曽根です。



GUK様。 

新車からずっと乗ってるキャブクーパーの冷却水の補充しようと

ラジエターキャップをちょこっと開けたら茶色の液体が出てきて・・・・

ネット検索したら キャメルオートで水路洗浄してる動画を発見!

で、即水路洗浄のご予約いただきました。。

DSC00159

で、ご予約いただいた今日は生憎の雨でしたが仮設テントで決行です。

DSC00146

じゃ、始めましょう。。


DSC00147

ラジエターキャップ開けたら ・・・・・・・


うーんこれは。

CIMG1054

錆汚れが漏れの穴を塞いでて漏れが止まってるケースがあるのです・・・。

そうすると、洗浄で汚れが取れると水漏れが発生する場合もあります。。

水路洗浄はやらなきゃならないんですが、あまり汚れてる場合は漏れのリスクも

覚悟しなければなりません。。

GUK様にもご理解いただいて洗浄進めます。。

DSC00149

室内にも臭いがするとのことですが、

まずはヒーターコアの漏れからチェック
DSC00152

あぁ~ ヒーターコアからも 錆色の水が漏れてます。

ヒーターコア交換は今後の整備計画に入れておいてください。

DSC00153

漏れはありますが、ヒーターコア内の洗浄もしなければなりません。

ヒーターコックを開けて冷却水を通します

DSC00158

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始


BlogPaint

カメラの露出オーバーで肝心な水温が写ってませんが90℃です。

DSC00163

その時の水温計はちょうど真ん中。。

いつも真ん中より上の辺りで安定してる・・・とのことですので

普段から水温はだいぶ高めですね。


DSC00165

錆も強烈ですが、腐敗した臭いも強烈です。

何年も培養してしまった感じ・・・

サーモスタットは開いていますが、下から沸いてくる感じは

サーモの開弁量が足りないケースも考えられます。

沸騰して湧き出そうなのでラジエターキャップを締めときます。

DSC00175

温度は、ラジエターアッパータンクの外側から非接触温度計で測りました。

113℃まで上がったところで、

DSC00170

電動ファンスタート。


DSC00176

DSC00177

99℃まで下がってストップ。

DSC00179

この位置でだいたい100℃。

いつもこのあたりで走ってるんですね。

今回の水路洗浄で平均水温が下がってくれるといいんですが・・・

DSC00180

エンジン止めてあ内圧が上がったらラジキャップの真ん中のカシメの部分から漏れ。。

ラジエターキャップは交換ですね。




さぁ、今から排水しますよ~

凄い汚れがでてきますから見ててください・・

DSC00182

その瞬間を写真撮っとかなきゃ・・・ とGUK様。


DSC00184

予想通り・・ まっ茶色の液体です。

しかも、排水チューブに2本吸い上げても まだまだ茶色。。。

汚れ選手権があれば、ベスト8は確実。。 ベスト5に入ります。


DSC00188

給水しながら、順回転で水を流した状態で排水が透明になったところで

ラジエター口から逆流で汚れを吸い出します。

DSC00190

チューブ2本吸い上げてもまだ茶色のまま。。

ラジエターコアにもかなりの錆が詰まってるようです。


DSC00193

透明になるまで吸い上げてからラジエター内部を覗いたところ。

コアにガッチリ詰まってしまった汚れは少々逆流で水を流しても出てきません・・・。

すでにコアの半分は詰まってしまってる感じです。

ラジエターの冷却能力はかなり落ちてます。

DSC00198

次は、ヒーターコアの逆流すすぎ。

DSC00199

ラジエターから水を供給しながら、ヒーターコアの入り口のホースから吸い上げます。

DSC00200

こっちもまっ茶色。。

ヒーターコアはすでに漏れてたので、これだけの汚れが取れて

更に漏れてくる可能性あります。

ヒーターの下にタオルでも敷いておいた方が良さそう。。


DSC00202

洗浄とすすぎが終わって、クーラントを入れてますが

詰まってるのでラジエターの飲み込みが悪いです。。

コア増しの新しいラジエターに交換したら、水の流れがだいぶ良くなるでしょうね。。

DSC00203

強力防錆、防蝕、 そして消泡・・・

水路を守り、冷却力も援護する鉄エンジンのMINIには欠かせない水路サプリ。。。

クーラントブースターを入れて今日の水路洗浄は完了です。


ホントは、ここで 『水に魔法のリキテック』 をお勧めしたいところですが

2週間前後は、漏れてくるリスクがあるので今日はやめておきます。





ちょっと気分転換も兼ねて・・・

キャメルの壊れない安心オートマのおとーと君に試乗してもらいました。

DSC00191

アレックモールトンのニューラバコンと カヤバショックの組みあわせの

乗り心地を体感してきてください。




オートマは普通の国産車と変わらないフィーリングで、

乗り心地もいいね。。 

足回り総リフレッシュも、長期整備け計画の中に入れておいてください。

DSC00205

初キャメルで、オイル交換もお奨めしようとオイルチェックしたら

まだ交換したばかりでたいへんきれいな状態だったんで

オイル交換しないで、磁力型オイルフィルターPECSだけを取り付けることにしました。

DSC00207

ノーマルの紙フィルターを通り越してしまう30ミクロン以下の微細な鉄粉も

100%吸着することで、2次摩耗、3次摩耗を防ぎ、エンジン、ミッションの摩耗を激減させます。

摩耗のきっかけは、鉄粉なのです。 鉄粉を取り除けば摩耗の大半は防げます。

しかも、通常摩耗のミッション車なら5万キロはお掃除無しでイケます。


DSC00218

フィルターを外して減った分だけオイル補充しておきます。


DSC00210

せっかくリフトアップしたので軽く点検

DSC00212

右側の足回り。。

ガタもなく良く整備されてました。 ブーツも交換されていてヒビもありません。

DSC00213

左側。。 こちらはドライブシャフトブーツにヒビがあり要観察です。

ステアリングギヤボックス内のナイロンベアリングにガタが出始めているので

そのうち左からコトコトと振動を感じるようになると思います。

近いうちに交換お奨めします。

BlogPaint

気になったのは、右のフロアの錆。。

フロントのジャッキポイントを間違えてフロアに掛けてしまって歪んだのがきっかけで

冬の融雪剤によって進行してしまったようです。

まだ一部分の補修で済みそうなので早いうちに修理したいところです。


DSC00221

お待たせしました。 本日のメニュー完了です。

PECSを付けると、すぐに体感できますが、毎日少しづつ変化していきます

蘇って元気になるエンジン&ミッションをお楽しみください。。。

BlogPaint

いくつか課題もでてきたので、少しづつメンテさせていただければと思います。

またのご来店をお待ちしております。

ありがとうございました。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002