( ´ー‘)ゞ 牛すじ煮込みをつまみながら黒糖焼酎ロックでいきたいですね~の石川です


前回初キャメルでオイル交換とPECS取付したOT様。


CIMG3064


前回見つかった不具合箇所を修理する為にご来店ですヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint


今回メインはダウンパイプとギアレバーハウジングの接触改善ですね^^;
え?リアのラバコン周り交換の方がメイン?


CIMG3069


作業の進捗状況はこのブログに追記しますので着工までしばらくお待ち下さい^^


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

10/29

メカ山田です。

OT様、お待たせしています・・・

入庫から1週間、ようやく作業開始します !


CIMG3583

早速、ガソリンタンクをずらします !

今回は、なかなか盛り沢山の作業内容になりましたね。


CIMG3584

その中から、これが今回のメインでしたっけ?

まずは、ラバコンとショックの交換から始めます。


CIMG3585

ショックが外れてしまえば、


CIMG3586

ラバコン、ハイローも一気に外れるのがリヤの良いところ。

フロントは、こうはいきませんからね !


CIMG3590

ラバコンとハイローは、固着して外れず・・・

かなりの長い期間、ラバコンを外すような作業が無かったのかな?

なので、こんな状態で。  ラバコンの潰れ具合はこんな感じでした。


CIMG3587

ナックルジョイントはブーツが外れてたものの、カップに割れはありませんね。


CIMG3588

おかげでラジアスアームも、損傷はありません !


CIMG3589

新しいナックルジョイントを装着。


CIMG3591

続いて、ラバコンとハイローも新品に交換します !


CIMG3592

ショックは、カヤバのガスショックをご選択です。

ラバコンも新しくなったし、乗り心地が激変するかな?!


CIMG3595

左は、大体組み上がりました !


CIMG3605

CIMG3606

タンクを戻す前に、テールランプのガスケットを交換します。


CIMG3607

左は、タンクをずらさないと交換できませんからね !

なのでこの機会に、今回は右側だけ交換します。


CIMG3608

同様に、タンクのネックシールも交換します。

これも、タンクをずらさないと交換できませんからね !


BlogPaint

これでタンクを戻すことができます !  ようやく、左側終了です。


CIMG3596

右側はタンクが無いので、


CIMG3597

あっという間に、分解完了 !


CIMG3599

こちらもナックジョイントに割れは無かったので、ラジアスアームも無傷でした。


CIMG3600

CIMG3601

今回は、リヤの足回りだけをリニューアルされましたからね、


CIMG3602

CIMG3603

次は、フロントもリニューアルしたくなるんじゃないですか?!

これで、ラバコンとショックの交換が終わりました。


CIMG3609

続いて、もう一つのメイン?シフトマウントとダウンパイプを交換します。


CIMG3611

ダウンパイプに押され、シフトマウントがかなり傾いてますね・・・


CIMG3610

ダウンパイプを交換すれば、マウントも押されなくなるかな?


BlogPaint

まぁ、とにかく交換してみましょう !


CIMG3614

今ならダウンパイプが無いので、シフトマウントの交換も楽にできそう。


CIMG3616

なので、ダウンパイプを付ける前に交換しちゃいます !


BlogPaint

いよいよ、ダウンパイプを付けます。


CIMG3619

これで、ダウンパイプとギヤレバーハウジングは当たらなくなるのか?・・・


CIMG3620

結構、隙間ができましたよ。

これならダウンパイプが動いても、ギヤレバーハウジングに

当たらなそう。 良かったですね !


CIMG3621

これで、今回のメインは終了かな?! 


CIMG3622

とはいっても、作業はまだ残ってます。

続いては、タペットカバーパッキンの交換とバルブクリアランスの調整です。

マップ値が27kpaとは、かなりクリアランスは広めな予感・・・


CIMG3624

この作業は、パッキン交換とバルブクリアランス調整のどちらがメインなのかな?


BlogPaint

いつものようにパッキンを貼り付け、接着剤が乾くまでの間に

バルブクリアランスを調整します !


CIMG3626

調整前に、今のクリアランスを測定。

全体的に0.6mm以上とかなり広めで、タペット音が大きかったのも頷けますね・・・


CIMG3627

バルブクリアランスは、0.35mmに調整しました !


CIMG3628

接着剤も、そろそろ乾いたことでしょう。 タペットカバーを装着 !


CIMG3631

エンジンを始動すると、タペット音も静かになりましたね !

クリアランスが0.35mmだと、マップ値も大体このくらいで予想通りです。

残る作業は、ヒーターコアの交換ですね。 その前に、水路洗浄も行わないと・・・

今日はここまでで終了です。  OOT様、もうしばらくお待ちください。





10月30日追記

CIMG3969

ではヒーターコア交換前の水路洗浄始めます。


DSC02030

今回交換予定のヒーターコア・・・・・・かなり漏れてますね。。

ETCユニットにも垂れた跡があります。。。。

ヒーターに繋がるパイプも含めて洗浄しておきます。

DSC02032

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始


DSC02033

エンジン始動直後は、エンジンの水温センサーもラジエターに挿した温度計も27℃。


DSC02036

あれ・・・ エンジン側の水温と ラジエターの温度がほぼ同じに上昇しちゃってます。

DSC02045


DSC02048

エンジン側、 ラジエターともに64℃あたりで 同じ。。。

DSC02049

軽く吹かしてみると、勢いよくラジエターに流れ込んできてるので

サーモスタットは最初から開きっぱなしです。。。。

これから寒い季節でヒーター使うようになれば 水温は上がらずオーバークールです。

インジェクション車は88℃を適温としてECUが燃調を計算するので燃費も悪くなります。

ヒーターコアと同時にサーモスタットも交換の必要あります。

DSC02063

陽が沈むと ちょっと寒いくらいなので

周りを囲んで水温上昇させます。

DSC02068

DSC02069

96℃で電動ファンが回り始めました。


DSC02064

DSC02065

95℃でOFF。。

作動温度巾が狭いですが、実際に負荷をかけて走行すれば

97℃以上なら回り続けるはずですので OKとします。


DSC02073

ラジエターキャップの圧力が足りないようです。。。

水温がそれほど高くない時からリザーブタンクへの出口から排出してしまってました。

DSC02074

排水。。汚れは少なく水路は良好のようです。

これからも定期的な水路洗浄を続けてください。


DSC02075

ラジエター口から逆流すすぎ。。

DSC02077

ヒーターに入るパイプから逆流で吸い上げてすすぎます。


DSC02078

左がヒーターコア  右がラジエター。

両方とも割と汚れは少なく、最近の水路メンテナンスは良かったようですね。

DSC02079

ラジエターキャップ  新旧交代の儀。。


DSC02080

サーモスタット交換、ヒーターコア交換 着工するまで間も

錆びないようにクーラント入れておきます。


11月2日追記


BlogPaint

水路洗浄で不具合が見つかったサーモスタットから交換開始・・

CIMG9188

CIMG9190

新旧交代の儀・・・  古いサーモ君お疲れ様。。



そして、最後にヒーターコア交換です。

CIMG9191

CIMG9192

かなり長期間 漏れてたようですね

CIMG9193

ジョイント部からも漏れてます。

CIMG9196

新しいヒーターコアは、ジョイント部が継ぎ目なしの一体式なので

漏れのリスクはだいぶ減ります。


CIMG9197

取付完了。。     あっ、もちろんヒーターホースは付けますよ(笑)


CIMG9199

クーラント入れて


CIMG9198

鉄エンジンの定番水路サプリのクーラントブースターを入れて完了です。





11月9日追記


お待たせしました。

DSC03124

本日納車でご来店いただきました。。。。

来店時の写真が間に合わず、もう一度入り口から入って来るシーンを撮りなおしたのは‥…内緒ね。



DSC03128

そうそう、セラミックエアーを頼むの忘れてたんで、最後に追加でお願いね。。

DSC03127

了解

キャメルの3重連のセラミックエアーは濃いよぉ~

2回目以降、何回でもいれる度に体感するから、セラミックエアーだけでも入れに来てくださいね。。。

DSC03130

今から川崎陸運局に新しいナンバーをもらいにいきます。。。

BlogPaint

福岡ナンバーとは今日でお別れ・・・・  

ありがとうございました。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002