曽根です。



新車からずっとお乗りのTMT様の98年式オートマのヘリテイジ。

エンジン回転が上がりっぱなしで止まろうと思ってもグングン前に出ちゃうという

ちょっと危険な症状でレッカー入庫してました。

入庫

入庫から点検までのブログはこちらです・・・・・・

DSC00985

立体の地下駐車場の湿気で錆が出てしまったようです。

エンジン回転が下がらないのは、アクセルリンゲージが錆で固着しかけてたのが原因でした。

BlogPaint

リヤはノーマルストラットで車高調整できずにラバコンが外れるという事態で

足回り修理は必要な状態でした。





10月27日 TMT様ご来店いただきました。

BlogPaint

ファーストカーは素敵なカングーですね。。。

DSC01735

状態の確認とご提案させていただき、

安心オートマ と 新ラバコンの キャメルの試乗車のおとーと君に乗っていただき

DSC01734

安心オートマ & ニューラバコン と ボディ補修で 若返り作戦で決定です。

DSC01738

新車以上のオートマ と 新車以上の乗り心地になって戻って来るまで

しばらくお待ちください。。




11月6日追記

安心オートマの前にボディ補修・・

DSC01074

右ステップの錆の修理から・・


DSC01075

地下駐車場の湿気って怖いですねぇ。。。


DSCN5704

広い範囲で錆が広がってるので削って露出させます・・


DSCN5716

赤錆を安定させて進行させないように処置して下地作ります。

DSCN5717


DSCN5719

しばらく錆を抑えることはできるはずです。


DSCN5701

DSCN5702

グラグラしてたドアハンドルは分解して取り付けしなおしました。


BlogPaint

このサブフレームの錆も地下駐車場の下からの湿気の影響ですね


DSCN5722

これ以上進行しないようにシャシーブラックで保護しておきますね。


BlogPaint

凹んでたバンパー交換して

BlogPaint

今回のボディ補修は完了。。

次は水温センサーチェックとオートマ油圧のチェックです。



11月9日追記

BlogPaint

安心オートマに交換する際、エンジンのコアプラグを外して高圧洗浄するので

事前の洗浄はヒーターコアの洗浄と、水温センサーの温度精度チェックの為です。


DSC03146

水路洗浄と同じように、まずは室内のヒーターコアからの漏れチェック

DSC03148

漏れはなさそうです…

DSC03150

ヒーターコア内を循環するようにヒーターバルブを開けます。


DSC03156


サーモスタットが開く温度まで上昇させて、ラジエターの温度と比較して

水温センサーの温度精度をチェックします。

ほぼ同じ温度をさしてます。


DSC03155

水温センサーの方が若干高めに表示して正解です。

水温センサーは流用します。



DSC03217

排水しました。

冷却水にやや臭いは出てましたが排水の色はまだきれいな状態です。

DSC03218

ラジエター口からの逆流吸い上げ


DSC03221

ヒーターコアも逆流で汚れを吸い出します。


DSC03223

両方とも汚れは少ないほうですね。

DSC03224

エンジン降ろすまで 薄目ですがクーラント入れて待機です。




次は油圧チェックです

BlogPaint

MINIのオートマは、MT車と違い、オイルポンプで吸い上げた全量のオイルがフィルターを通ります。

そしてオートマ内部機構のバルブボディで、まずはオートマに必要な油圧を供給してからエンジンに回ります。


DSC03228

油圧チェックはエンジンが温まってから

DSC03229

フロントガラスに貼った油圧計を見ながらギヤチェンジします。

DSC03230





オートマに掛かってる油圧のチェックの様子はこちらから・・・・



つづいて油圧の残圧チェックします

オートマやエンジン内の油路のクリアランスが大きいと油圧を保持できる時間が短くなるので

内部のクリアランスの状態を推測する一つの手段として行います。


30分以上エンジンを掛けて油温も上がったところでのテスト。。

エンジンを止めてすぐにイグニッションをONにしたときに

油圧ランプが点灯するまでの時間を見ます。。。



0秒で点灯。。 ほとんど保持できてないです。。

オイルの粘度によっても変わるので一概には言えませんが

クリアランスは大きいと推測できます。




11月15日追記

DSC03771

エンジン降ろします。


BlogPaint

降りました。。。

CIMG5942

八王子⇔佐賀唐津の通い箱特急に入って旅立ちです。

CIMG5972

りっぱな安心オートマになって帰って来るんだよぉ~



~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

オートマ分解から安心オートマへの作業レポートが届きました。


DSCF5309

クラッチ版はスリットが消える直前で 安心オートマにするグッドタイミングでした。

DSCF5337

カムメタルも交換して油圧漏れに関しては万全を期してます

作業レポートの詳細はこちらから・・・・・・・


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~





CIMG9382

早速積込み;ます。。


CIMG9383

エンジンマウント交換


CIMG9384

純正マウントブラケットは割れやすいので強化品と交換

CIMG9385

ステディブッシュ交換


CIMG9386

ロアームブッシュはエイボンバーのスルスル動くやつ。。

これはイチオシ。。

CIMG9387

ドライブシャフトはアウターもインナーも交換。。

エンジン脱着でドライブシャフト抜いてるので交換のチャンスなのです。。。

CIMG9388

だいぶ痛めつけられてたインナーブーツ。。 お疲れさまでした


CIMG9389

またしばらく頑張っていただきましょう。。!

CIMG9390

ラバコン取り出すのにアッパーアーム外します。


CIMG9391

取り出したフロントのラバコン。。  中でだいぶズレて動いたようですね

あちこちに擦れた形跡ありました

CIMG9392

新旧交代の儀。。。  20年間お疲れさまでした。

見るだけで乗り心地が変わる予感しますねぇ。。

CIMG9393

ナックルジョイントも交代。。


CIMG9396

ニューラバコンをサブフレーム内の定位置に納めます。。


CIMG9401

アッパーアームもセットしてニューラバコン稼働開始です。。。


CIMG9397

純正はアライメントを調整することができませんが、

調整式テンションロッドにしておけば直進調整が可能になります。。

CIMG9398

テンションロッドブッシュ。。。  加速、減速で常に力が掛かってるブッシュ。。

エイボンバーのコイツはなかなかの耐久性でイチオシです。

CIMG9402

こんな感じで取付完了。。。

CIMG9399

ショックアブソーバーは信頼のカヤバのガスショックに交換。

仮に、足回りで何か一つだけ交換する・・・ということになったら

CIMG9400

迷わずこのショックアブソーバーを選びます。。。 

CIMG9441

左タイヤが左右にコトコトと動いて振動してたのは

ナイロンベアリングのガタが原因です。


CIMG9442

摘出成功


CIMG9443

これから活躍してもらうナイロンベアリング。。。


CIMG9444

ステアリングラックの中でまた頑張り続けます。。。


CIMG9403

リヤは車高調整のハイローキットが入ってなかったんで

ラバコンが小さくなった分緩くなって外れてしまってましたね。

CIMG9404

純正のストラットコーン

CIMG9405

しばらく外れたまま稼働してた形跡です。。

CIMG9406

リヤはこれら一式が新しくなります。


CIMG9407

新旧交代の儀・・  第二幕。。

フロントのペチャンコ具合が群を抜いてますね

CIMG9420

左リヤはガソリンタンクをずらして交換します

CIMG9421

リヤサス完成




CIMG9409

ラジエターホースはデルタの3層タイプのシリコンに交換。。

内側がゴムなので密着がいいですね


CIMG9410

CIMG9411

3コアの日本製ラジエターに交換。。

CIMG9414

マフラークリップ交換

CIMG9415

ECUラバー交換

CIMG9416

オイルフィラーキャップ交換

CIMG9417

クーラント入れます


CIMG9418

アイドリング制御に影響のあるステッパーモーターと

CIMG9449

お尻ペンペン (スロポジセンサー)を交換

CIMG9448

スロポジ電圧OK

DSC06641

積込み完了。。

DSC06642

水回りも新しくて気持ちいいです。


CIMG9422

あっ、リヤブレーキのホイルシリンダーからブレーキフルードが漏れてます。。

CIMG9423

しばらく交換されてなかったようです。。

ここは毎車検ごとにカップ交換が必要なところです・・・

CIMG9424

今回ホイルシリンダーAssyで交換してカップを日本製に組み替えます。

CIMG9438

ライニングも表面が硬化してるので磨いておきます


BlogPaint

ドラムも研摩。。。


CIMG9426

パッドはまだ残ってたので面取りしてそのまま使いますね。

次回はカスの出ないディクセルのMパッドをお奨めします。。

CIMG9427



CIMG9445

クーラーガスは 定評のCOLD12を入れておきます。

CIMG9446

クーラーコンプレッサーがカチカチするのはサーモアンプ交換で直ります。



DSC06639

完成検査の試運転。。。

オートマのシフト、変速 すべてOK

DSC06645



ヽ(*´ω`*)  12/ 27 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG1305


ステレオ交換します(`・ω・´)ゞ


BlogPaint


良いのが入っていますね~^^


CIMG1309


今回付けるのはコレ。
何だか良さそうなステレオですね~(*´ー`*)b


CIMG1381


頑張って取付けます(`・ω・´)ゞ


CIMG1392
BlogPaint


ツィーターも取付。
ホントはネジで留めるって書いてありましたが勿体無いので付属の両面テープだけで留めています。


CIMG1388


ではフェードイン♪


BlogPaint


この取付キットはネジ4箇所でネジネジ留めるタイプ。
ビスが飛んでいったら捜索はほぼ不可能です(*_*;


CIMG1390


予備が入っていたので袋に入れてテープで貼っておきます。
どこかにしまっておいてくださいね。


CIMG1391


いい音ですね~^^
時間と周波数合わせて作業完了です(`・ω・´)ゞ


CIMG1394


う~ん・・・ヒーターコアからもあもあ~っと湯気があがってきます。



12月28日追記

今日、引き取りで来店いただくことになりまして・・


DSC08271

八王子駅までリムジンでお迎え・・

DSC08272

TMT様、ご来店です。。。

大変お待たせいたしました。

DSC08274

2019年キャメル旧車カレンダーの中から選んだのは

フェアレディ240ZG!

昭和の日本車は良かったよねぇ・・


DSC08276

安心オートマと 足回りリニューアルで すべてがリフレッシュしてるので

違うクルマのように感じるかも。。。

1回めのオイル交換は1000㎞でお越しください。。

DSC08277

新車のようになった愛車をアチコチに連れて行ってあげてください。。。

ありがとうございました






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002