曽根です。


97yMK-1仕様のMRT様 いらっしゃいませ。

オイル交換とナックル交換のご依頼です。

DSC06496

前回は去年5月のオイル交換でしたが、

その後、車検は仕事での取引先で行いその時もオイル交換されてるそうです。

BlogPaint

リヤビューもMK-1・・・・ イケてます。

CIMG9310

オイル交換から始めます。。。

DSC06500

車検では冷却水の入れ替えしてないようですので

今回、水路洗浄も追加になりました。。。

水路洗浄するなら・・・・水に魔法で パワーアップしちゃいましょう。

じゃ、それは後ほど・・・


DSC06502

ブレーキフルードが変色してます。半年前の車検でリヤブレーキの分解してないようですね。

リヤカップは漏れやすいところなので、漏れを早期発見するにはブレーキフルードの量をこまめにチェックしてください。

DSC06503

クラッチフルードは黒く変色してました。


BlogPaint


リフトアップ

DSC06508


2年前に足回りリニューアルさせていただいています。。

BlogPaint

その時、取り付けたナックルジョイントのカップが割れて抜けてきてしまってました。

ミニスポーツ製のアジャスタライドの専用ナックルジョイントの耐久性が悪いので

現在、新たに取り付けることはしてませんが・・・・・  すみません。


DSC06511

右側も同様に・・

BlogPaint

抜けてしまってます。

樹脂カップが割れて抜けてしまってからどのくらい経過しているでしょう。。

長い期間この状態で打たれ続けてたとするとアッパーアームの窪み部分が痛んでるので

アッパーアームも交換の可能性があります。。



DSC06513

リヤも同じ アジャスタライドのハイローですが、リヤは荷重が軽いこともあり

まだ問題は起こってませんので今回はフロントだけ交換します。



BlogPaint

では、お預かりします。   しばらく代車でご辛抱ください。。






DSC06535

オイルを抜きます。。。  

車検時に他店で交換してるオイルですが粘度は硬そうです

DSC06540

茶こしセンサーには何も引っかかってません。


DSC06539

ドレンボルトの摩耗粉もご覧のとおりたいへん少なく

良い状態です。  PECSも良い仕事をしてると思います。

DSC06538

シフトフィーリングが良くなるので一度入れたらやめられないSOD-1

粘度だけではなく、エステルの電着被膜がミッション、エンジンを守ってくれます。

DSC06672

ミッション車、オートマ車、エンジン、すべてに効く! MINIにはピッタリの添加剤です。

DSC06542

オイルはプロステージ10W40をチョイス。。

厚くて柔らかい油膜で、守りは固いです。。

DSC06543

オイル交換は完了。。。




では 追加になった水路洗浄 +  水に魔法。。。『リキテック注入』 

DSC06545

DSC06546

まずは室内のヒーターコアからの漏れチェック

DSC06547

漏れはなさそうです。


DSC06548

ヒーターコック開けておきます

DSC06549

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始


DSC06550

エンジン側の水温センサー につられてラジエターに挿した温度計も

グングン上がっていきます。。。

DSC06551

温度はほぼ同じように上がってます。。

DSC06552

64℃ですが 完全にサーモスタットは開いてしまってます。

インジェクション車は88℃が規定なので、それまではしっかり閉じてないといけません。。

これからのシーズンはヒーターが効きにくいですし

低温状態が続くので燃調も濃いめが続きます。

サーモスタットは交換の必要あります。

DSC06589

ラジエターと電動ファンの間の隙間を埋めるストーンガードがありません。

これだと、電動ファンが回っても隙間から空気を吸ってラジエターのフィンを通らないので

いざ水温が上がったときに電動ファンの効きが悪いです。。。

DSC06584

水温を上げるために隙間に段ボールを差し込み

DSC06586

外側からも段ボールで囲みます。。


DSC06573

グングン水温は上がり、96℃。。 

水温センサーの温度精度は良好



DSC06587

DSC06588

99℃で電動ファンが回り始めました。




DSC06590

DSC06591

97℃でストップ


サーモスタット以外はOKです。






水温が上がってるところでECUチェックします。

DSC06575

フォルトは無し


DSC06581

アイドル回転  アイドル認識  燃調補正

スロポジ電圧   ステップ値  

良好です。

DSC06582

インマニの負圧 MAPも基準値内。。。   

やや数値が低めなのはタペットクリアランスが広めかも



DSC06577

吸気温OK

DSC06578

電圧13.1V   やや低いのは水温を上げるためにクーラーを付けて負荷をかけてるせいです


DSC06579

O2センサーOK

DSC06580

燃調補正はプログラム通り・



BlogPaint

排水します。

サーモハウジングに共締めするタイプのエンジン振れ止めキットが付いてます。。。。

振れ止めには効果抜群ですがサーモスタット交換するなどのメンテには少々手が掛かります。。


DSC06608

汚れてました。。。 臭いもでてました。。

今後も定期的な洗浄を続けてください。


DSC06610

ラジエターとヒーターコアからも逆流で吸い出します

BlogPaint

左はヒーターコア 右がラジエターからの逆流水です。

両方とも汚れをためやすいところなので定期的にこうして逆流で吸い出してあげることが必要です。

では、この後サーモスタット交換してから リキテック注入になります。


12月16日追記


DSC07302

サーモスタット交換終わりました。

リキテックとクーラントブースターは注入済みです。。。







DSC07300

ナックルとハイロー交換です


CIMG9535


CIMG9536

取り外したナックル。。。完全に樹脂カップは割れてしまってます。

CIMG9537

直接ボール部分がアッパーアームの窪みに当たってました。。

CIMG9538

アッパーアームの窪みの中を鏡で覗いてます。。。

少し傷は入ってますが再利用できそうです。


CIMG9541

念のために接着剤を流し込んでおきます。。。

CIMG9540

アジャスタライド から ロードアジャスターへ新旧交代の儀



CIMG9545

取付完了。。   これからしっかり支えていただきます。。。

CIMG9546

トルクレンチで締めて完了




12月17日追記


DSC07366

お待たせしました

足回りの心配もなくなったことだし・・・

今度、運動会に行きましょう!!

BlogPaint

ノーマルECUのインジェクションのままで まだまだ速くなります。。。

チューングヘッドなんかいかが・・・♪


ありがとうございました






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002