曽根です。


いよいよ、来週3月3日はスーパーバトル第1戦です。。。

今年からインジェクションは3つのクラスに分かれました。。。

① 1分11秒台まで ・・・ エボリューションクラス

② 1分17秒台まで ・・・ スプリントクラス

③ 1分18秒台以上 ・・・ リーガルクラス


ワークスATはベストタイムで13秒台なので、②のスプリントクラスです。

ということは・・・あと2秒縮めると優勝圏内!!!!ってことぉ~?

いやいや、そんなに欲かかないから、とにかく表彰台にあがれるように頑張ります。。。


実は今回のクラス分けで一番の注目は、③のリーガルクラスなのです。。。

ノーマル車でSタイヤを履いただけくらいでも入賞を狙えるクラスになりました。

あまりお金を掛けずに参戦できて、入賞を狙えるクラスです。

レースに興味あるけど、みんな速すぎて・・・・とあきらめてたノーマル車の方も楽しめますね。。







さてさて、話はワークスATに戻ります。

572316558.295911

ストリートMINIに毎号出てる 『ワークスATのてっぺんを目指せ』

上の記事は現在発売中のVOL.40 4月号です。。。

P1030240

記事でも予告してますが、今回は更なる点火チューン。。。

そして足回りは タイヤとショックアブソーバー交換が今回のメニューです。



点火と言えば、前回試したプラズマブースターは効果ばっちりでした。。

そして今回は点火時期をもっと進めてみようと思います。

マニュアル車の点火信号はフライホイールのトリガーからで、これをズラすことで

ECUを騙して点火時期を進めるっていうやりかたで3代目曽根号もノーマルとは思えないほど元気になりました。

P1030243

インジェクションのオートマ車のトリガーはコンバーターに付いてて

これをズラすのは少々大変なので、トリガーが付いたクランクプーリーと

クランク角センサーをSV田中氏にワンオフで作ってもらいました。。。


CIMG7961

そして 取り付けるのは・・・・ たつろうメカにお願いしちゃいました。。。


P1050399

ラジエター外して周辺を分解してます。

P1050410

クランクプーリーはハーモニックバランサーを付けてたけど

今回、選手交代です。。

ただ・・・ なかなか外れずたつろうメカ苦戦か

と思ってたら

P1050412

外れたぁ~

CIMG7982

これが外れればあとは組み付けるだけさ・・

CIMG4992

クランクプーリーのトリガーの山のすぐ横にクランク角センサーが付きます。

このクランク角センサーの取付位置で点火時期が決まります。

オートマ車用は前例がないとのことで、取付位置も限られてることから

約10°進角する位置にクランク角センサーが付きました。

P1050437

外れてるラジエターのコアを隙間をエアブローするたつろうメカ

『ここ掃除すると全然冷えが違うんですよ』


P1050456

ラジエターを取り付けて エンジン始動

ぶぉぉぉ~ん

セル回してる始動時から、点火が進んでるのでセルはやや重い感じで回しますが

掛かってしまえば軽く吹き上がってる感じです。。。


P1050465

実際の点火時期は、キャブ車と同じようにクランクプーリーに付けた印を

タイミングライトで確認します。。

アイドリングで約20°位かな。。

ECUの指令より 10~11° よけいに進角してます。。


BlogPaint

ECUに魔法で 点火時期を4.5°進めてましたが

ECUに入る信号を10°ずらしたので、

このままだと本来のプログラムによる点火時期より14.5°も早くなってしまいます。。。

それはいくら何でも進みすぎなので

BlogPaint

ECUの魔法は解除しておきます。



すぐに試乗したいけどテストは明日に持ち越し。。

明日の楽しみに取っておきます。




CIMG7996

あのさぁ~、3日の天気予報が雨なんだけど

P1050358

タイヤの溝が少ないから雨だと危ないよねぇ。。。

P1050355

もう1回使おうと思ったけど、やっぱり新品に交換しよーっと

P1050468

やっぱりアドバンA048 だよね。。

P1050481

タイヤ付けかえる前にショックアブソーバー交換 やっとくよ


P1050488


P1050483


P1050492

これはリヤショック。。。  新旧交代の儀。。。

次はプロテックをチョイスしました。

ビルシュタインはイイんだけど、調整できないのが難点でした。。。

プロテックはオイルショックで反発が弱く、どちらかというと伸び側で強く効くタイプです

しっとりした感じになる予定。。。


P1050493

たつろうメカが リヤショックを付けてる間に

私はフロントショックを替えようなか。。。

P1050494

と思って、交換し始めましたが、プロテックに取付用のボルトが入らないことが判明。。

明日、加工して再チャレンジします。。








最後にオイル交換しておきます。

P1050505

茶こしセンサーには何も引っ掛かってませんでした

P1050509

サーキット2回走行 の割には綺麗なドレンでした。。


P1050512

今回も 排油はジョッキで受けて・・・ 3代目曽根号でもう少し使います(笑)


前回のオイル交換は11月で 去年のSBoM最終戦と、

今年2月のトラックディの2回走りました。

ワコーズの最高峰レーシングオイルの4CR-SR 5W40(4輪専用) で

レスポンス、パワーともに最高なんですが・・・

2,3速の立ち上がりでオートマが滑る感じがしたので

P1050528

ワコーズのレーシングスペックの中での定番オイルのトリプルRをチョイス

サーキットを1回だけ使用に限定すれば30番オイルでも大丈夫なはず。。

湿式多板クラッチの隙間を常にクリーンに保ってくれるSOD-1で密着力がより高まります。。

前回はSOD-1を入れなかったので2,3速が滑りやすくなった可能性あります。




P1050533

とりあえず、途中ですが今日はここまで

明日、定休日ですが作業の続きと、走行テスト行う予定です。





2月27日追記


今日は、実際に走行して何度まで進角するかを確認します。。。

P1050546

まずはアイドリングでの点火時期は、ECUが指示してるのは13°

トリガーで10°ずらして進めてるので 23°ということになります。

アイドリングとしてはかなり高めの点火時期です。。


P1050550

では、実走テストに行ってきまーす。


P1050556

高回転高負荷での点火時期が重要です。。。

2速、3速で アクセル全開で加速してる最中の点火を見ます。。



P1050568

4522rpm  21.5° + 10° = 31.5°


P1050569

5138rpm   24.0° + 10° = 34.0°

P1050571

6119rpm   27° + 10° = 37°

P1050572

6322rpm  28° + 10° = 38°

いいところにきました


P1050578

中低速トルクはハッキリ体感できるほどモリモリしてきました♪

高回転での差はサーキットで他の車と比べないと分かりません・・

P1050580

特にスタートからトルクフルなので、苦手なゼロスタートを克服できるかも・・・・

3日のレースではスタートに期待です。。。






お次は、燃料に入れるFORCE-1 でピストンリングの潤滑強化で圧縮アップを狙います。

P1050583

ガソリンタンクに1度入れて、最長1万キロほど効果が持続するそうですが

5000㎞毎くらいに入れた方がよさそそうです。

P1050584

曽根号、や MCZ号  で圧縮上がったのは実証済みです。。

P1050588

FORCE-1は、2~30㎞くらい走ってピストンリングに潤滑材を定着させます。。

中央高速 → 圏央道 → 一般道 →

P1050590

30㎞くらいは走りました。。。

さらに快調にトルクフルになりましたよ。♪

点火時期 + FORCE-1 でパワフル実感です。。。





最後はフロントのショック交換。。。

P1050591

今までのビルシュタイン(ショートストロークに改造済み) は

ガスショックなんで反発力もあってサスペンションを更に硬くする方向に働きます。

ウェットコンディションだと、ちょっと硬すぎるかな・・・・って感じ


P1050596

ビルシュタインから・・・

P1050601

プロテック ショートタイプに交換。。




P1050604

片側に車重を乗せて縮めたとき 27cm 

ブレーキングやコーナリングではもう少し縮むと思いますが

プロテックの最短スペックが22cmだからまだ余裕あります。



P1050605

リフトアップしてタイヤを浮かしたとき30cm  

プロテックの最長スペックも30cmなので伸びきってる状態です・・。


P1050608

これで、前後ショックがプロテックになりました。

3日は雨みたいだし、13段階の一番弱いところでセットしておきます。


P1050609

最後の仕上げはタイヤのご馳走。。

窒素 + セラミックエアーね。。


P1050611

濡れた路面に吸い付くようになるセラミックエアーで雨を制することができるか!!

フロント220kpa   リヤ200kpa でセットしました。

P1050622

P1050624

最後のテスト走行、。。

P1050620

ショックの調整が一番弱いこともあり、ビルシュタインよりだいぶソフトな乗り味です。

セラミックエアーも効いてるので、ゴツゴツ感はなく

これならドライブでも快適だな・・

当日の路面コンディションでショックの強さは調整します。


P1050630


さてさて、エンジンがパワフルになって、足回りはややソフトになった

今回のバージョンアップによって、3月3日のSBoMで果たして結果を出せるのか・・・


今のところ3日は雨予報ですが・・・・ハゲマル劇団長のピカール光線で晴れにしてください。。


では、応援よろしくお願いします。







にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002








P1050585

149733km 覚え書き