筑波!!!!!
   
ふなっしーさん。 お疲れさまです。


CIMG5173


ヤッタゼ、キャメル劇団
ヤッタゼ!!!!   ふなっしーさん、3位入賞、おめでとうございます




CIMG5174

が、しかし、筑波の帰りの突然ウインカーが点かず
フーズ切れ



最初はフーズ切れだったそうですが、
20Aを入れたら切れなくなったが
点滅、点灯しなくなってしまった。





CIMG5177

リレーの位置を探します


ありました。
新しそうですが、
分解して確認します




CIMG5178

問題無さそうな?




CIMG5179


コイル式のようでチップが入ってますね。
水が簡単には入りそうにないですが、
防水リレーでは無いですね。




試しにNEWパーツを



CIMG5180


復活しました。
原因をこれから探求です。






20190305

ヘッド周りから打音が感じるのでタペット調整を確認します。

CIMG5249

全体的に数値が広めです。
NO4のEXは、0.45ありました。他も0.40くらいです。

また、アイドリング中の連続した「カタカタ」音は、
オイルフィラーキャップでした。


CIMG5244


エンスト後、再始動できないの原因だそうです
UGコイルのコネクターのロックピン。


CIMG5248


コネクターのロックピンを取り付けます。
これでコイルからコネクターが外れません

そしてエンジン始動
ウインカーの作動確認を????
また点滅しない?????


CIMG5250




何と原因がもう一つありました。
雨で漏電したのかと思いましたが
ハザードランプスイッチの改造部位の絶縁不良でした。
テーピングで養生して再確認。
今度は、改善したようです。




20190310


が、しかし
キャメルを出て、すぐにまた、ヒューズが切れたそうです。






CIMG5467



センターキー付近の配線を絶縁処置します。




CIMG5465
バルブが入っていない状態です。

ターンランプの絶縁とショートを点検します。





一見するとこんなのでと思いましたが。さすが歴史です。

ショートしそうですが
BlogPaint


バルブが入ると上方向に上がりアースから離れ、ショートの危険性が薄れます。












BlogPaint

まるで囲ったAとBがウインカーの接点です




CIMG5470

キャンセルカムとターンレバーのキャンセルアームの位置がずれています。
原因のもうひとつは、ステアリングシャフトのサポートB/Kの締め付けが
緩んでいて1から2回転くらい締まりました。
締める前は、ステアリングを上下に動かすとコラムチューブが動きキャンセル
カムの位置がずれることを確認しましたので増し締め。


右にウインカーを出しキャンセルした瞬間Aが下方に下がりCのキャンセルカムに
接触してショートすることが分かりました


CIMG5471


正規の位置はこの辺り


CIMG5472

Aには12V来ています。

CIMG5480


ふなっしーさん、原因はこのような状態からだんだん、頻度が増えたようです。


CIMG5479

もうこれで、切れないでしょう

CIMG5482

当職、壁にぶつかりそうでしたが、何とか修理が完了いたしました
長らくお待たせしました。



CIMG5483

ありがとうござしました。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002