曽根です


オイルクーラーのウォータージェット作戦で油温対策して安心してたんですが、

足回りの基本的なところがそのままになってしまってました。。。

CIMG2460

で、基本整備です。。

CIMG2552

BlogPaint

右側、ナックルジョイントの樹脂カップが抜けて飛び出してしまってます。

DSCF0083

左側もカップが割れてしまってグリスも無くなってます。

状態は承知してましたがなかなかメンテするタイミングがなく

こんな状態で2レース走ってました。。

サスペンションの動きはそりゃぁよくないですね(笑)

BlogPaint

ハイローキットがミニスポーツ製なので、このナックルジョイントは専用品しか合いません。

その専用品のナックルジョイントが数年ほどまえからの品質が特にダメで

数千キロしか持たないものが続出してます。

なので、ハイローキットごと交換する必要があります。

DSCF0091

しかも、ナックルのボールがアッパージョイントの金属部とグリグリ当たって痛めてしまったんで

今回は左右ともアッパーアーム交換。。

DSCF0092

ミニスポーツのハイローキットよりは車高高くなってしまいますが

造りのしっかりしたロードアジャスターをチョイス。

ナックルジョイントはハイグレードHGタイプをチョイス。 


DSCF0093

せっかく分解したので、ハブベアリングも新調。

DSCF0094

コレ勝負グリスね。。。


DSCF0095

アリシンのグリスをたっぷり充填したハブベアリングと

今回から、デルタのメンテフリーボールジョイントをレースで使っての耐久テストを行います。

CIMG2551

左足完成。。 

CIMG2752

右足も完成。


BlogPaint

オイルクーラーに向かうゴムホースにヒビ割れがあったんで

メッシュで補強された耐油ホースに交換。。  耐熱148℃です。

CIMG2898

オイルは、ワコーズのトリプルR 15W50をチョイス。

トリプルRはレーシングスペックですが、皆さまのストリート用でも普通にお奨めしてるオイルです。


DSCF0098

そうそう、前回の袖ヶ浦フォレストレースウェイのTBCC

で、決勝の後半にブレーキオイルが沸騰しちゃってベーパーロックでした。

動画の12分あたりからブレーキペダルを何回も踏んでます。。

Image4

エンジンブレーキより断然フットブレーキに依存するオートマ車ってこともあるし、

1380㏄になって直線スピードが上がった分ブレーキも酷使してるんですね。。

なので、これからはブレーキオイルは1~2レースごとに交換するようにします。。。

ブレーキフルードは、ドライ沸点290℃ ウェット沸点185℃のワコーズSP-4をチョイス。

ということで、今回は基本整備のご報告でした。





7月7日追記



CIMG2922

ちょっとだけ車高が上がっちゃったんでキャンバーを調整します

CIMG2925

今までよりちょっと余計にキャンバーつけとこうかな。。

CIMG2928

で、左2.8度   右2.6度 で落ち着きました。

八の字にしてキャンバーつければコーナリングパワーは増えるけど

その分直線では抵抗になるから、ほどほどにバランスよくってとこかな。

CIMG2930

ロアーム伸ばせば、タイヤの向きはトーアウト方向に動くので

その分、ちょっとインに調整してトーゼロに近づけます。。

この辺はお好み次第ですね。 


CIMG2932

トーゼロ測定は・・・・・・

CIMG2931

いつもの角材センサー (笑)


CIMG2938

窒素 + セラミックエアー。。。。 

不思議だけど何回でもいれる度によくなります。


CIMG2935

ECUに魔法。。。 

今回は調整できるまMAXの4.5度まで上げてみました。


CIMG2941

明日の筑波。。。 天気予報は雨から晴れに変わり暑くなりそうです。


試すことは・・・

● オイルクーラーのウォータージェット作戦でどこまで油温下げられるか・・

● 途中でリキテックを入れてみて、サーキットでのリキテック効果をチェック

● 最後の走行で、流れや動きを阻害すると言われているプラスイオン(静電気)を中和するエコマックスイオンの効果チェック


では 明日。








にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002