチェックも初めてなのですね・・

CIMG0657

一度、フォルトのことは忘れていただきましょう。。。。

これはフルリセットとは違い、単にフォルトの記憶を消すだけです。

CIMG0658

ノーフォルトになりました。

次回のオイル交換で、フォルトが再発するようならその部品が交換の必要あるかも・・・です。


CIMG0659

クランク角センサー、アイドル認識  燃調補正

スロポジ電圧   ステップ値

すべて正常値です。

CIMG0663

心配してた電圧も13.4V

水温上昇させるためにクーラー作動させて、室内のクーラーファンも全開にしてる状態で

この電圧なら正常ですね。

ブラックオルタネーターなら、あと0.3~0.4Vくらい上がると思いますが、まだ交換の必要はないかな・・・


CIMG0667

そうこうしている内に水温は99℃まで上昇。


CIMG0668

そして、電動ファンは回り始めました。

CIMG0671

そして、止まったのも・・・・

CIMG0672

99℃。。  

99℃で回り始めて99℃で止まる・・・

アイドリングのような低負荷だと作動時間は短いですが、

これは走行すれば99℃以上で回り続けるという作動になるので合格とします。

Image1  実はもう少し低い温度で作動して欲しいので

電動ファンスイッチを交換したいところなんですが、

現在出回ってる 純正ラジエター用のファンスイッチの作動温度は、さらに高いので

交換しても同じかな・・・って感じです。

最善は、温度特性の良いファンスイッチを選ぶことが出来るコア増しラジエターに交換することかな・・



CIMG0691

十分洗浄できたので排水です。

だいぶ汚れてましたねぇ。。。

何度かガラスチューブに吸って透明になったところで

CIMG0692

ラジエター口から逆流で吸出します


CIMG0693

さらに、ヒーターコアの入り口からやはり逆流で汚れを吸い出します。


CIMG0694

左がヒーターコア   右がラジエター逆流水。。

やはり滞留しやすいヒーターコア内に汚れが溜まりやすいです。

これからも、定期的な水路洗浄を続けていってくださいね。



CIMG0696

クーラント原液2リットル入れて

満タンになる前に・・・・

CIMG0697

今日のメインメニュー リキテック登場


CIMG0698

良く振ってラジエターから入れるだけです(笑)

CIMG0699

サブタンクに30%濃度のクーラント入れます。

BlogPaint

水路のサプリ クーラントブースターを仕上げに入れて完了。。。

サーモスタットが開くまで暖気すればリキテックは働き始めます。。。


CIMG0702

セラミックエアーは毎回入れてるので、今日は3回目。。

セラミックエアーって回数と濃度は多い方が効く と古くからこの地方には言い伝えられてます。。(笑)



CIMG0707

ほぉ~  これがサイドフローインジェクターボディ・・・

これもいつかは採用?

CIMG0709

では、帰り道、リキテック効果を味わっていってください。

CIMG0710

セラミックエアー  PECS  リキテック・・・・と

毎回快調になっていきます。

さぁーて、次は何いきましょう。

『RECS + ECUに魔法』 はいかが?  これもビックリしますよ。


ありがとうございました。





6月15日追記

KSK様からリキテックの感想いただきました。

帰りのエンジン音が静かになり、驚きました。 リキテックの影響だと思います。

高回転域だと更に静かになったので、高速を走るには良いですね




KSK様、ありがとうございます。

不思議だけど、体感できちゃうものって面白いですよね。










にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002