曽根です。


前回はラバコン交換で新車の乗り心地になったUCK様のMINI。。

急にエンジンが調子悪くなってレッカー入庫です。。

P1080165

入庫したのは3月21日のことでした。

BlogPaint

すぐに手が付かずすみません。。。  確かに不調です。

やっとこさ、キャメルのピット前まで走らせました

爆発してないのは1気筒じゃなく2気筒かな・・・って感じ

もう一つ、クラッチも異常です。

クラッチが深く完全に切れずギヤがなかなか入りません。。。

これも後ほど点検必要です。





3月22日追記


BlogPaint

エンジン不調は点火系のトラブルのようです。

P1080243

同時点火モデルなので、 1・4番と 2・3番 のグループ点火です。

1・4番のプラグコードを抜くとまったくエンジンは初爆すらありません。

P1080244

2・3番を抜いて 1・4番だけ繋ぐと、さっきの不調の状態と同じです。

なので、グループ点火の2・3番が点火してないと考えて間違えないと思います。



3月23日追記

BlogPaint

リフトが空いた隙に点検します。

P1080421

先にクラッチが切れない原因をチェック。。

P1080422

クラッチフルードが減ってます。。

こりゃどっか漏れてますね。。


BlogPaint

右フロントフェンダーの隙間からエンジンルーム方向を覗いたところ。。

赤丸の部分からフルードが漏れてます。。  

クラッチが切れにくくなったのはクラッチレリーズからの漏れが原因ですね。

クラッチマスターも今まで交換された形跡がないので、

クラッチマスター&レリーズをセットで交換をお奨めします。


P1080425

右のサブフレームが漏れたクラッチフルードで濡れてました。。

クラッチは部品交換すれば解決します。





P1080430

さて、エンジン不調の方ですが

P1080432

2・3番が点火してないのを確認します。

P1080431

プラグも、2.3番はガソリンで濡れていて、燻ってもいません

1・4番だけが爆発していたことがこれではっきりしました


考えられる原因として

● ECU(コンピューター)

● ECU~IGコイルまでの配線

● IGコイル

の3つに絞られます。


P1080434

で、一番可能性の高いと思われた IGコイルを交換してみました・・・・

しかし・・・

症状はまったく変わらず。。

消去法により原因は他の2つに絞られました。。



3月25日追記


今日はテスト用のECUと交換してみます。

CIMG6144

CIMG6147

CIMG6148

ブォ~ン

何事もなかったかのように普通にエンジン始動。。。

犯人はECUでした。。

幸い、97年式以降のECUはまだ新品供給あります。。

中古も出回ってますがどれも20年選手ですから ここは新品にしましょう。


UCK様にも承諾いただきまして、クラッチ修理と併せて進めさせていただくことになりました

もう少々待ちください。



3月28日追記

P1080775

新品ECU届きました


P1080854

ECU交換でエンジンは完全復活。。。 

P1080867

クラッチマスター と ステンメッシュホース

P1080868

日本車用のダブルカップのピストンを流用した最強のクラッチレリーズ!

BlogPaint

お待たせしました。

P1080977

ありがとうございました。


P1080978

PS.キャメルから出るときに、左リヤからキュコッって音が聞こえました。。

もしかするとショックアブソーバーからかもしれません。

馴染んでも音が消えなかったら交換させていただきますね。。。

もう少し様子見てください。










にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002