( ´ー‘)ゞ 寒い日はお鍋で一杯飲みたいですねの石川です。


「エンジンかからないけど車検おねがーい」
レッカーでHR様のミニ初キャメルです^^


CIMG4301


フェンダーレスで10インチですか~♪


CIMG4304


キャメル第一駐車場へ降ろしてもらいます^^


BlogPaint


エンジンかける前に・・・オイルは入っていますね^^


イグニッションON!

CIMG4308


ガソリンが漏れてきます(^_^;)
エンジンかけるの諦めて押します。


CIMG4309
BlogPaint


押して移動するにも重いのでとりあえずタイヤの空気圧補充。


BlogPaint


それとガソリンもれもれのホース交換します(`・ω・´)ゞ


CIMG4335


少し少ないですけどLLCも入っているのでスターター回してみます。


CIMG4337


燃料ポンプは回るけどセルモーターを回すほどのちからは無いようです。


BlogPaint


バッテリーはとりあえず充電しながら他を点検します。


CIMG4346


ブレーキオイルは飴色になっています。
車検なのでホイルシリンダー交換してブレーキオイルは入れ替えるので問題ありませんね。


CIMG4348


クラッチオイルがカラッカラです(^_^;)


CIMG4349


クラッチレリーズから漏れているようです。


BlogPaint


ラジエーターのストーンガードが付いていません。
これでは電動ファンが回った時に威力半減ですね。
・・・車検には関係ありませんが。


CIMG4351


ルーカスミラーは残念ながら車検に通りません。
それとサイドマーカーも無いとダメですね・・・

フェンダーレスもそのまま車検通すには3.5Jx10 ET+48のホイールを履いた状態でナンバーの管轄陸運支局へ持ち込んで構造変更する必要があります。


CIMG4352


リザーブタンクはカラッカラです。
キャメルなら車検の時は水路洗浄するので漏れていなければ問題ありませんけど^^


CIMG4354


オイルの滲みが多めですね。


CIMG4356


これはまた・・・漢らしいと言うか(笑)
触媒は付けないと車検受けてくれませんね。


CIMG4360


ホイルシリンダー交換する時にゲイターブーツも一緒に交換しましょう^^


CIMG4363


左上のボールジョイントにガタがあります。


CIMG4365


ブレーキパッドのまだ残ありそうですね^^


CIMG4367


タイミングカバー周辺からのオイル滲みが多めですね。


CIMG4370


タイヤは4本共サイドが深いヒビ割れあります。
危ないので交換した方が良いですね。


CIMG4375


左のドライブシャフトはインナーブーツからオイルとグリスが混ざったのが飛び散っています。
オーバーホールしないとダメですね・・・


CIMG4379


クラッチレリーズの漏れは確定です。

明日バッテリー充電されてエンジンかけられれば点検続きです(`・ω・´)ゞ


ヽ(*´ω`*)  1/ 28 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


BlogPaint


さて、充電されたかな?


CIMG4387


されてたけどエンジンかからず。
メカたつろうさん助けて。

「あいよー」


CIMG4393


さすがウェーバーたつろうさん。無事エンジン始動。
「かかったけど調子悪いね・・・オーバーホールしてセッティング出さないとかなり乗りにくいよ」


CIMG4405


「コイルもルーカスゴールドって事は3Ωだし色々やりたい所多いね」


CIMG4408


簡易チェッカーによると意外ですがバッテリーは大丈夫そう。。。
車検工場で再度キチンと確認しますけど^^;


P1020296


ブローバイも戻してあげる必要あるし燃料フィルターの反対側のホースも交換しておきたいですね。
サイトからメール頂ければお見積り書を添付しますのでよろしくお願いします(`・ω・´)ゞ









2019.01.29
ウエーバー、たつろうです。



CIMG3896


エンジン不調の原因を探ります。







CIMG3895


今日は、自慢のセッティングパーツを持ってきました。



CIMG3897


ウエーバー、サイドドラフト

DCOE 151

一般的なスポーツキャブレターです。
今は、結構、価格が上がってきてNEWパーツは、お高いです。
当職もこれを付けたい。

CIMG3898

まず、車上で、ジェットの確認をしました。
ジェットホルターや各ジェットが、以前の整備で固かったようで、状態はあまり
良い方ではありませんが、
が使用には、問題無さそうです。




CIMG3899

セッティング的には、一般的だと思います。






BlogPaint

かなり硬いようで、プライヤー等で握って脱着していたと思われます。



左がジェットホルダーにエアージェットが取り付けてあります
右がポンプジェット
手前が、ジェットホルダー


現状で、アイドリングはするようになりましたが、3.4番ポートのガスケット辺りから
エアーを吸っているようです


ヽ(*´ω`*)  2/ 2 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG4734


HR様ご来店です♪


P1020612


ミニを見ながら車検の作戦会議。


CIMG4736


「ではこの作戦でいきましょう!」
承知しました(`・ω・´)ゞ

部品発注からしていきます。




2月3日追記

曽根です。


P1020716

まずは水路洗浄から始めます。


P1020720

室内のヒーターコアからの漏れチェック

P1020721

漏れは無いようですね。。


BlogPaint

ヒーターバルブが付いてませんでいた・・・・

直管パイプなので1年中ヒーターに温水が流れこんでます。。

まぁ、夏に暑いのを我慢すればよいのですが、ヒーターバルブ付けといた方が良いと思います・・・


P1020719

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始


マニホールドかスロットルシャフト辺りからエア吸ってるので低回転だと

少々不調なので回転を上げ気味で行います。

P1020724

ラジエターに挿した温度計と水温計を比較しながらチェックしていきます。。

P1020725

社外の水温計は30℃からなのでまだ動いてません・・・・・

しばらくして判明しましたがこの水温計は作動してませんでした。

センターメーターに並んでる52㎜の水温計のほうが動いてました。


P1020726

アイドリングでの燃焼を助けてもらうために

エコマックスアイオンを2個付けました。。。 

P1020727

キャブ車の水路洗浄の時は必須アイテムです。。。


P1020732

ラジエターの温度が75℃まで上がりました。。

もうサーモスタットが開いたのでしょうか・・

P1020734

ラジエターの水面は穏やかです。

サーモスタットの密閉は良くないようですが全開にはなってませんので

一応合格。。

P1020735

82℃まで上昇しました。。

P1020736

今度は勢いよく流れこんできてます。

82℃のサーモスタットが入ってますね。

P1020737

その時の水温計の針は 3/4 程まで上がってます。

この水温計は少し高めを指しますね。 

この位置で82℃と覚えておいてください。

P1020740

そのまま上昇させて93℃まで上がりました。


P1020741

水温計は振り切っちゃいました・・・・ 

実際には93℃ではありますが、精神的にはかなり不安になる針の位置です。


P1020730

電動ファンは手動スイッチのみで作動するようです。。。

ステアリング右下のこのスイッチが電動ファンでした。

右のモニターランプが緑に光ってるので回ってるのと思ったら・・・・

P1020742

動いてません。。


P1020729

スイッチを上げるとモニターランプが消えて

P1020731

ファンが回りだしました。  モニターランプに惑わされました(笑)


ラジエターと電動ファンの間のゴム製のストーンガードが無いので

電動ファンが回ってもラジエターのフィンを通らずこの隙間から空気を吸ってしまうので

暑くなったらなかなか水温が下がらないですね。。

P1020747

ウォーターポンプ周辺は冷却水の漏れ跡?

LLCが乾いて固まったような白い結晶があります。

できれば、電動ファンスイッチ付きのコア増しラジエターに交換して、

その時 このウォーターポンプやラジエターホースも併せて交換しておけば

安心ですね。

CIMG4885

洗浄終わったので吸い出しますよぉ~

P1020749

汚れはそれほどでもないです。 

クーラントの入れ替えメンテナンスはされていたようです。

P1020752

ラジエター口から逆流で吸い上げ・・

P1020754

次はヒーターコアからも逆流で詰まった汚れを吸い出します・・・

P1020755

左がヒーターコア 右がラジエター。。

ともに汚れは出てきませんでした。

今後も定期的な洗浄を続けていってください。

P1020757

クーラントを入れます。。

ラジエターへの飲み込みがあまり良くないですね。。

もう洗浄では取れないくらいの固まった汚れが詰まってるのかもしれないです。

だいぶ過去に、水路メンテナンスが悪かった時期があったのかもしれません・・


P1020759

鉄エンジンには必須の水路サプリメント・・ クーラントブースターを入れます

P1020761

リザーブタンクにも補水して水路洗浄は完了です。

P1020768

P1020770

洗浄後、試運転しましたが、低回転ではエア嚙みで不調ですが 回転が上がれば

さすがウェーバーキャブ!  って感じですね。

でもまだまだ調子良くなると思います。。。 楽しみ~



ヽ(*´ω`*)  2/ 4 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG4953


キャブのパーツがまだ来ないので先に車検対策始めます。


BlogPaint


イキナリ問題発生(汗)
ホイールナットが60度テーパーの物が使われていました。


CIMG4955


このホイールはラウンドタイプを使うホイールなので穴の奥が変形しちゃっています・・・
ナットも緩みやすいですしこれは危険です。

戻す時はナットをラウンドタイプに交換します。


BlogPaint


それともし将来フェンダーレスで構造変更する場合はホイールも交換する必要あります。
このホイールですとオフセットが+13足りません。

フロント2本を+48に交換に交換すれば大丈夫ですがその後のローテーション等考えると4本交換した方が良いですよね^^;


CIMG4959


元付いていたナットはこのホイールには使えませんが別のホイールを買ったりしたらそちらに使えるかもしれませんので助手席に置いておきます。


CIMG4961


サイドマーカーは配線ごと無いので急場しのぎですが作ります^^


CIMG4962


無事点灯ヽ( ´ー`)ノ
オーバーフェンダーも取付完了♪

これはこれで似合います・・・よね?(笑)


CIMG4966


アンダーガードはかなり汚れていたので綺麗にお掃除。


CIMG4967


オイル抜きます。
走行距離はわかりませんがドレーンの状態は見る限り悪くないですね。


CIMG4968


SOD-1の準備しておきます^^


CIMG4975


新旧交代の儀。
今回PECSも取付します。

鉄粉がまだ小さい1次摩耗粉の状態で吸着するので2次・3次と成長するのを食い止めます♪
スルスルスル~っと体感できる唯一無二のオイルフィルターです(*´ー`*)b


CIMG4976


HR様は半年乗っていなかったとの事なのでやっぱり体感は無理です(´;ω;`)


BlogPaint


ドレーンにシールテープが巻き付いています。。
オイル漏れを警戒したのかどうなのかわかりません・・・

今回は普通にシールテープ無しで締めておきます。
もちろんパッキンは交換します^^


CIMG4980


オイル投入♪
キャブ車に人気のA.S.H. PSE 10W40っと思いましたがまず標準的なWAKO'S PRO-S プロステージS10w40を味わって下さい^^

次回PSEを使って変化を楽しむのが良いですよね♪


CIMG4981


オイル量見づらいですがMAX丁度くらい。
時々チェックしてくださいね^^


CIMG4983


次回のオイル交換はお盆前後か25,000km走行のどちらか早い方です。
キャブ車でブローバイも多めなのでもう少し早いタイミングでも良いと思います。


カルテ


オイルカルテを作りました。
今後オイル交換の度に追記していきます。


BlogPaint


車検用リクルートタイヤもしっかり締めないと危ないですからね^^


CIMG4985
CIMG4987


車内もヘッドレストにクラッシュパッドに対策をしました^^

ところで触媒はどっちの作戦でいきましょう?


ヽ(*´ω`*)  2/ 5 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG5071


タイヤマン参上♪
パパっとタイや交換完了ですヽ( ´ー`)ノ


ヽ(*´ω`*)  2/ 15 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


追記遅くなりましたm(_ _)m
車検工場から「ブレーキマスターからPバルブへ行くブレーキパイプが破損してるから何とかしてー」と連絡あり(*_*;


CIMG5555


もう部品は無いので中古良品引っこ抜いて工場へ。


BlogPaint


今まで付いていた方のパイプ。
完全にクラック入っていますね(^_^;)


CIMG6487


車検対策したところを戻していきます。
サイドマーカー用に引っ張った配線はフェンダー内に取っておきますね。


CIMG6488


ラグナットはラウンドタイプへ交換しておきます。


CIMG6490


新しいタイヤは気持ちが良いですね~(*´ー`*)


CIMG6491


マフラーもGBスタイルへもどします(`・ω・´)ゞ


CIMG6492


左のドライブシャフトも交換終わっています。


CIMG6493
CIMG6494


クラッチマスターレリーズも作業完了♪


CIMG6496


タイヤはきちんとトルクで締めて完了^^


残りはウェーバーのオーバーホールです。
もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m






2019.02.17

ウェーバーのオーバーホール開始です

CIMG4502


オーバーホールガスケットキットとエアークリーナーケース、インシュレーターが届いてます







CIMG4503

パーツの解説図が付いてきます。







本体を取り外しました





CIMG4505





CIMG4504

分解を始めます


CIMG4511

3番シリンダー&4番シリンダー用のキャブレターホールです
何故かアウターベンチュリーがカーボンで真っ黒です
よく見るとキャブホーンとアウターベンチュリーにスキがあります。
吹き返しの原因かもしれません?






CIMG4512


1番シリンダー&2番シリンダー用キャブレターホールです

インマニとキャブの間にガスケットをシール材で取り付けてありました。
一般的にはめったに行わないのですが?





CIMG4507

何か理由があるのでは_?






CIMG4523

1番シリンダー&2番シリンダーホーンです


アウターベンチュリーとキャブレーターホーンの間が、腐食しています
何故でしょう?





CIMG4513


フロートストレーナーも異物で詰まっていました




CIMG4521


フロート室の底ふたです。3色の異物です。
赤色と黒色は、固形化しています。
白色は、ペースト状です。

CIMG4522


これから、各パーツの点検、清掃を開始いたします。









20190218
各パーツの清掃が完了して組み付けを行います


CIMG4534



点火タイミングの点検です。車検整備項目に含まれます。

今はあまり使用しなくなりましたが、タイミングライトです。
当職が整備士になったころは、これが無いとポイントの交換が
できませんでした。
その上のメーターは、ドエルタコテスター。
この2点は、認証指定工具の一部です。
当職の自前工具ですが、これが無いと直せない修理もあります。








CIMG4528
フロントグリルを外し、デストリビューターを回転させて調整いたします。


点検の結果、0°
通常は、上死点前、16~20くらいの間で調子の良い位置でセットします。









BlogPaint

固定プレートを止めている
陰に隠れた11m/mのボルトを緩めます。


が、ここで
事件が、工場内で起こったのです。
緩みません。スパナが回りません。
メガネレンチはスペース的に入りません。




CIMG4529


作業性向上のためスターターモーターとデスビ部のイグナイターを取り外します。






CIMG4531


魔法を使います。
魔法で、ボルトの6角部を削り落とします。
そして
魔法のスプレーを塗布して10分くらい待ちます。






CIMG4532


P1040602



そして奇跡が、いつも表れます





セッティングは、走行しながらプラグの焼けなど状態を確認しながら行います
場合によっては、外でも



P1040639

キャブレターの調整とジェットの一部、変更します。

エアージェットを22から200へ
ポンプジェットを40から45へ

これでフィーリングがかなり良くなりました。
これで試乗していただければ、車検前よりの違いが体感できると思います。


ヽ(*´ω`*)  3/ 24 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


お忙しい中HR様が御来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG1694


「タブレットホルダー買ってきたから帰りは大きなナビ使えるんだぜー」
大きいことは良きことです♪


CIMG1698


今回の整備内容とこれからの宿題のおはなし。
まずは点火系からヴァージョンアップですか?
それとも一気にレーシーな感じにしちゃいますか?(*´ー`*)


CIMG1700


「今日はこれからお家に帰って一昨日の飲み会の反省会するよ」
反省会の飲み過ぎ注意ですね(笑)

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


・・・っと閉店間際に緊急TEL。

「家の手前でエンジンかからなくなっちゃったー」
明日レッカーで再度入庫予定です。。。

到着次第確認してご連絡します。
ご迷惑おかけいたしますがもうしばらくお付き合いくださいm(_ _)m



20190325

整備のたつろうです。
車検直後にエンジン不調にてご不便、ご迷惑おかけいたしてます。




CIMG6116


本日、午後、お車をレッカー配送業さんより受け取り、入庫いたしまた。

爽やか系、イケメンの
レッカードライバーのお兄さん
「ありがとうございました。」




レッカー業者さんからの引継ぎ連絡では、本日、回送の為に積載作業は
普通にエンジンが始動でき自走で乗せることができたとのことでした。


CIMG6137


入庫時に点検しましたら、ガソリン臭があり、キャブレター付近に
燃料の漏れたような痕跡がありました

燃料系の締め付けなど、各部を増し締め点検しましたが、緩みは
ありませんでした。
キャブレターの下部に滴があり、オーバーフローを一時的にした可能性
があります。

オーバーホール直後なので緩みなどのチェック後に
アッパーホーンを外し、ニードルも確認をしました。
が、特に異物などは発見できませんでした。



CIMG6136

息つき吹き消しが少しあるため念のために
点火タイミングを少し戻しました。

BlogPaint



BlogPaint



CIMG6169


調子が戻りました


CIMG6170

低速域から高回転域まで
調子が戻りました。


エンスト後からの不調と伺い、状況から察すると一時的なカブリ状態
がもしかしたら、オーバーフローになる原因があったのではと思います。

今回のような状態になった場合などの試していただきたい
対処法などもご参考になるかと思いますのでご納車時に
ご説明をさせていただきたいと思います。
ご来店時にお時間をいただきたいと考えています。
よろしくお願いします。

再度、ご納車のお約束を含めてご連絡をいただければ幸いです。



ヽ(*´ω`*)  4/ 25 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


お忙しい中HR様ご来店です♪


CIMG5328


Weberたつろうさんからレクチャー。


CIMG5330


「これでもうバッチリ!」


CIMG5332


たまには元気よく走って上げてくださいね♪
ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002