曽根です。


SKM様 安心オートマのご相談でご来店いただきました。。。

2000年式40thリミテット オートマです。。

P1000534

ちょっと迷ったんだけど3時間かかっちゃったよ。。

P1000535

お土産ありがとうございます。。_(._.)_

BlogPaint

キレイな外装です。。

BlogPaint

13インチが標準ですがスタットレスタイヤ用に今は12インチ履いてます。。

P1000554

シートの擦れも少なく内装もいいですねぇ。

P1000555

後期型の天張りは煤けて黒っぽくなってしまいますが

これはまだきれいな方です。。

P1000542

裏付けはなく勘ですが・・・・・実走行のように思われます。。


去年の11月に購入されたとのことですので、1年ちょっとお乗りですね。。

早速オートマの件ですが・・・

『少し暖機運転して水温計が上がった直後くらいだと

ギヤ入れても進まないことがあるんです・・・でも完全に温まると普通に走れるようになります。

ただ走れてもギヤ抜けもするんで気持ち良くないんですよねぇ・・・』

とのことです。



P1000536

SKM様のMINIを拝見する前ですが

まずはおとーと君に乗っていただき自分のMINIと違うかを体感していただくことにします

P1000537

じゃ、走ってみてください・・

P1000538

行ってきまーす

P1000548

『いやぁ~ 全然違いますねぇ。。 スムーズだし

乗り心地もいいんですねー。』


これが、安心オートマです。。  

足回りは1年以上前に交換したラバコンとカヤバのショックです。

本来ラバコンは乗り心地イイんです。






P1000546

ではSKM様のMINIを点検させていただきますね。

P1000547

オイルは交換したばかりとのことで、量も色もOK。。

冷えてるときは動かない・・・って仰ってたので硬いオイル入れてるのかと思ったら

アッシュの10W40だそうです。。  粘度は問題ないですね。

P1000543

ギヤを入れた時のタイムラグはやや長め。。。

オートマ内部の消耗は始まっているようです。

後期型のMINIはリバースの滑りが出やすいのでストールテストしてみましたが

1700回転でちゃんと止まり、まだリバースの滑りはありません。

P1000545

試乗させていただきました。

もう完全に温まってる状態なので、『冷間時に前に進まない・・』 という症状はありません。。

お預かりさせていただければ明日冷えてるときに確認させてもらいます。

P1000609

ゆっくり加速していくと、2→3速に入ったかと思うと、ギヤ抜けして2速にシフトダウンするような症状があります。

本来3速の速度領域でアクセルを踏み込んでも、キックダウン??して抜けてしまいますね。

仰ってる症状はコレですね。。 3速が異常です。

3→4速で一瞬抜ける感じもありますね。。 

これはゴムが硬化してOリングからの油圧漏れだと思います。


(★去年 同じように3速が異常だったオートマの修理レポートはこちら・・・・




戻ってきて他の部分も点検します。

P1000552

ラジエターとホースは交換されてましたがヒータージョイントパイプは樹脂のままですので

ステンレスパイプに交換お奨めです。





ミニモニでECUチェックします

P1000558

フォルトが3つ入ってました。。

まずは吸気温センサー・・

P1000559

バキュームのMAPセンサー

P1000560

そしてクランク角センサー・・

P1000561

過去にそれぞれの部品を交換した際に入ってしまうこともあるので

一旦リセットして再発するか確認します。

P1000562

フォルトは消えました。

P1000566

マルチ画面で5つの項目はすべて良好。。。

BlogPaint

・・・・と、思ったら 急にアイドリングが上がって 

アイドル認識しなくなってます。

その後、すぐに正常に戻りましたが、ステッパーモーター、スロポジセンサーは

今後も要注意です。。

P1000564

O2センサーは稼働中。。

P1000565

燃調補正も良好です。。

P1000567

インマニのバキューム MAP28kpaはやや低め。。

タペット音もガチャガチャと大きいし、

MAP値からの推測だとバルブクリアランスは0.5㎜以上に広がってるんじゃないかな・・・

P1000569

水温84度

P1000563

電圧13.8v  良好ですね。





P1000551

たつろうメカに手伝ってもらって

フィルターヘッドに油圧計を取り付けてオートマに掛かる油圧を測定します。

P1000557

フィルターの外側で簡易的に油温を測定。。 70℃です


P1000572

P1000573

ニュートラルで6.3㎏



P1000574

前進(1速)入れると 


一度3㎏台まで落ちてから・・・

P1000575

6.2㎏まで上がりました。 

油圧そのものは問題ないですが、落ちてから上がるまでのタイムラグが少々長めです。



P1000576

リバース油圧は11㎏  

規定値内で特に問題はありませんが、安心オートマだともう少し高めになります。



オートマ油圧と残圧チェックしました。

残圧は2秒。 油圧保持はやや短めです。



P1000577

たつろうメカの早業・・・・

ドレンボルトの早抜き 早入れ。

P1000580

サッと、準備してた別のドレンボルトと差し替えの技

P1000584

ドレンボルトにはほとんど鉄粉は付いてません。。。

オイル交換直後ということもありますが、ギヤドラムを削ってるなら交換直後でももっとたくさんの鉄粉が付着してるはず。。

P1000583

おぉ、今ならギヤドラムの再使用できそうですね。。

安心オートマにする良いタイミングだと思います





リフトアップして下廻りも点検します。

P1000587

ハブ、ボールジョイント、ブーツなどは良好でしたが

ステアリングラック内のナイロンベアリングは消耗してカタカタと音が出てました。

これは交換お奨めです。



P1000585

ミッション番号と・・・

P1000586

デフケース番号が違うので、過去にオートマ修理をされてるようです。

どんな症状での修理だったのかは気になりますが、

オートマ単体での交換ではないかと思います。

(★MINIの場合エンジンとオートマは一心同体なので当社ではリビルトオートマ単体での交換修理は行っておりません)

P1000590

フロントのハイローキットのネジ山から見て

ラバコンはだいぶペッチャンコですね。。

P1000593

こちらはリヤサス。 タイヤが簡単に持ち上がってしまうので

ショックアブソーバーが抜けてしまってるのがわかります。

P1000592

あぁ、ホントだ。。 これで乗り心地が悪いんだねL。。

ラバコンも併せて交換するのがベストですがショックだけ交換しても

突き上げ感が減ってだいぶ乗り心地は改善しますよ。


P1000596

じゃ、今日置いてくので安心オートマにしてください。。。

はい、わかりました。 水廻りは購入時に交換されてるとのことですので

使える部品はできるだけ流用しますね。。

P1000597

では、しばらくこの代車でご辛抱ください。。。

P1000598

快適な安心オートマになって戻ってくるのをお楽しみに・・・・・


P1000599

約1か月間の予定でお預かりさせていただきます。



1月12日追記



P1000651

冷えてる時に進まない・・・とのことですので朝イチでテストします。

P1000653

エンジンかける前のオイルレベルチェックは、コンバーター内のオイルが充満してるかのチェックにもなります。


まったーマン1ss
コンバーター内のオイルがロープレッシャーバルブからオイルパンに漏れると

オイルレベルが高くなります。

1週間以上エンジンかけない場合などは、このようにエンジンかける前のレベルチェックでは

オイルが増えたかのように見えますので

通常のオイル量チェックはエンジンを一旦かけた後に行ってください。



P1000654

コンバーター内のオイル量はOKなので、

3分ほどの暖気運転でオイルの流動性を上げます。。

P1000656

チーン。。  はい3分で出来上がりぃ~


P1000658

ギヤを入れた時のタイムラグは油温が低い時の方が長いですね。

1速、→ 2速 とシフトアップするところまでは問題なし。

P1000662

やはり、3速の領域になると抜けます。。 

抜け方は油温が低い時の方が顕著です。

ゆっくり加速して一般道で多用する 20~45㎞あたりでの症状なので

これはストレスになりますね。

P1000660

アクセル踏み込んでギヤ抜けしたような状態・・・  回転が上がってます。

3速に異常があることが更にはっきりしました。




次に水温計の針が低い位置を指す・・・とのことですので実温との比較しながら

サーモスタットの作動もチェックします。

P1000786

気温が低いのでしっかり囲ってからテスト開始。。

P1000787

エンジン側の水温85℃で、サーモスタットは開き始めました。。。

それ以下でのサーモの密閉は良好です


P1000788

85℃の時の水温計の針の位置。。

MINIの水温計は低めを指す傾向ですので正常の範疇かと思います。



P1000796

気温が低いでラジエターアッパーの温度がやや低めですが

水温センサーの方が数℃高めを表示するのが普通ですのでセンサーの温度精度は良好です。


P1000798

アッパータンクへ勢いよく流れこんできてますので

サーモスタットの開弁量も良好です

P1000794

90℃の時の水温計はこの位置です。。。

やや低めですので注意してください。

サーモスタットは良好なのでそのまま流用できますね。





1月14日追記


CIMG9722

早速エンジン降ろします。

CIMG9723

プラグコードのキャップ内はかなり錆びてました。

特に同時点火のこのモデルは高性能のコードに交換するだけでトルクアップを体感できます。。

永井のシリコンコードお奨めです。


CIMG9732

オイル抜きます。


CIMG9724

前後ブレーキの配分を調整するPバルブからオイル漏れてます。

CIMG9725

サブフレームの上面が錆びてるのは、Pバルブから漏れたブレーキオイルで

塗装が溶けて錆びたのだと思われます。

かなり前から漏れは始まっていたようです。

CIMG9730

ブレーキオイルが伝って他の部分の塗装も侵し始めてます

CIMG9727

ステディロッドブッシュはヒビび割れしてます。

エンジン積込みの際、交換させていただきます。



CIMG9731

右前サスのナックルジョイントはボール部分の樹脂カップが割れて

カップが飛び出してしまってました。

これも積込みの時にぜひ交換したいです・・・

BlogPaint

エンジン降りました。

連休明けに発送する予定です。

CIMG2995

安心オートマ組付け時にPECS取付けられるようにエンジンミッションと一緒に同梱します



1月17日追記


P1010242

九州まで俺が運んじゃうぜぃ・・って感じで撮るよ。

CIMG3063

『九州まで俺が運んじゃうぜ』  










つづく





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002