DSC01133

YNG様、いらっしゃいませ。

前回、ヘッドライニングの張り替えで来店されたYNG様が、

ルームランプが点灯せずご来店です。

担当は、メカ山田です。


CIMG3104

ヘッドライニングを張り替えてから、ドアを開けてもルームランプが点かなくなったとか・・・


CIMG3105

点検してみると、3本ある配線を挿し間違えてたみたい・・・


CIMG3106

お騒がせして、すみませんでした・・・

せっかく外したので、節点グリスを塗布しておきますね !


BlogPaint

さて、今日は他にも前後のフォグランプが点灯しないので点検します。

フロントフォグは、真中の2つのランプが点灯しません。


CIMG3108

真中の2つのフォグは、純正ではなく社外のフォグランプとのこと。

だとすれば、何処かにリレーがあるはずです。

これかな?怪しいリレーを発見 !


CIMG3111

リレーまでは電気が来ていて、短絡させるとフォグランプは点灯しました。

このリレーが、フォグランプのリレーみたいです。


CIMG3114

リレーを作動されるための電気が、リレーまで来てないんですよ。

配線を辿ると、車内のフォグランプスイッチに。

スイッチにも電気が来てません・・・


CIMG3116

配線は再びエンジンルームに戻り、左フロントのスモールランプから

電源を引き出してましたが、そこが接触不良を起こし、電気が来てませんでした。


CIMG3117

接触不良を修理すると、今度はリレーまで電気が来るようになりました !


CIMG3119

これでフォグランプも点灯するはずです。

導通グリスを塗布して、リレーを付けます。


CIMG3120

資料が無く、点検するのは大変でしたが、これでフォグランプも復活 !


CIMG3122

残るは、このリヤフォグランプです。


CIMG3125

ランプ内で接触不良を起こすことがよくあります。

初めは、ランプを手で叩けば点灯するだろうと軽く考えてたのですが・・・

フォグランプまで電気が来てませんでした。


CIMG3124

また配線を辿るのか・・・

そう思いながらトランク内のギボシ端子を点検すると、その端子が

接触不良を起こしてるのを発見 !


CIMG3126

端子を清掃し、接点復活剤を塗布。
 
すぐに原因が見つかって良かった・・・


CIMG3128

これで、リヤフォグランプも復活です !


DSC01169

DSC01170

最後にセラミックエアーを施工して、今日は終了です。


DSC01175

YNG様、お待たせしました。

ルームランプはご迷惑をお掛けし、すみませんでした・・・

セラミックエアーの乗り心地を体感しながら、気をつけてお帰り下さいね。


BlogPaint

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002