曽根です。



KDG様 

去年前もって買っておいたPECS取付とオイル交換でご来店・・

何度か来店いただいてましたがオイル交換と点検させていただくのは初めてです。

CIMG2288

しかし・・・もう少しでキャメルに到着というところで

急にDレンジでの発進が不能になるという緊急事態!!

2速と3速レンジのマニュアルシフトでキャメルに到着。。。

CIMG2289

緊急事態中ではありますが・・・

『このドアトリム見てよ。。  お正月に自作したんです。。』

おぉ~ キレイにできてますねぇ♪


CIMG2292

まずはDレンジで発進しない原因探求・・

オートマのシフトワイヤーの位置調整が悪くてちゃんとDに入ってないだけかな・・・

と簡単に解決するかなと思ったんですが・・・・・

1速レンジでも空回りすることが判明。。

そして空回りして駆動はかからないけど1速に入るときに 『ドン』 と油圧が掛かってる様子です。。。

CIMG2293

これはオートマ内部の故障です。。

1速だけは、ワンウェイベアリングで前進だけに駆動が掛かるんですが、

そのあたりが破損したような症状ですね。。

あまり壊れない部品なんですがね・・・。

BlogPaint

うーん・・・・  

オイル交換の予定だったんだけどなぁ。


DSC08490

1速で油圧は掛かっている感じですが念のために

オートマに掛かる油圧をチェックしてみます

P1000672

油温は、オイルフィルターを非接触温度計で測定。。 約72℃

DSC08491

いつものようにフロントガラスに油圧計が見えるようにセットして

DSC08498

1速に入れます。

DSC08499

1秒ほどのタイムラグの後、『ドン』という振動を伴って一度下がった油圧が6.2kgまで上がってます

油圧は正常です。

DSC08500

DSC08501

2速もOK



DSC08502

速度に応じて変速するDレンジは、停車中に入れれば1速に入ります。。

DSC08503

だから 先ほどの1速と同じ油圧が掛かってます。。

DSC08504

リバースも少々タイムラグの後に油圧が掛かりまました。

写真撮り損ねましたが約11㎏まで上がるのでリバース油圧もOK

ブレーキを掛けたままリバースに駆動を掛けるストールテストもOK



やはり、1速のワンウェイベアリング破損の疑いありです。




点検させていただくのは今回が初めてなので

BlogPaint

下廻りもチェックさせていただきます。

P1000678

アンダーガードを伝ってオイルはかなり垂れてます。。

安心オートマにすればオイル漏れは全部解決します。。


P1000679

オートマのミッション番号と

P1000682

デフケース番号は違うので過去にオートマの修理歴があります。

黒い液体ガスケットを使用してますね。。


P1000684

ドレンボルトを入れ替えて、オイルを抜かずにドレンボルトの摩耗粉チェックします。

P1000685

ここは、たつろうメカの早技です。。

P1000688

うー・・  ドレンボルトには大量の鉄粉

P1000687

わぁ~ ほんとだ。。


この状態だとオートマ内部のギヤドラムの再使用はできそうもありません。

ほぼすべてオートマパーツが再使用できないリビルトミッションの場合もこのような大量の鉄粉が特徴ですが

そうでないことを願います。

最近の事例ではKMJ様のケースがそのオートマでした。

BlogPaint

オートマ以外の部分も点検します。。

P1000690

左のラックブーツはパックリ切れてます。

P1000675

ナイロンベアリングのガタも大きいのでラックブーツと併せて交換ですね。

P1000691

ドライブシャフトブーツは左右とも大きなヒビが入ってます。

安心オートマでエンジン脱着する際に、ドライブシャフトは抜くので一緒に交換するのがお得です。。

P1000677

右のアッパージョイントに大きめのガタがありました。

これも一緒に交換するのがお奨めです。

P1000689

テンションブッシュもだいぶお疲れですね。。。

CIMG2301

安心オートマにする時に一緒に交換したほうがいい部品はこれと・・これかな。。

CIMG2305

作戦会議中です。。。 

オイル交換のつもりだったから、大幅な作戦変更になりました。。。

一生乗り続けられるMINIにしましょう。。。


BlogPaint

参謀本部に作戦を相談しに今日は乗って帰ることになりました。。

大量の鉄粉が出てることがわかってしまったので、

けてこれ以上エンジンやオートマに鉄粉が回って2次摩耗での消耗を防ぐために

オイル交換なしでPECSだけは取り付けました。

☆ PECS取付けの写真が撮れてなくてすみません。。。_(._.)_  

だた、あれだけ大量の鉄粉がオイルにまみれてるので

100km程度の走行でPECSに付く鉄粉は満タンになってしまいます。。。

P1000700

オイル交換のつもりがえらいことになってしまいましたが

一生乗りつけられるMINIにしてあげてください。。

ありがとうございました。

P1000701

では ご連絡お待ちしています。。。







にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002