曽根です。


来店のたびに魔法で快調になってるKSK様

前回も 魔法チューン3連発 『エコマックスアイオン+ ECU魔法入門版 + セラミックエアー』

で、さらに静かに、トルクフルになって、行きつけのMINIショップでも

『変わったねぇ』 と言われたそうです。。

DSC00644

で、今日は5回目のセラミックエアーと魔法学会推薦のアレ・・・・


CIMG2429

アーシングやりましょうか。。。

CIMG2437

じゃ、今日はMINIも更に喜んでもらえるメニューで・・・

DSC00648

じゃ、まずはオイル交換ね。。

前回はまだ乗り始めて1000㎞だったんでPECSだけ取り付けました。


DSC00649

その直後に、オイル交換されてるそうなので、これは約1500㎞走ったオイルですね。。

強烈な右コーナーに備えて?  多めのオイルです。

多すぎると内圧も上がりやすくなるので通常走行の場合はアッパーラインがよろしいかと思います。

DSC00650

ガソリン臭は少ないです。 エンジンコンディションは良さそうですね

DSC00651

ブレーキフルードはきれいです。

DSC00652

クラッチフルードはやや汚れ始めてます。

定期的にタンク内だけでもフルード交換をお奨めです。

DSC00653

ヒータージョイントパイプが樹脂製のままですね。





ここで、KSK様に助手席に乗ってもらって試運転させていただきました。

BlogPaint

足回りからのガタも感じることなく、しっかりとした印象

エンジンもミッションも快調で よく整備されてる感じです。

CIMG2457

快調なのは魔法もかなり効いてますよねぇ~



オイル抜く前にミニモニチェック

DSC00655

前回はフォルトが3つ出てましたが今回はフォルト無し。。

問題なさそうですね。

DSC00659

マルチ画面。。

アイドル回転、  アイドル認識   短期学習による燃調補正

スロポジ電圧   ステッパー値   すべて規定値内でOK

DSC00660

バキューム値も良好。。


DSC00662

水温、

DSC00661

吸気温


DSC00657

O2センサー 稼働してます

DSC00658

O2センサーの情報を受けて、燃調補正は ▲6%


DSC00656

電圧も元気いっぱい。。。

ミニモニのライブデータはすべて良好でした。





つづいて下回りチェック

DSC00663

試乗でもまったくガタを感じなかった足回り。。

ドライブシャフトブーツの小さなヒビがある以外はすべて良好!


DSC00666

コイルサスだったですね。。。 

コイルがずれないようにリバウンドバッファーが経たったら切れる前に交換していきましょう

DSC00667

左の足回りもすべて良好


DSC00668

オイル漏れも少ないですね。

DSC00669

左側のインナーブーツから滲みがあるくらいでした。

DSC00672

購入時にコイルサスにしてもらったんでしたっけね。。。

いつか、ラバコンのしっとりとした乗り味も試してみてください。





ではオイル抜きます

DSC00673

飴色のまだきれいなオイルが出てきました。


DSC00674

茶こしセンサーには何も引っかかってません。。 優秀。。

DSC00675

そして、気になってた ドレンボルトの摩耗粉。。

1500㎞にしてはやや多めですが

すでにPECSが付いてるので、ドレンに付く摩耗粉は1次摩耗だけのはずです。

ミッションオーバーホールしてから間もないということなので

当たりが出てくるまでの初期摩耗でしょうか・・・。

BlogPaint

カルテを作成しましたので、今後の状況を見ながらPECSの清掃時期を決めましょう。


DSC00678

入れればわかる SOD-1

分解した汚れはエステルが電着して離しません。 ピストンリングの固着も復活の期待もできます 

電着油膜は硬くなくてもしっかりした膜はシフトフィーリングですぐにわかります。

エンジンにもミッションにも効くので、MINIに最適な添加剤です。


DSC00679

オイルもいろいろ味があって比べると自分の好みがわかってきますよ。。。

厚くて柔らかい油膜の プロステージS に対して

薄くて硬い油膜のハイレスポンスオイル 4CT-S 

年内はオイルの味比べキャンペーンやってるので試してみてください。


DSC00680

ということで、4CT-Sの味見することにしました。

DSC00677

アンダーガードも綺麗にして・・

CIMG2465

冷却だけを考えるとアンダーガードは無いほうがいいんですけどね・・・

でもやっぱり心配だから付けといてください。。。


CIMG2498


グリスアップしてオイル交換は完了です。

DSC00681

オプションで燃焼室洗浄のRECS。。。

燃焼室内でカチカチになったカーボンを柔らかくして燃えやすくしてくれます。

施工後2週間、または300㎞走行の間、カーボンを燃やし続けてきれいにしてくれます。

これも、エンジンが軽く回るようになって魔法のようです・・・♪

DSC00682

前回の 『ECUに魔法』 は入門版の2.5°進角でした。。

DSC00686

今回はRECSで燃焼室も綺麗になったし、さらに進角の魔法かけられます。

BlogPaint

アンドロイド君が4.5°進角まで 魔法かけてくれました。

DSC00687

ご利益のお札貼っておきます。。。

CIMG2472

それと、魔法学会推薦のマフラーアーシング。。。


BlogPaint

バッテリーのマイナス端子もキレイキレイに・・

CIMG2480

とにかく電気の通りを良くしてあげましょう。。。

導通グリスでこれからずーっと接点を守ってもらいます。

CIMG2481

バッテリーのマイナスとボディをつなぐアースボルトを長いものに交換して

CIMG2485

床下に貫通させます。

BlogPaint


CIMG2493

まずはマフラーの先端付近の静電気を狙ってアースベルトを付けます。


DSC00699

かなりキャメルの魔法には慣れてきたつもりだけど・・・・

やっぱりなんか怪しいよねぇ・・・これ(笑)

CIMG2494

機能美です。。  ← キッパリ

CIMG2495

そして、最後の仕上げは 魔法の元祖 セラミックエアー

DSC00702

KSK様は すでに5回目ですが入れる度に体感できます。。 。


CIMG2499

さーて、今日も変化が楽しみですねー。


CIMG2500

じゃ、帰りの圏央道を ぶっ飛ばして 安全運転で お帰りください。

ありがとうございました。



~  ~  ~  ~  ~

そして夜。。  さっそくインプレいただきました。。。



『今日の結果ですが、シフトチェンジが滑らかになりました。
 
ローに入れる時、独特の引っ掛かりがあったんですが、

それが全くなくなっていました。これってオイルの影響だと思います。
 
その上のギアも入りが滑らかでした。 


エコマックスアイオンとECUの魔法ですが、

高速ではさらにもう少し踏み込めそうでした…が、

そのタイミングで故障車渋滞に巻き込まれ踏めず、

その後、小田厚のストレートに期待をしたら覆面パトカーが

目の前でスピード違反を取り締まっていて踏みこめませんでした。
 
でも、高回転域の加速がよくなり、音も静かになった印象です。』


Image1 
ありがとうございました。

覆面につかまらなくて良かったですねー♪




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002