曽根です。


新車からのワンオーナー96年式クーパーです。

MINIは奥様用で・・セカンドカー・・いやサードカーくらい?

23年目のリフレッシュオーバーホールとしての一環で安心オートマをチョイス

オートマにはタイムラグはあるもの普通に変速する状態でした。


DSC06745

オドメーターは2万キロ

室内保管で紫外線に当たってる時間が短いので内装もきれいです

シートの擦れも少なくしっかりしています

DSC06748

メンテナンスは交友のある某国産新車ディーラーで行っており

エンジンルームは洗浄されていて見えるところは綺麗で

整備工場でも丁寧に扱われてきた感じは伝わってきます。



Image1

さて、今回は『もうちょっと元気よくしたい・・・』 というプラスワンの希望で

今話題の、SVオリジナルピストンを組み込む予定です。。

チューニングヘッドやカム・・・などはノーマルのまま、

このピストンの効率アップだけの効果を確認させていただくことにしました。

ま、その結果は本編の WTN様 23年目の総リフレッシュ作戦・・・・ で






では、安心オートマになるまでの分解点検の様子をお伝えします。


CIMG9564


DSCF7137

水路メンテナンスの頻度は少なかったようです

DSCF7129

サーモスタットはインジェクション車は88℃が標準ですが74℃が入ってました。。 

水温が適温まで上がらず慢性的に濃い目の燃調だったと思われます。


DSCF7140

ドレンボルトの鉄粉は少ないですね。

ドラムは再使用できそうな感じです。

DSCF7142

キャメルでの入庫チェック時でバキュームホースが抜けてたが見つかりましたが

その影響で黒煙が出てたのでオイルも真っ黒ですね。

低水温だった影響もあると思います。


DSCF7145

DSCF7154

オイルポンプのクリアランスは規定値を超えてるので

リプロダクト品と交換します。

オイルポンプは新車当時からクリアランスが広かったことも考えられます


DSCF7155

DSCF7156

オイルポンプブッシュのガタは大丈夫でした。


DSCF7157

プライマリースラストは広がってましたので

DSCF7161

ワンオフのスラストスペーサーで調整しておきました。

DSCF7162

バルブクリアランスは広がってましたので最後に調整しておきます

DSCF7164

燃焼室のリークダウンテストは良好

バルブの密閉は良いですね。。 

さらに今回はピストンまで交換するのでヘッドも分解OHします。

DSCF7170

2,3番が抜けかかってました。。 ヘッドも修正面研いたします。

DSCF7175

DSCF7176

シリンダーの消耗はほとんどありませんでしたが、

今回SVオリジナルピストンを入れるのでオーバーサイズにボーリングします


DSCF7198

フロントパネルを開けてブレーキバンドのレバーチェック

リバースバンドから・・・

消耗は少ないですね

DSCF7199

3速バンドも

DSCF7200

2速バンドも消耗は少ないです


DSCF7201

エンジンと切り離しオートマの分解に入ります

DSCF7202

ドラムは大丈夫!  再使用できます。

DSCF7203

先ほどのブレーキバンドレバーの点検での予想通り

バンドの消耗は3本とも少なく剥がれてるところもありませんでした。

ここはさすが走行2万キロ・・・というところ。

DSCF7204

メインシャフトブッシュの消耗は・・・・

DSCF7205

やや大きくこれはブッシュ交換が必要です


DSCF7206

アウトプットのCリングが折れてました


DSCF7207

デフサイドのダストシール部分が割れてます

DSCF7209

デフのベークライトスラストが滑落していました。

オイルポンプストレーナーに引っかかってました

DSCF7208

ギヤの状態は少々荒れた感じ。。。  ガツンと入ることが多かった??





あれっ、

DSCF7210

2万キロしか走ってないのにフォワードクラッチのスリッドが残ってない・・

ツルツルです。

DSCF7211

T&Rクラッチも同様にスリッドが全く無くなってました。



まったーマン1ss

低走行でこのような状態になるのは暖機運転が足りないことが原因のひとつに挙げられます

しばらくエンジンを掛けてない状態だと、コンバーターのオイルもオイルパンに落ちてます。

また油膜切れの早いオイルだとギヤの表面や、湿式多板クラッチの隙間からもオイルが抜けると考えられます。


コンバーター内にオイルを汲み上げて満タンになるまでの間は油路にエアを噛んだ状態でしっかり油圧が掛からないのと

湿式多板クラッチは隙間に浸透したオイルの表面張力により動力伝達するので、オイルが抜けた状態では滑ってしまいます。

暖機(準備)運転が足りないと、しっかり油圧が掛からず、クラッチは滑りやすい状態でオートマに負荷を掛けてしまい、摩擦材はすり減ってしまう・・ことになります。







DSCF7212

3速ドラムの軸受けブッシュの摩耗測定・・

DSCF7213

ブッシュ交換が必要です・・。


DSCF7222


DSCF7224

クランクメタルは走行の割には消耗してます。

親子メタルの消耗は油圧低下につながりますので安心オートマでは

すべて必ず交換します。


DSCF7226

バルブリフターは傷の多いものと少ないものが混在します。

せっかく分解してますのでもちろん全部交換します。

DSCF7231

さて、ここからは今回のスペシャルメニューですが


DSC_0431

中低速トルクアップでオートマとのマッチングが良いSVオリジナルピストンへの交換は

これからのオートマMINIのエンジン造りの標準になる可能性を秘めています。


DSCF7233

シリンダーブロックは内燃機屋さんにボーリングに出しました。




DSCF8071

シリンダー側は0.08㎜の修正面研を入れました

DSCF8072

内燃機屋さんから戻ってきたブロック

通常は個々のピストンに合わせて測定加工するのですが

SVオリジナルピストンはワイセコへスペシャルオーダー品で、ピストン精度が高いので

71.0㎜ボアでの加工を指定します。

DSCF8074

いつものブルーマイカでペイント。。。


DSCF8144

組付けていきます

DSCF8147

DSCF8148

DSCF8155

バルブリフターはチューニングエンジンにも使える純正最良品をチョイスしています。


DSCF8158

DSCF8161


DSCF8167

ピストンの周りの黒いオートフィットコートが5/1000㎜というピッタリクリアランスを実現。

シリンダーとピストンのクリアランスを自動的に最適化。。


DSCF8171

コンロッドは重量合わせ程度ですがバランス取って組み付けてます

DSCF8143

キャメルの安心オートマのこだわり・・・・

親子メタル、カムメタルはACLをチョイスしています。


DSCF8174

DSCF8185

完成した安心オートマと組み付けていきます

DSCF8198

タイミングプレートとミッションケースが干渉しないか点検しながら組み付けます

DSCF8205

ハート形のディッシュ形状が高効率の吸入と燃焼を促します

見えなくなっちゃうのがもったいないですね‥(笑)

DSCF8206

これもキャメルの安心オートマだけのスペシャルチョイスの

SVの銅製オイルポンプパッキン

パッキン破損が原因でオートマが壊れる原因にもなるのでこれは重要なパーツです。。。


DSCF8209

キチっとトルクで組付けていきます


DSCF8210

オートマMINIのオイル漏れの原因で比較的多いのがこのコンバーターシール

去年から供給メーカーが変わったことで今後のオイル漏れが減ることを祈る思いです。

DSCF8211

スターターシール交換

DSCF8214

DSCF8218

腰下はほぼ完成。


DSCF8224

パーキングスイッチの作動確認しておきます



DSCF8228

三和さんの対策品のキックダウンレーバーを採用しています。

DSCF8198


ケースと干渉しないかを確認して組付けます

DSCF8229

レバーは右に13時方向、左に10時方向の稼働を確認しておきます。




さて、あとはヘッドを載せるだけ・・

DSCF8230

ヘッドも0.12㎜の修正面研で整えました

DSCF8232

ノーマルヘッドとしてキッチリ仕事してもらえるように

バルブ ロッカーはすべて分解し シートカット 擦り合わせで仕上げてあります。


DSCF8234

トルクでキチっと組付け、

DSCF8237

バルブクリアランスは0.3㎜で合わせました

DSCF8243

補機を付けてテスト車両に積み込む準備して


DSCF8245

テスト車両に積み込みエンジン始動。。。

サーモスタットが開いたところでオートマの冷間油圧チェックOKなので

約30㎞の実走行テストに向かいます。

DSCF8282

オートマのタイムラグ、ギヤの入り、変速状態、すべて快調です。

エンジンは・・・さらに快調。 このピストンのポテンシャルを感じさせます。

詳しくはキャメルオートに戻ってから報告します。


DSCF8781

テスト走行から戻って、最後に温間時のオートマ油圧チェック

DSCF8783

前進油圧  7㎏  良好です

DSCF8785

リバース油圧 約12.2㎏  良好です

DSCF8800


完成です。


乾杯1

今回もスムーズで良いオートマに仕上がりました。

スペシャルピストンで力強いエンジンとのマッチングを楽しんでください



では、本編に戻ります。

WTN様 23年目の総リフレッシュ作戦。。安心&快速オートマと新ピストンでエンジンもフルオーバーホール








にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002