曽根です


オートマでDに入れても前に進まないことがあるんだけど・・・ 

とAND様からご連絡があり 保険会社のレッカーで搬入していただきました。

P1010354

赤いMINIを載せて赤いレッカー車が到着です

BlogPaint

綺麗な40thアニバーサリーLTDです。。

P1010502

シートやステアリングの擦れも少なく、 ダッシュもキレイですね。

DSC08758

記録簿は見てないですが55000㎞は実走行に思えます。


BlogPaint

保険会社のレッカーには同乗できないのでレッカーでMINIだけの来店ですので

早速点検させていただきます


DSC08761

オイル量は問題なし。。 オイル交換も最近行ったようできれいですね





では試運転します。。

P1010468

Dに入れてもギヤが繋がりません。。

軽くアクセルを踏んで回転が上がるとスーッと繋がりました。。

これだけでもすでに異常が起こってることがわかります。

ブレーキを踏みながら負荷をかけると 『キー』 という金属音・・

何が起こっているのでしょう。。。





オートマ油圧チェックの前にミニモニでECUライブデータ見てみます。

P1010455

吸気温センサーにフォルトです。

P1010457

一旦リセットしておきます。

P1010458

マルチ画面での数値はすべて規定値内。。

P1010459

インマニに負圧も規定値内ですがやや低めの数値です

バルブクリアランスを調整すればもう少し上がると思います。

P1010460

水温

P1010461

フォルトの入っていた吸気温センサーはしっかり稼働してますね。


P1010463

O2センサーも稼働中

P1010464

アイドリング時の燃調補正も正常です。


P1010462

電圧もOK




次にオートマに掛かってる油圧を測ります。

BlogPaint


P1010417

フィルターの温度は45℃。。 簡易的にこれを油温として考えます。

油温としては低めですが、すこし油圧は高めに出るものとして考慮して測定開始。。


P1010419

アイドリング850回転でギヤが入ってない状態『P』 で

P1010418

約6.2㎏です。 


P1010423

Dレンジに入れて1速に入りました。

P1010424

約4㎏までしか上がりません・・・・ 

規定値は1000回転で5.3㎏以上が必要ですが

これは低すぎます。 

前進でギヤがなかなか繋がらないのは油圧に原因ありあそうです。


P1010422

リバースで7.7㎏くらい・・・ 

規定値は1000回転で8㎏以上です。  

バックすることは可能ですが、

安心オートマとして出荷する場合は11㎏以上はあるので

7.7㎏はかなり低いレベルです。


P1010453

エンジンを止めてすぐにイグニッションンをONにして

油圧ランプが点灯するまでの時間をチェック

1秒以下で再点灯するので油圧保持はあまりできてないようです。

親子メタルだけでなく、カムメタルまで交換したほうが良いです。






オートマに掛かる油圧チェックと残圧チェックの様子です。

油圧が低すぎることははっきりわかりました。




リフトアップして下からも点検します。

P1010445

オートマは分解された形跡はあります。

P1010433

オートマケース番号と

P1010434

デフケース番号は同一でしたので

リビルト品との交換ではなく単体を現物修理した可能性もあります。


P1010430

オイルドレンボルトの回りには液体ガスケットが大量に塗られてます。。

ちょっと外すのが怖いですが、ドレンボルトに付いてる鉄粉チェックが必要なので抜きます。

P1010441

たつろうメカの早技で、別のドレンボルトと差し換えます。

P1010443

これ以上付かないくらい大量の鉄粉が付いてます。。

P1010446

オートマ内部のギヤドラムは確実に削られてしまって再使用できそうもありません。

いつからこの状態か・・というのが問題になりますが・・

お伺いしたところによると、1年前にオートマをオーバーホールしてもらって購入したとのこと。

BlogPaint

エンジンマウントはしっかりしてるのでその時に交換されてるようです。

1年でこんなにギヤドラムが削れてしまうのは、

ほとんどの部品が再使用できないリビルトオートマの可能性もあります。。。

その場合は安心オートマにするのにドナーエンジン&ミッションの準備が必要になります。






P1010475

その他の下廻りも点検しておきます。

P1010435

右ドライブシャフトブーツは切れてグリスが飛び出してました

P1010437

左のリバウンドバッファーは切れてます。

安心オートマでエンジン脱着する際に併せて修理できます。

車高調整用のハイローはほぼ伸びきってるのでラバコンはだいぶ潰れてるのがわかります。


P1010477

リヤサスは新車のままのストラットコーンなので

車高調整はできません。

P1010478

ショックアブソーバーも新車時のままのようです。

P1010479

簡単に持ち上がっちゃいますのでショックは抜けてます。

足回りリニューアルもお奨めです。


P1010483

ボディは前後のバンパー下にも錆は無く良い状態です。。

P1010480

外装、内装もきれいでしたが

このMINIは下廻りもたいへんきれいです。

保管状況が良かったと思います。

安心オートマと足回りリニューアルすれば完璧なMINIですね


ではご連絡お待ちしてます。






2月1日追記



安藤様 ご来店いただきました。

P1020535

素敵なご夫婦です。。。

ご主人はジャガーEタイプを数年以上かけて自らレストアしたという

超がつくクルマ好き・・・

そして、このMINIは娘さんが最初のクルマとした選んだ大切なクルマだそうです。

お嬢様は今日はいらっしゃいませんでしたが 車の感性は直系!のようです。





P1020537

おとーと君は安心オートマにしたのは3年半前。。 

ラバコン交換したのは2年半前 ですが

安心オートマ と ラバコンの乗り味を まずは確かめてみてください。

P1020536

全然ちがうね。。 スムーズだし。

乗り心地もいいし。。。


P1020541

安心オートマとニューラバコンで足回りも交換してください。

安心して気持ちよく乗れるように、しっかり直してください。。

ありがとうございます。

満足いただけるオートマMINIに仕上げてお返ししたしますので

しばらくお預かりさせてください。。。



2月22日追記


おまたせしました。

BlogPaint

今日からエンジン降ろします。。


CIMG0091

インテイクマニホールドの冷却水取り込みパイプはだいぶ錆びてます。

水路メンテナンスは良くなかったようです・・・


CIMG0093

入庫時の点検でも指摘されてました。。 ドラシャブーツはパックリ開いてます。

エンジン載せる時に交換します。




つづく



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002