( ´ー‘)ゞ キムチ鍋つつきながら生ビールといきたいですね~の石川です。


前回7月にオイル交換したOKM様。


CIMG8499


「車検するぜ!」
心なしか前回よりパワーアップしているようですね^^


BlogPaint


お友達が一緒に来てくれたので代車が要りません♪
じゃーそのお友達も一緒にピースお願い(笑)

「こう?これでいい?」

ノリノリですね~^^


CIMG8505


では入庫チェック。
まずは車高から。


CIMG8509


う~ん残念。
車高は少し上げるようですね。


CIMG8512
CIMG8515


灯火ok^^


CIMG8516


「シフトノブが引っこ抜けちゃう~」
どっちみち車検用にシフトパターンついた純正に付け替えていきますので戻す時にチェックしておきます。


CIMG8517


綺麗なエンジンルームですねー


CIMG8519


ECUはクランクセンサーにフォルトあります。
それと通信が非常に悪いですね。。


CIMG8542


やっと見れたマルチ画面。
ココでは特にありませんでした。


DSC06059


通信が途切れ途切れなのでなかなか先に進めません(汗)


CIMG8532


map数値いいですね。


CIMG8533
CIMG8534


水温・吸気温センサーも動いています。


CIMG8535


バッテリー電圧も高い方ですね。


CIMG8539


O2センサーok


CIMG8540


二次補正値も悪くありません。


CIMG8541


一応リセットしておきます。


CIMG8543


エアクリーナーはすぐ交換するほどではありませんが車検なので交換したい所。


CIMG8544


ブレーキオイルはリアのホイールシリンダーいじるので綺麗になります。
クラッチオイルも入れ替えておきましょう^^


CIMG8545


車検なので水路洗浄します^^
その時がリキテックチャンスです!


CIMG8546


グロメットが切れちゃっています。
交換ついでにタペット調整もいかがでしょうか?


CIMG8548


今回オイルもします。
現在オイル量はMINレベル。

使うオイルは今までのとは一味違うWAKO'S 4CT-S フォーシーティーSにしますか?
それともいつもどおりWAKO'S PRO-S プロステージSにしますか?

年内はプロステージの価格で交換します。


CIMG8573


お?右のナックルジョイントのブーツが切れています。


BlogPaint


ラバコンも交換したいしハイローも交換したいところです。


CIMG8567


リアもハイロー付いていないのでどうせなら4輪とも交換が良いですね。
お見積りメールでお送りします。
内容が決まったら作業開始です^^


ヽ(*´ω`*)  12/ 7 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG8595


オイル抜きます。
相変わらずドレーンも綺麗ですね~


CIMG8600
CIMG8601


特に緩んでいる所はありませんでした。


CIMG8603


車高も上げときます(`・ω・´)ゞ


CIMG8602


今回も登場SOD-1です♪
強力な電着油膜でこれからもエンジン・ミッションを守ってくれます(*´ー`*)b


CIMG8605


オイルは今まで通りWAKO'S PRO-S プロステージS 10w40ですヽ( ´ー`)ノ
安定感抜群のオイルですね^^


CIMG8606


オイル量はMAXのMに少しかかる程度。
時々チェックしてくださいね。


CIMG8607


次のオイル交換は来年の梅雨時か80,000kmです
キリがよくてわかりやすいですね^^


カルテ


今回も綺麗なドレーンコレクションに追記しておきますね^^




12月7日追記

BlogPaint

車検の定番メニューの水路洗浄始めます。。


DSC06194

まずは室内のヒーターコアからの漏れチェック


DSC06195

ジョイント部からの滲み跡が見えます。  今後も状況観察が必要です。

DSC06196

ヒーターコック開けておきます

DSC06197

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始


DSC06205

エンジン側の水温センサーは75℃まで上昇してますが

ラジエターに挿した温度計は48℃。。。

サーモスタットの密閉は良いですね。


DSC06222

さらに水温上昇させます

DSC06224

エンジン側87℃   ラジエター84℃

サーモスタットは開きました


DSC06226

勢いよく流れこんできてます。

ラジエターの開弁量もOKです。




DSC06231

DSC06232

90℃で電動ファン回り始めました


DSC06227

DSC06228

87℃まで下がったところでストップ


● サーモスタットの密閉と開弁  は良好

● 水温センサーの温度精度も良好

● 電動ファンの作動も良好

スリーチェックはすべて合格



DSC06235

納車前にも洗浄行っていますので排水の汚れは少ないですね。



DSC06236

ラジエター口から逆流で吸い上げてすすぎます。

DSC06237

ヒーターコアも逆流させて吸い出します。

この逆流すすぎをやらないと汚れが詰まったままになります。


DSC06239

どちらも汚れは少なく優秀。。。

これからも定期的な水路洗浄を続けていってください。

DSC06251

クーラント入れて・・・・

DSC06252

ここでお楽しみ 水に魔法のリキテック。。。

水路内を安定した錆に変換させる還元作用が

水路の内側に位置する燃焼室やシリンダーの静電気を除去することで

燃焼が良くなってトルクアップします。。

さらに、動きを邪魔する静電気が減ることでエンジンがスムーズになって

振動も減りしずかになる・・という  まさに魔法。。。


DSC06253

水に魔法かけます。。。


DSC06254

水路洗浄の最後は定番の クーラントブースター

鉄エンジンには必須サプリメント。。。

強力防錆 防蝕 消泡で 水路を守り、冷却力もアップ。。。















つづく。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




 

          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002