曽根です。


夏休みの自由研究

お題は、ノーマルエンジンのままもっと速くしたい・・・

CIMG5148

ミッションのドロップギヤから異音が出てたのと、

ウォーターポンプから冷却水が漏れてきたので、

エンジン降ろして一気にリフレッシュ作戦です。

ミッションは、街乗りを重視して、クロスでもストレートでもなく、

普通にノーマルミッションをオーバーホールしたものに交換します。

ただしサーキットも走るので、オイルのセンターピックアップにはしとかないとね・・。






そして、メインメニューの自由研究のテーマにはコイツを試してみます。

CIMG5310

ミッション交換するなら当然クラッチもオーバーホールするので

軽量フライホイールにするチャンス。。

4年前に初代曽根号では社外の軽量フライホイールに交換したときに

バランス取りの重要さを再確認しました。




今回は、ノーマルフライホイールを高精度な機械加工で3.7㎏まで削り

更にトリガーの位置変更して点火時期を5度進めるように加工したものを使用します。



*これはストックヴィテージの製品でキャメルオートでも注文承ります

 56000円  48000円 エクスチェンジ/スタティックバランス込み) 

38218440_437214200108317_5840524377115852800_n

ノーマル5.2㎏

38186260_437214060108331_5418029857252573184_n

機械加工で削られたフライホイール と トリガー

38207453_437214070108330_502669172593917952_n

3.7kgまで軽量化。。

ノーマル加工は強度的にも信頼できますね。

更に最後にバランス取りします。 

ダイナミックバランスが最善ですが、

スタティックバランスでもかなりの精度まで追い込めるのは4年前に実証済み。。

今回はスタティックバランスでいきます。


CIMG5157

今回のツボ 『5°進角させたトリガー』です。。

ECUに魔法 での進角は負荷がかかった時だけですが

このトリガーによる進角は そのECUも騙して(笑) さらに全域で進角がかかります。




CIMG5306

エンジン降りました

DSCF0387

せっかくなんで老朽化してるブッシュ類は交換


DSCF0385

適度の硬さと耐久性でドゥトレーディングオリジナルのABRをチョイス。


DSCF0384

同じく ロアームブッシュも・・・

DSCF0393

ドライブシャフトが抜けてるうちにアウター&インナーブーツ交換

DSCF0397

今回、修理する大きなきっかけになったのが、この水漏れしたウォーターポンプ。。


DSCF0398

サーモスタットは一度も交換されてないようでした。

水路洗浄でヒーターコアから出てきた錆水から過去の水路の状態を推測してましたが

このサーモスタットがその証人になりました。。。



DSCF0400

さて、いよいよクラッチ&フライホイール交換・・

DSCF0401

ドロップギヤ周辺から出てた金属音はこんなカスを出してました。


DSCF0403

きれいに洗浄・・

DSCF0404

フォーク プランジャーも交換ね。。

DSCF0405

オーバーホールされたミッションと交換して

CIMG5328

積み込み

CIMG5351

ラジエターは真鍮&銅製のコア増しをチョイス。


CIMG5706

レース参戦中のワークスATも同じラジエター使ってます。


CIMG5751

きれいにペイントされたリビルトミッション。。。


CIMG5753

エコマックスアイオンでマフラーのプラスイオンを取って排気効率が上がる・・

先日の魔法学部の研究員たちの成果を実践しておこーっと

CIMG5755

出口に近いほうが良く抜けたんだっけな。。。



CIMG5756

マフラーによって多少の違いはありそうだけど

この前テストしたマフラーと口径も同じくらいだからやっぱりこのあたりがよさそぅ。。

魔法学会へ提出の論文の題名は・・『エコマックスアイオンのメガホン効果』

CIMG5757

うん、確かにマフラーアースする前よりは明らかに排圧の端切れが良くなってるぞ。。♪


CIMG5705

● サイドドラフト型ハイフローインジェクターボディ

● 燃料PECS

● 1つ目のエコマックスアイオンはヘッドボルト + ボディアース

● 魔法学会推薦 バッテリーに2個目のエコマックスアイオン+マフラーアーシング

● ECUに魔法で 点火時期4.5°進角

● 空気に魔法の セラミックエアー

● 水に魔法のリキテック (今回、水回り一式交換で抜いちゃったんでまだ入れてません・・・)

● そして今回の5°進角の加工フライホール!!


と、いろいろやってはいますが、エンジンはノーマルのままです。


CIMG5714

突撃テストでレギュラーガソリンでも通常走行なら、4.5°進角させても大丈夫・・ということは確認しましたが

CIMG5716

更に5°進角させるとなるとやっぱりハイオク入れないとねー。




で、ちょいっと軽く流してみたら・・・

CIMG5721

おっ、違うぞ。。

軽量フライホイールでレスポンス良くなってるし、回転の下がりもスムーズなのがいいな。。

アイドリングでの振動がやや増えたのは軽量フライホイールと点火時期5度アップの副作用かな。


でも、走りだせばパワフルになったことがすぐわかります。。。。



CIMG5722

前回のレギュラーガソリンでのノッキングテストで使った

3速で坂道を1000rpm以下から登るところは

ノッキングは出ないけど軽量フライホイールで超低速での滑らかさがスポイルされたせいで

エンストしちゃいました。。。。。 

普通じゃ、だれでも2速で登るところだから まぁ問題なし。



CIMG5709

やはり、お楽しみは広い道路での中高回転でのテストですねぇー




ECUが認識してる点火時期よりも実際は5°進んでるので、

表示されてる数字に『5』をプラスしたのがホントの点火時期です。



既にECUに魔法で4.5°進ませてあるのでノーマルに比べて、

9.5°もよけいに進角してるからそうとうなモンです・・・

CIMG5725

865rpmでのアイドリングでは 14+5 = 19°

アイドリングで振動がやや増えたのはこの点火時期の影響が大きそうです。




全開で負荷をかけた時の走行中の点火時期チェック

CIMG5761

3500rpm    22.0+5 = 27.0°


CIMG5763

4580rpm   25.0+5 = 30°

CIMG5764

5190rpm  26.5+5 = 31.5°


CIMG5766

5970rpm   28+5 = 33° 

CIMG5767

一気に伸びあがる感じはノーマルエンジンじゃないぞ・・・・・・

ノーマルエンジンの可能性を絞り出してる面白さがありますね。

CIMG5770

クラッチ修理やミッション修理の際にはぜひお奨めの プラスワンチューンですぞ。。

まだもう一つ、水回りパーツ交換で抜けちゃったリキテックを入れる楽しみが残ってます・・・ウヒヒ♪





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002