曽根です。



インジェクションスプリントクラス優勝で調子に乗ってるワークスATです。。

↑ 第2戦まではずーっと言っちゃうもんねー(笑)

CIMG1835

ワークスATは調子いいのですが・・・

私は積載車から飛び降りた時に左膝を捻ってビッコひいてます・・

ちょっと膝のボルトを増し締めしてから本日のスタッフミニディスタートです。。。


P1080680

これ以上のエンジンパワーアップはオートマの滑りを誘発しそうな気配なので

前回から足回りをもうちょっと何とかならんか・・・・というテーマで弄ってます。


P1080681

先月取り付けたプロテックですが、稼働してるところが真ん中じゃなかったんで

取付位置の再調整します。。

P1080682

プロテックは、最長で30㎝  最短22㎝ というスペックです。

こうしてリフトアップしてタイヤが下がってるとMAXの30㎝で伸び側が底付きしてました。

P1080684

上の取付穴を1段さげて・・・

P1080686

サスが伸びきった時で27.5㎝のセット。。。

P1080687

脚立にウェイトを載せて一番沈み込ませて・・

P1080689

24.7cm    これなら底付きまで2.7㎝余裕があります。。

CIMG1834

最初のミッション終了。。。

次は・・

エンジンオーバーホールしてから分解してなかった

オイルクーラー用のオイルフィルターのお掃除。。

P1080699

ワークスATのオイルクーラーは油圧損失を防ぐために既存の油路からではなく

オートマミッションのパーキングスイッチ(インヒビター)のボルト穴から

オイルを吸い出して電動ポンプでオイルクーラーに回し、

キックダウン用のコントロールレバーが入る穴に戻してます。

P1080693

メッシュフィルターにちょっとキラキラと光る金属片が引っかかってましたが

微量なのでとりあえずは要観察ということでお掃除だけします。

何事も起こってませんように・・・・・ お祈り_(._.)_





そして、本日のメインメニュー 


P1080701

前回、雨の筑波を4回走行したリヤタイヤ。。。

雨はタイヤが減らなくていいなぁ・・

P1080702

それでも左外側は少しすり減った跡があります。

P1080703

内側はよく見るとイボの形跡もあるくらい減ってません。。

もう少し均等に減るように

もう少しキャンバー付けるか・・・

トーインを弱める方向に調整しようと思います。

走行抵抗も減って、もっとスピード出るようになるかも・・・♪

フロントはネガキャンにした場合、サイドスリップをゼロにするにはトーアウトに調整しますが

リヤはトーアウトにすると不安定になるので、トーゼロをリミットにします。





P1080704

左フロントもほとんど減ってなくて嬉しい。。。

P1080705

それでも外側の角はひと皮むけてます。。。

前回のスタッフミニディでキャンバーを2.5~3.0くらいに調整したので

次回は平らに減ってくれるかも。。。






で、本日はリヤをトーゼロに調整したくてネガキャンキットの交換します。

P1080670

デルタさんのトー調整付きのキットをチョイス。。。

CIMG1841

P1080707

まずは今まで付いてたネガキャンキットを取り外し。。

P1080709

新旧交代の儀。。

CIMG1842

普通のキットでトー調整する場合はシムを入れたり抜いたりして

ラジアスアームのシャフトの角度を調整するのですが

コイツは取り付けた後に偏芯カムで調整できるので楽チンです。


P1080720

トー調整のために偏芯カムを回すとキャンバーも変化するので

先にトー調整しとかないとね。。

CIMG1850

キャメルのアライメント測定用のスケールを使ってトーインを見ます。。

フロントと違って、左右別々にトーの角度を見る必要があります。

CIMG1851

MINIがリフトにどのくらい曲がって乗ってるか測ってから

測定用のスケール(角材ですが・・・)を当てて直進に対しての角度を見ます。

曲がって乗ってる分を差し引きながら、直進方向との誤差をみていきます。


P1080714



P1080728

P1080730

P1080723

P1080725

こんな感じ・・・


P1080727

途中で時々テスト走行しながら続けます。。

CIMG1844

目指した トーゼロにだいたい近づいたので次は左右のキャンバーを合わせます。

P1080745

右リヤ1.3度

P1080746

自分にしかわからないデータ表 (笑)


P1080747

最終データ

リヤ トーゼロ

左リヤキャンバー1.4度   右 1.3度

P1080741

おっ、なんかクイッで方向が変わりやすくなった感じです。。(←あくまでも個人の感想ですが・・・)

リヤのアライメントが変わればフロントも再調整が必要になるので

次の走行会前にやろうと思います。。


余談ですが・・・・・

マニュアル車はミッションの右側にオイルの吸い口があるので右コーナーだと左に偏って吸えなくなって

油圧ゼロになってしまうことがありますよね。。。。

だからサーキット走行するMINIはセンターピックアップに交換するか、

500㏄ほど多めにいれて油圧切れを防ぐんですが

オートマMINIはオイルの吸い口がミッションの後方、デフケースの隣にあるので

減速するとオイルが前に偏って一時的に吸えなくなる現象がおきます。


アライメント調整後の試運転でもオイル量はアッパーレベル丁度でしたが

油圧ゼロになってDEFIの油圧計の警告音がピーピーなってました。。。

CIMG1859


CIMG1860

オイルを補充して再テストします。

P1080753

アッパーレベルより500㏄ほど多めに入れました。

P1080742

標準の油圧警告灯は点灯しませんが、

Defiのは敏感なんで瞬間的に下がった油圧を検知します。



オイル補充しても警告音が鳴ってますが、

減速時でアクセルオフであることと、油圧ゼロが瞬間的なものなので

問題にはならないレベルですが、

サーキット走行はハードなブレーキングの連続に備えて

オイルはやや多めに入れた方が良いですね。

通常走行では気にしないでください。。


P1080756

花粉でお化粧してたので最後に軽く洗車して本日のスタッフミニディおしまい。。。







にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002