CIMG8699

SBS様、いらっしゃいませ。

前回、エンジンが掛からなくなってレッカー入庫されたSBS様がご来店です。

担当は、メカ山田です。


CIMG1856

今日は、オイル交換とお車が左に流れるとのこと。

前回もオイル交換を行ったから、4か月振りになりますね。


CIMG1857

お車が左に流れるのは、タイヤが原因かも。

後で、左右のタイヤを入れ替えてみましょう。


CIMG1858

走行は5000kmと少々多いのに、オイルが250ccくらい多めでした。

減ってたのなら分かるのですが・・・


CIMG1859

恐らく、燃料希釈でオイル量が増えたのでしょう。

ガソリン臭、結構強いです・・・


CIMG1860

ECUチェックは、今回もノーフォルトです !


CIMG1861

CIMG1862

CIMG1863

CIMG1864

CIMG1865

CIMG1866

CIMG1869

センサー値も、前回とほぼ同じ。


CIMG1867

CIMG1868

O2センサー、フューエルトリムも変わってませんね。

これまで、排ガスは車検基準をクリアしてますが、一度精査したいところです・・・


CIMG1871

それでは、オイルを抜きます !


CIMG1872

今回、茶こしに異物が出てきました。

プラスチックと、ブロンズの破片みたいです。


CIMG1883

ドレーンも、こんな状態です・・・

燃料希釈が多かったのが、原因の一つかもしれませんね。

燃料希釈が2%を超えると、オイルとしては交換時期です。

腐食摩耗を起こして、損傷することがあります。


CIMG1881

タイヤを手で回すと、カチカチと嫌な音がしますね。

これは、IWN様の時と同じような状態です。


カルテ

前回よりもドレーンの鉄粉が増え、ミッション内部で確実に何かが起こってるみたいです。

ミッションをオーバーホールする時期も近そう。 準備をはじめてくださいね !



CIMG1876

CIMG1877

ナイロンベアリングの摩耗やナックルジョイントのブーツ切れなど、

基本的に不具合は以前と変わってませんでした。


CIMG1880

フロントサブフレームマウント取り付け部のボディーに、クラックがあります。

このクラックは、前回までは無かった気がするのですが・・・


CIMG8735

SBS様、ミッションとボディーのクラックは早急に修理してくださいね。


CIMG1885

CIMG1886

リフトアップしてるこの間に、左右のフロントタイヤを入れ替えます。


CIMG1887

オイルを入れれば、試乗できます。

左に流れてたお車に、変化があるのか?

ミッションの保護のためにも、SOD-1は今回も入れましょう !


CIMG1888

プロステージ10W-40を入れ、試乗に出発です。


CIMG8750

今度は、SBS様と一緒に試乗します。


CIMG1889

何でも、リヤからコトコトと音がするとのことでしたが・・・

残念ながら、音を確認することはできませんでした。

それよりも、今度は車が右に流れるんだけど・・・


CIMG1891

タイヤを入れ替えたら変化があったので、今度はタイヤを前後ローテーションしてみます。


CIMG1890

再び試乗してみましたが、やっぱり少し左に流れますね・・・


CIMG1892

CIMG1893

こうなれば、テンションロッドを調整します !


CIMG1894

これでお車も、ようやく流れなくなりました !


CIMG1899

SBS様にも確認していただき、OKをいただきました。

これで作業は終了です !


CIMG0687

SBS様、お待たせしました。

ミッションとボデイーのクラックが気になりますね・・・

これ以上被害を大きくしないためにも、早く修理しましょう。

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002