CIMG1021

メカ山田です。

前回、オイル交換で初キャメルだったKRK様が、

PECSの清掃でご来店です。


CIMG1055

あれから、10か月が経ちました。

この間の走行距離は1500kmほど、あまり乗られてないんですね。

前回、ドレーンの鉄粉は多めでしたね。

良くない(壊れちゃう)リビルトオートマに換装されてる疑いがあったので、

点検のためにも、早めのPECS清掃は大切ですね。


CIMG1056

はたして、PECSの状態は?

ネットには、剥がれた摩擦材が多数付着してます・・・


CIMG1058

分解してみると、PECSに付いた鉄粉もかなり多いです。

コア増しタイプのPECSが、1500kmでこの状態とは・・・


CIMG1059

清掃後のPECSはこんな感じです。

あの鉄粉の量は、正常なオートマなら50000kmは走行してる感じ、いや

それ以上です・・。


CIMG1061

残念ながらミッションは、良くないリビルトオートマに換装されてるみたいですね・・・

オイルが少し抜けたので、補充します。


CIMG1023

とりあえず安心オートマにした場合、一緒に作業するとお得な作業もありますからね。

安心点検でその辺りを点検してみましょう。


CIMG1024

点検は試乗から始めましたが、ストールテストでは前進で滑りあり。

その他、発信時にジャダーがあるなど、オートマの状態はあまり良くないです・・・


CIMG1027

CIMG1028

オイルは減りも無く、ガソリン臭も少ないんですけどね。


CIMG1036

ECUチェックでは、クランク角センサーのフォルトが入ってました。

前回は、ノーフォルトでしたね。


CIMG1037

CIMG1038

CIMG1039

CIMG1040

CIMG1041

CIMG1042

CIMG1043

CIMG1044

センサー値に異常は無く、一過性のフォルトかもしれませんね。

フォルトは消去したので、次回まで様子を見てみましょう。


CIMG1032

不具合は、前回と大体同じでした。

安心オートマにする時はドライブシャフトを外すので、ドライブシャフトブーツ

はその時に交換するのがお得ですね。


CIMG1033

同様にナックルジョイントも、あと少し分解すれば交換できます。


CIMG8005

そこまでやるなら、潰れたラバコンも交換したいところですね。


CIMG8009

ということで、新しいラバコンとショックの乗り心地をおとーと君で

体感していただきました。


BlogPaint

今日新たに見つかったのは、ブレーキのPバルブのフルード滲みです。

エンジン、ミッションを降ろせば、こちらも交換するのが簡単になりますね。


CIMG1048

Pバルブの交換でフルードを抜くなら、ヒビ割れ始めたブレーキホース

も交換したいところです。


CIMG8020

全てを修理すると高額修理になるので、悩ましいところですね。

でもぜひ安心オートマにしてください。


BlogPaint

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002