曽根です。



HMM様よりオートマの3速に入らなくなった・・・・とのことで

保険会社の無料レッカーサービスで搬入していただきました。


P1060793

福島県からなので当初はキャメルの安心オートマらくらく便をご提案してましたが、

HMM様の任意保険の無料レッカーは500kmまでOK! とのこと。

福島県から300kmなので、無料でキャメルまで運んでもらえました。。

オートマ乗りの皆さーん、いざという時のために任意保険の無料レッカーの距離は確認しておきましょう

P1060795

HMM様は来られなかったので、代わりにレッカーのドライバーがご挨拶!



BlogPaint



BlogPaint

ユーコングレーのきれいなヘリテイジです。。

P1060801

インパネはウッドからホワイトのペイントに変わってました。

P1060803

内装もきれいですね。。。

愛情が伝わってきます。

P1060805

バッテリーは上がってたのでジャンピングでエンジン始動。。

P1060806

メーターは71690km。。


P1060808

暖気したあと20mほど移動してピットの近くまできたら

助手席の前のフロントガラスが曇ってます。。

P1060812

室内から見てもこんな感じで曇ってます。

ヒーターコアからの漏れが怪しいです。。

BlogPaint

下からヒーターユニットを覗いてみたら

緑の液体(LLC)が滴になって伝ってました。。

漏れの量は多そうです。   これは修理しておきたいですね。


P1060810

試乗テストする前にエンジンルームを軽く点検

P1060811

オイルは1リットル以上減ってます。

オイル量はオートマの作動にも影響するので

P1060822

試運転の前に1リットル補充しておきます。

P1060823






P1060830

冷却水はOK

P1060868

ブレーキオイルは・・・・

P1060869

あーっ 少ないです。

あと、もう少し減ると突然ブレーキが効かなくなるところでした。

効かなくなる前に気づいて良かったですね・・・


P1060871

ブレーキマスターの根元から漏れ跡です。。

リヤブレーキカップも含めてもう少し精査する必要あります。

BlogPaint

では、オートマの状態チェックの為に試乗です。。。

タイムラグは大きめです。

P1060814

HMM様が仰る通り、3速に入りません。。

2速で引っ張って3速を飛ばして4速に入ります。

P1060816

3速ホールドにしても入りませんね・・。

オートマの3速に何かが起こってることは確かです。。

過去に同じような症状のMINIがありました。。。

リバースのストールテストはOKでした。


BlogPaint

リフトアップして下廻りもチェックしておきますs。

P1060836


P1060837

右足。。 ハブ、ジョイントのガタはなく良好。。

P1060838

しかしラックブーツが切れてました。。


P1060839

破れが大きく広がる前に交換しましょう。


P1060844

左足も、ハブやジョイントはOK

P1060846

ナイロンベアリングにはガタがあり、上下に動かすとコトコトと音と振動があります。


P1060847

左のラックブーツも切れてました。


BlogPaint

リバウンドバッファーが千切れてます。 交換ですね。

P1060851

ラバコンはペッチャンコ・・


P1060841

ミッション番号と


P1060842

デフケース番号は同じ、

オートマの修理歴はなさそうです。。

P1060854

あちこちのオイル漏れには苦労した様子がうかがえます。

P1060855

安心オートマにすればオイル漏れも改善します。。。


P1060859

後ろに回って点検。。

P1060860

リヤには車高調整するハイローキットは無く、ノーマルのストラットコーンのままでした。

リヤのラバコンもだいぶヘタってます。。

ラバコン交換して足回りリニュールもやりたいですねぇ・・・

P1060862

タイヤが簡単に持ち上がってしまいます。。

ショックアブソーバーも抜けてました。。

明日以降、オートマの油圧と、ドレンボルトの鉄粉の確認します。



3月10日追記

P1060877

一晩充電しましたが、残念ながらバッテリーは復活せず・・・

サイズも大きくスペアタイヤと干渉するので

P1060876

標準サイズのバッテリーに交換します。

取付ステーが無かったので、専用ステーを使って取付けます。


P1060936

ミニモニでECUチェックします。

P1060937

水温センサーにフォルト

P1060938

クランク角センサーにもフォルト

P1060942

吸気温センサーもフォルトが入ってました。

P1060944

一旦リセットして再発を確認します。

P1060945

ノーフォルトになりました。

イグニッションONの状態で各パーツを脱着してもフォルトが入るので

これで様子をみます。 フォルトが再発するようなら部品不良の可能性もあります。

P1060953

マルチ画面では アイドリングが高いのとステップ値がゼロ。。

2次エアーを吸ってる可能性もあります。後ほどチェックします。


P1060946

MAP値もやや高め・・   やはり2次エアが怪しい。。

P1060947


水温センサーは表示してます・・  やはりフォルトは一過性のものだったかも・・

P1060948

吸気温も同じく。。

P1060949

電圧OK

P1060950

O2センサー稼働中

P1060951

アイドル時の燃調補正もOK


P1060954

2次エア探求でパーツクリーナーをエンジン各部に吹いてみましたが、

変化なし。。。   2次エアの箇所は特定できませんでした。

エンジン脱着の際に再確認しますが、バキュームホースはすべて交換しておきたいです。


P1060974

オートマに掛かる油圧チェックします。

フィルターヘッドに油圧計をつなげます。

P1060993

フィルターヘッドの温度を油温として考えます。。。

P1060975

油圧系をFガラスに貼り付けて準備OK

P1060976

ニュートラルでアイドリング時の油圧は約6.5kg

P1060980

Dレンジに入れて前進側に負荷を掛けます。


P1060981

約6.4Kg  いいですね

P1060984


そして、トラブルのある3速は・・・

P1060985

油圧には問題なく6.4㎏でした

サーボピストンが抜けちゃってる・・というトラブルではないですね。。。

P1060982

リバース

P1060983

一旦大きく下がってから11.5㎏まで上がりました。。

リバースのストールテストもOKです。






油圧ランプ再点灯までの時間による

簡易残圧チェックは5秒。  



3月15日追記

P1070415

ドレンボルトの鉄粉チェックの前に暖気してオイルを温めます。


P1070422

割と早めに電動ファンが回りだしました・・・

P1070423

サーモケースはまだ78℃ですが、

P1070424

増設してあるデジタル水温計(pivot)は91℃を指してます。

電動ファンの作動コントロールはコレで行っているようですが

実温より高めを指してる可能性あります。


P1070428

オイルも温まったので、ドレンボルトチェックします。

別のドレンボルトを用意してサッと入れ替えます。。

P1070432

摩擦材と鉄粉が混じった状態です。。

3速ドラムには傷が入ってる可能性あります。

















つづく



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002