DSCN2667

メカ山田です。

前回、ブレーキの修理で来店されたTUM様がご来店です。


CIMG2105

今日は、クーラーが効かず来店されました。

最近、暑い日が続いてますからね。 クーラーが効かないのは辛いでしょう。

それにしても、凄い汗ですね !  


DSCN2671

それもそのはず、クーラーのスイッチを入れてみても、コンプレッサーは作動せず

に温風が出てきます。


CIMG2108

吹き出し口の風の温度は?

これでは、クーラーを使わないほうが涼しそうですね・・・


DSCN2672

今回もう一つ、ブレーキの警告灯が点灯するとか。

点検すると、リザーバータンクのフルードが減ってました。


BlogPaint

フルード漏れを点検すると、右フロントにあるユニオンとブレーキパイプの

接続部にフルード漏れがあるようです・・・

さすがに部品は在庫してなく、この時点でお車はお預かりすることになりました。


DSCN2677

さて、本題のクーラーは何故効かないのか?

プレッシャースイッチを短絡させてみると、


DSCN2679

コンプレッサーは作動します。


DSCN2681

このことから、ガスが減ってると思われますね。

サイトグラスを見ると泡すら見えないので、かなり減ってるみたいです。


DSCN2682

ゲージを付けてみると、ガス圧はOkg。

減ってるというより、完全に抜けてます・・・


DSCN2684

ガスチャージをすれば効くようになるのかな?

真空引きを行ってみたところ、


DSCN2683

真空を保つことができず、何処かに漏れてるところがあるみたいです。

ここまで圧力が下がらないなら、ガスを補充してみれば漏れ箇所が判るのでは?!

ガスを入れると同時に、どこからかシューシューとガス漏れする音が・・・


DSCN2690

DSCN2691

見つけましたよ、ガス漏れの個所を !

コンデンサーとドライヤーを繋ぐパイプのドライヤー側で、パイプが折れてました


BlogPaint

部品は、まだ新品があるみたいですよ !

他にも漏れ箇所があるかもしれませんが、ここを修理してみないことには

他は分かりませんからね。 まずはここを修理してみましょう。


DSCN2693

作業開始までは、少し時間が掛かりそうです。

しばらくの間、代車で我慢してくださいね。 お車お預かりします。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

7/27

メカ山田です。

お待たせしました、本日作業開始します !


DSCN2921

昨日、クーラーの高圧パイプが入荷しました。

まだ新品部品があって良かったですね !


DSCN2922

クーラーの修理からスタート、高圧パイプを交換 !


DSCN2924

真空引きを行うと・・・


DSCN2925

今度はしっかり、真空が保持されてますね。

他に漏れ箇所は無さそうで良かった !


DSCN2926

それでは、ガスチャージを開始します !

すみません、コンプレッサーオイルを補充した時の写真を撮り忘れました・・・

しっかり補充したので、ご安心くださいね。


DSCN2933

さて、一応クーラーは効くようになりましたが、少々効きが弱いですね。

システムに、多少問題があるみたいです。


DSCN2932

とは言っても来店時の時と比べれば、かなり涼しく感じると思います。

エンジン回転が上がればここまで冷えるし、今回はこれで行きましょう。


DSCN2944

それでは、もう一つの不具合、ブレーキの修理を始めます。


DSCN2947

DSCN2948

今回、交換するユニオンと、パイプの接続部からフルードが漏れてました。

ユニオンは交換するのでいいのですが、パイプにも若干キズが見られます・・・


DSCN2949

キズのあったパイプは、ペーパーで磨いてみようと思います。


DSCN2950

反対側のパイプには、キズはありませんね !


DSCN2951

DSCN2952

ユニオンを新品に交換し、


DSCN2954

エアー抜きを開始 !


BlogPaint

ここまでは、順調に進んでたんですけどね。

エアー抜きを行ってるそばからフルード漏れが。


DSCN2956

写真だとよく分からないかな?!

パイプを磨いたのに漏れは止まりません・・・


DSCN2957

ブレーキパイプも、交換しないとダメかな・・・


DSCN2959

DSCN2960

ブレーキパイプも、交換させていただきます !


DSCN2962

取り付けは、まるで知恵の輪のようです。

エンジンが無ければ、簡単に交換できそうなんですけどねぇ・・・


CIMG2445

外すのは多少曲ってしまっても問題ありませんが、付けるパイプは

なるべく曲げないようにしたいですからね。


DSCN2963

なかなか苦戦しましたよ。

それでも、何とか車両に収まり、


DSCN2964

パイプを交換することができました !


DSCN2965

本日、2回目のエアー抜き開始 !


DSCN2966

リヤからも。

各輪、しっかり2回ずつエアー抜きしました。


DSCN2968

ここまでは、フルードの漏れはありませんね !


DSCN2969

試乗後も漏れが無ければ、作業完了です。


DSCN2971

試乗から戻りました。

片効きも無く、効き具合、ペダルの踏み代ともに良好です。

取り付けた左側のブレーキパイプに漏れは無く、


DSCN2970

問題の右側も漏れてません !

作業は、これで終了ですね。


BlogPaint

最後に、灯火チェックを行ったんですよ。

すると、スモールランプが幾つか点灯しませんでした。

左リヤのスモールランプと、


DSCN2977

右フロントのスモールランプが点灯しません。


DSCN2975

DSCN2976

ナンバー灯は全滅ですね・・・

TUM様、修理してもいいですか? ご連絡、お待ちしてます。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

7/28

メカ山田です。

スモールランプは、何故点かないのか?本日点検してみました。


DSCN3024

てっきりバルブ切れかと思い、バルブを交換してみたんですよ。

ところがバルブを交換しても点灯せず・・・


DSCN3025

ソケットまで電気が来てないので、点くはずがありませんよね。


BlogPaint

ヒューズ切れを疑い、ヒューズを点検してみました。


DSCN3026

すると、後付けされた車内のヒューズボックスに、1本配線が抜けてるのを発見 !


BlogPaint

ヒューズボックスに配線を挿し直すと、リヤのスモールランプが点灯 !


BlogPaint

DSCN3028

点灯しなかった他のランプも、電源は同じだったみたいですね。

全て点灯するようになりました !

結局バルブ切れはありませんでしたね。 とにかく直って良かったです。


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002