曽根です。



WTN様 いらっしゃいませ。

初キャメルありがとうございます。

BlogPaint

95年式 ATクーパー、新車からのワンオーナーです。

23年経ってますが、走行は2万キロ・・・ えっ、たったの2万キロ。

メンテは一般整備工場で行ってたそうです。

最近、信号などで止まると、エンジンも止まっちゃうこともあるとのこと

気になる所がいくつか増えてきたので、この機会にしっかりメンテしたい・・とのご依頼です。


DSC06745

屋根付きの駐車場保管なので、室内外は紫外線による劣化もなく

たいへん良いコンディションです。。。


DSC06746

室内のヒーターユニットは以前に漏れてきたことがあったそうですが、

ヒーターホースをエンジン側でループさせてヒーターに水を流さない・・・

という緊急処置をしたとのこと

DSC06749

ヒーターホースがエンジンルーム内でループしてます。。。

ヒーターコア修理して ヒーター復活させましょう。。


DSC06748

エンジンルームも錆びもなくきれいです。


BlogPaint

オイル交換してからそんなに走ってないようですが、オイルが黒っぽいです。

排気に黒煙が混じるのでその影響でしょうか。。。  オイル量はOKです。

DSC06751

ガソリン臭はやや強めです。

チョイ乗りが多く、油温が低い状態での走行が多いのでしょうね。

それに、排気に黒煙がでるので燃料が濃いことも影響してるようです。


DSC06761

ブレーキオイルは量も 色もOK

DSC06783

ラジエターキャップにゴムの縁に錆が付いてきました。

水路洗浄したいです。



ここで、助手席にWTN様に乗っていただいて 試乗させていただきました。

エンジンは多少モサッとしてはいますが、普通に走ります。

オートマは少しタイムラグがありますが、前進、後退ともに滑りはありませんでした。

WTN様によると、もっと回転を上げて変速すると、ガツーンと変速するとのこと。

そうですか、それは後日、確認させてください。


足回りから、小さなガタを感じます。  

後でリフトアップして点検します。





戻ってきてミニモニでECUチェック・・

DSC06753

バキュームにフォルト入ってました。

DSC06755

あぁ~  インマニの負圧が・・・・ ほぼ大気圧です。


BlogPaint

あっ、ホースが抜けちゃってますね

95年式のECUは、MAPに異常を感じると、それを無視して仮に動作するようにできてるので

とりあえずは普通に走れちゃいます。

加速がややモサッと感じたのはこのせいでしょう。

信号待ちなどで停車するときエンジンが時々止まっちゃうのもこのせいだと思います。




DSC06754

その他は 規定値内です。

DSC06756

水温センサーの温度精度は 水路洗浄のスリーチェックで確認します。


DSC06757

吸気温OK

DSC06758

電圧も元気よし。


DSC06759

O2センサー稼働中。。


DSC06760

燃調補正は MAPセンサーを無視して行われてますが

基準値内に収まってました。




リフトアップして下回りチェック

DSC06764

左側は ラックブーツが完全に切れてました。

DSC06774

ナックルブーツが切れてます。 

その上の車高調整のハイローキットのネジ山がだいぶ伸びてるので

ラバコンはペッチャンコになってるはず。。。

DSC06773

走行中にガタを感じたのは、ナイロンベアリングのガタでした。。

DSC06765

左のテンションロッドは曲がってます。。

DSC06763

足回りも全部キチっと整備したいですね・・・・・・とWTN様。


DSC06766

右のラックブーツも切れてました。

DSC06769

同じく右のナックルブーツも切れてて、樹脂のカップもわずかに飛び出しているようです。




ナックル交換の際に、ラバコンもショックも交換して足回り総リフレッシュしましょう。。。

DSC06779

ニューラバコンとカヤバショックの乗り心地を おとーと君で体感してただきました
DSC06781

帰ってきて・・・

乗り心地も違うけど、エンジンもオートマも全然違うね。。。



点検は続きます

DSC06776

コンバーターシールからオイル漏れありますね。。

これはエンジン降ろさずに修理はできますが

安心オートマにすれば ここのシールは必ず交換しますから直ります。

DSC06777

ミッション番号とデフケース番号は、当然ながら同一で修理歴はありません。

DSC06785

ウォーターポンプも交換されてません。 

走行は少ないですがシールからの漏れは経年劣化で発生する可能性高いですから

交換しておきたいです。

これも 安心オートマにする際には必ず交換します。。

ということで、安心オートマは決定!!


DSC06787

DSC06788

ついでに ガラス管ヒューズもブレードヒューズに替えておきましょう。。。

CIMG9647

安心オートマでエンジン降ろすから・・・・

エンジンをもう少し元気よくしちゃいましょうか♬

では、街乗り快速仕様を目指して、、、

うーん、クーパーカム 、クーパーピストンで62馬力仕様ってのはどうですか?

『それ イイですねぇ』  とWTN様。。


DSC06793

じゃ、お願いします。。。

はい、ではお預かりさせていただきます。

仕上がりは来年2月上旬を目指します。。。



12月14日追記


DSC06917

今回、ラジエターもヒーターコアも交換するし、

安心オートマにする際に高圧洗浄で水路洗浄するのですが・・

どんな状態か見ておきたいのでエンジン降ろす前に水路洗浄します。

DSC06918

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始


DSC06947

水温センサーで91℃  


DSC06933

サーモスタットが開いた状態で洗浄を続けます。

BlogPaint

20分以上洗浄したので排水。。

汚れてましたが2本目のチューブでは半透明になってきました。

DSC06969

ラジエターの汚れもチェック

逆流で吸い出します

DSC06970

ラジエターの汚れは多くありませんでしたが、今回コア増しラジエターに交換予定です。

ヒーターコアには現在水を通してないので洗浄は無し。。。

まぁ、ヒーターコアは新品に交換しますからね。。。


汚れは出てきたものの、今までのメンテでも何回かは冷却水の入れ替えを行ってたのが確認できました。




次は、オートマに掛かる油圧チェックしておきます。

BlogPaint

フィルターヘッドで測ります。

DSC06976


DSC06977

フィルターヘッドの油圧を室内で見えるようにフロントガラスにメーター貼り付けました。。。

DSC06982

油温は 約60℃ 低めですがこの時期はアイドリングではなかなか上がりません。

安心オートマ完成時も 同じくらいの油温で測定します。




前進油圧 6.6㎏  リバース12㎏ で十分です。

シフト時の落ち込み時間もそれほど長くなくオートマの動きに問題ないと思われます

タイムラグは若干出始めているので 安心オートマにしてフィーリングはかなり変わるはずです。


ヽ(*´ω`*)  12/ 20 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG0608


サクッとおろして箱入り娘。
九州へ再生の旅へ出発です♪





~  ~  ~  ~  ~  ~  

安心オートマ+エンジンフルオーバーホールの

作業レポートへは近日中にここにリンクいたします。

~  ~  ~  ~  ~  ~ 





2月1日 

エンジンも含めてフルオーバーホールされて戻ってきました。


CIMG9874

エンジン積込みと足回りリニューアル大作戦 開始です。


CIMG9875

フロントサブフレームの前側マウント

CIMG9876

同じくサブフレームのフロアと繋ぐリヤ側のマウント新旧交代・・

CIMG9877

そのマウント取り付けの際に少々下にズレてる間に・・・・

CIMG9878

タワーマウント交換です。

CIMG9879

取り外したタワーマウント・・・ 切れてました。

サブフレームとシャーシの間でかなり力がかかる部分なのです。

ハンドリングに大きく影響するのでマウントの材質も重要なファクターです。


CIMG9880

今回使用するのはエイボンバー製です。


BlogPaint

左側のテンションロッドはだいぶ曲がってました。。。

CIMG9884

今回、長さが調整できるタイプのテンションロッドに交換です。

テンションブッシュはエイボンバー製

CIMG9886

強度もバッチリ。。 

キャスター角が調整できるようになるので直進調整もOK


CIMG9882

ロアームブッシュも交換。  カラーとブッシュの間にグリスが入るので

ロアームがスルスル動くようになって足回りの動きは抜群になります


CIMG9883


CIMG9887

ナックルジョイントを組み込みます

CIMG9889

バンプストッパーは長が短い強化型に交換。

CIMG9890

新しいラバコンをサブフレームの中に入れます。。

CIMG9891

車高調整のためのロードアジャスターをその下から組付けます。


CIMG9896

取りつく順番はこんな感じです。

CIMG9892

リバウンドバッファーも交換


CIMG9893

ショックアブソーバーはカヤバのガスをチョイス


CIMG9894

左前のラバコン取付け完了。。


CIMG9897

お疲れさまでした。。。。 

エイボンのラバコンに選手交代です。  

10年に一度くらいのペースで交換していきたいですね



CIMG9948

リヤもラバコンとロードアジャスター交換

CIMG9949

同じくリヤもカヤバのガスショックです。


CIMG9950

こうしてみると、フロントの変形の大きさが一目瞭然。。

乗る前から乗り心地の違いが想像できますね・・♪



CIMG9953

では エンジン積込開始です。




CIMG9954

エンジンマウント交換します

CIMG9955

右側のマウントステーは破損することがあるので強化品が出てます。




CIMG9957


CIMG9958

オイルフィルターはPECSに交換。。

オートマMINIは特に鉄粉が出る構造なので磁力で鉄粉を取るPECSによる効果は絶大です。

ペーパーのノーマルフィルターからPECSに交換するだけでエンジンが軽く、静かになるのを体感できます。

CIMG9956

中高回転での振動を軽減してくれるハーモニックバランサー

エンジン脱着の時に取り付ければ工賃が掛かりません。。♪

CIMG9959

ハーモニックバランサーが取りつきました。


CIMG9960

ラジエターホースとブレードファンは新品に交換です。

CIMG9961

真鍮製のコア増しラジエターをチョイス。

ワークスATもこのラジエターをレースで使用してますが90℃ピッタリで安定してくれてます。


CIMG9962

ステディブッシュ交換



CIMG9963

破れていたラックブーツは交換


CIMG9965


CIMG9967

タイロッドの中でガタがあったのは

ナイロンベアリングの消耗です。。

CIMG9968

すり減ったナイロンベアリングを取り出し、

CIMG9969

新しいナイロンベアリングを挿入


CIMG9970

ECUに運転状況を伝える重要なバキュームホースは4本とも交換です


CIMG9971

4連のガラス管ヒューズをブレード型に交換しました。


CIMG9972

エアクリーナーの後ろにあるラインヒューズ群。。

この中に、ECUと燃料ポンプのヒューズもあります。。。

CIMG9973

すべてブレードヒューズに交換しました。


CIMG9951

ECUのガードラバーも破れてたので交換します

CIMG9952

タペットカバーパッキンは、高密度のコルクパッキンを使用します。


CIMG9974

オイルはプロステージ10w40をチョイス。

1回めは1000km以内でのオイル交換です。。。


CIMG9975

ヒーターコアからの漏れ対策で、ヒーターに冷却水を回さないという秘策がされてましたが

ヒーターコアを交換してちゃんとヒーターが効くようにします。。

CIMG9976

純正のヒーターコアのパイプ部分はジョイント式で漏れやすいので


CIMG9977

対策品はパイプ部分も一体になってるので漏れにくい構造です。

材質もラジエターと同じ真鍮と銅製を採用してます


CIMG9978

クーラント入れて

CIMG9979

エンジン始動・・・    OKです。


CIMG9981

クーラーガスはR12並みに冷えると好評のCOLD12をチャージ

CIMG9982


ヽ(*´ω`*)  2/ 19 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ

追記遅くなりました。


P1030070


あっという間に積み込み終わっちゃいました(^_^;)
オートマの詳しい記事は別途立ちますので少々おまちを。


P1040107


今回は例のピストンも組まれてどの様に生まれ変わったのか興味津々(*´ー`*)b


P1040812


足廻りもラバコンからショックからテンションロッドも曲がっていた純正から調整式に大変身。
乗り心地もきっと新車当時を大きく超えてきますよ♪


CIMG7242


そうなればマフラーも交換したいですもんね^^
早速新旧交代の儀。


CIMG7257


ヤッパリ綺麗が一番ですね♪


P1040306

リモコンエンジンスターターと前後カメラのドラレコも取付完了!


P1040822


P1040109


「こりゃ下から力が出てスムーズで乗りやすいミニになりました。」


つづく


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002