曽根です。



車検で入庫したTKH様 

オートマの99年式40thアニバーサリーです。

CIMG7593

アニバーサリーは内装素敵ですね。。

CIMG7594

車検で入庫した時から気になる症状がありました・・・

CIMG7627

エンジンかかってもしばらく油圧警告灯が消えません。

お預かりしていた10日間にエンジン始動のたびに

10秒で消えたり、30秒で消えたり・・・

あんまり消えないんで心配になって一度エンジン止めて再始動したら消えたり・・・

油圧警告灯が消えてるときは普通に走るので

油圧のプレッシャースイッチの故障の可能性も考え実際の油圧を測ってみることにします


BlogPaint


オイルの経路を再度チェック。

オイルポンプで吸い上げられたオイルは、その全量がオイルフィルター(黄色い枠)を通ってから

オートマの内部機構のバルブボディ(緑線の枠)に行って、

そこでエンジンに油圧(赤い矢印)を分配しています。


CIMG1399

プレッシャースイッチを外して・・

CIMG1400

アナログの油圧計を取り付けました

これでエンジン油圧を見ます。

エンジン油圧は上の図の 赤い矢印からでてきた油圧です。


CIMG8411

ポンプから吐き出されたすべてのオイルはフィルターを通るので

ここで油圧を測れば、オートマに掛かってる全油圧がわかります。


CIMG8413

奥の小さな油圧計がエンジン油圧

手前の油圧計がフィルターに掛かってる全油圧


ここでエンジンスタート!

CIMG1456

約1000回転



このビデオを撮影した時は、

エンジンをかけた直後は油圧ゼロでしたが数秒後に油圧がかかりました。

わかったことは、フィルターヘッドに油圧が掛かった時点で

すぐにエンジンにも油圧が届いているということ。


逆に言えば、エンジンの油圧ランプが点灯しているときはフィルターヘッドにも油圧がかかってないということです。

ということは・・バルブボディ内での分配による異常ではないことがわかります。






そして翌日

車検が終わって納車のために動かそうと思ったら・・・・・・



油圧警告灯が1分経っても消えません。

BlogPaint

エンジンの潤滑が心配で 上からオイルを補充しながら何回か試しましたが

まったく消える気配がありません。

オートマにも油圧がかかってないのでシフトを動かしても全く反応がありません。

CIMG8443

という経緯で安心オートマにすることになりました。

車検でお預かりしてから油圧異常発覚までのブログはこちら・・・・・





9月22日追記

BlogPaint

寝静まったころに・・・(笑)

DSCF0873

エンジン降ろしました

DSCF0872

傷だらけのラジエター・・・・・ 交換ですね。。


DSC00176

じゃ、九州までひとっ走りで運んできま~す!!



~  ~  ~  ~  ~  ~


DSCF2679

油圧ゼロの原因は、オイルポンプのガスケット抜けでした。。

詳細は 作業レポートで・・


~  ~  ~  ~  ~  ~



10月14日追記


DSC00175

油圧はもちろんばっちり。。。そして安心オートマになって戻ってきました。

九州で、別の試験車両に乗せて試運転まで完了してます。




積込開始です。

DSCF1071

エンジンマウント

DSCF1073

PTCの配線が焼けてましたので

DSCF1074

この辺りで乗るにはPTCは無くても問題ありませんので、配線カットしてる車両もあるようですが

直しておきます。


DSCF1075

ラジエター、ホース、ジョイントパイプは交換。

DSCF1076

ウォーターポンプ、 サーモスタットは流用しました。

DSCF1077

ECUラバーも交換

DSCF1080

オイル注入  プロステージ10W40です。

DSCF1081

積込完了。。。

DSCF1082

最後にクーラーガスチャージ。。

効きが良くて漏れにくいCOLD12です。。


DSCF1083

完成です。







10月16日追記



DSC00523

DSC00700

リニューアルされた冷却水にリキッテックの入れ直しです。。。。

DSC00511

エンジンかかって油圧ランプは即消えます。。 OKね。


DSC00509

試運転します。

DSC00510

タイムラグなし、 スムーズなシフトアップ・・・  

これならOK


DSC00527

戻ってきたところで電動ファンが回ってました。  作動OKです。


DSC00513

納車直前のECUチェックしておきます。

エラーなしのノーフォルト。。

DSC00514

マルチ画面も異常値なし。。 OK

DSC00515

バキューム30kpa   OK

DSC00516

水温

DSC00517

吸気温  

DSC00518

電圧  OK


DSC00519

O2センサー作動OK


DSC00520

燃調補正OK。。。




最後に Dレンジに入れた時のMAP値は 48Kpaでした。

DSC00521

トルクコンバーターまで負荷かけて抵抗が大きすぎないかのチェック。。

問題なし OKです。




10月18日追記

DSC00703

お待たせしました。

DSC00704

もう油圧の心配はしなくていいし、

車を乗り換えたと同じくらいのリフレッシュ感がイイですね

DSC00706

快適な安心オートマを楽しんでください。

そして、最初のオイル交換は1000kmでいらしてください。

BlogPaint

ありがごうございました。









にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002