曽根です



OWG様  おっ、バイクが変わったね♪

CIMG1782

確か・・去年の10月に来たときは・・・・・

f7818536

これだったけど・・・


CIMG1781

父親から直系のDNAは間違いなしです。。。。



今回はMINIの車検なのです。

CIMG1786

最低地上高9cmないと怒り出すという怒りん棒の出番です。

CIMG1787

かなり怒ってますよ。



でも・・小川家の家訓は

CIMG1783

『車高の低さは〇〇の低さ』 (笑)


家訓でもひいお爺ちゃんの遺言でも車検だから車高は上げます・・(キッパリ)


CIMG6152

ECUの上の緑のバー もうキャメルでは見慣れた光景です。。。

オイルも交換ですね。。 車検対策の後に交換しますね。


BlogPaint

まずはミニモニでECUチェック

ノーフォルトです

BlogPaint

マルチ画面もOK


BlogPaint

バキュームOK

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

アイドリングの燃調もOKね。。




下廻りは・・・・

CIMG6168

左のハブベアリングのガタはかなり大きいので交換です。

CIMG6167

左右ともブレーキローターとパッドは交換ですね。。。

他はまぁ大丈夫そうです。


CIMG1796

じゃ、そのあたり交換しといてねー。。

と、お預かりしたのは3月25日のことでした。。。。


 






そして。。。3月28日追記


P1080777

車検の定番メニューの水路洗浄始めます

P1080778

まずは室内のヒーターコアからの漏れチェックから

P1080779

おぉぉ~  これはガッチリ漏れ跡

ヒーターコア漏れ

思わず2度見してしまいました。。。

これは完全に交換したいレベルですけど どーしましょう。。

漏れたクーラントが固まって穴を塞いでる感じもしないでもない・・

とりあえずは綺麗にお掃除しない方が良さそうなのでそのままにしておきます。


P1080783

とはいってもヒーターコアに水を通してjの洗浄は必要なのでコックは開いておきます


P1080785

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始


P1080788

エンジンの水温は77℃まで上昇しましたが

ラジエターに挿した温度計は36℃。。

サーモスタットの密閉度は良好のようです

P1080792

インジェクション車のサーモの規定開弁温度88度です

ラジエターの温度計との比較でも水温センサーの温度精度は大丈夫ですね。

P1080793

ラジエターに勢いよく流れこんできてます。。

サーモスタットの開弁量もOKです。


P1080803

P1080804

そのまま温度上昇させて99度で電動ファンが回り始めました

P1080805

P1080807

そして96度まで下がったところでストップ


スリーチェックはOKでした


CIMG1959

排水します。。

P1080826

車検ごと定期的に洗浄してるので、まだ緑色の冷却水が出てきました。


P1080827

ラジエター口から逆流で吸い出し


CIMG1958


P1080828

漏れのあるヒーターコアからも逆流で汚れを吸い出します


P1080830

左がヒーターコア  右がラジエターからの逆流水。。

やはり両方とも定期的な洗浄してるので汚れは少なかったですね。。

ただ、ヒーターコアから急にドバっと漏れだすのが心配です。。。

P1080831

クーラント入れて・・・

P1080832

鉄エンジンには必須の水路サプリメント クーラントブースターいれて

水路洗浄はひとまず完了。。


P1080836

水路洗浄している間、クーラーコンプレッサーがカチカチと断続を繰り返していました。

本格的に使用する夏前に再点検したほうがいいですね。



20190331


整備のたつろうです。
はじめまして




CIMG6340


遅くなり申し訳ございません。
本日、車検対策です。

同一性の確認でボディーサイズ(全長)が、NGな為に


CIMG6346

 タイダウン、トゥーフックの取り外しです。












CIMG6363

プレートにクラックが発生しています


CIMG6364

ナンバーステーの取付穴とナンバーの穴の寸法がネジ1個分違います
ステーを作り取り付け





BlogPaint

ナンバーステーが5センチくらい伸びてしまうので

 取り外します。


車高の確認です。

CIMG6349

フロントは、左右ともに51.0センチ



CIMG6351

右リア53.0センチくらい




CIMG6352




CIMG6354

左リアは、51.0センチでした



CIMG6355


CIMG6356



車高は結構上げるようです

CIMG6357




触媒の取り付けですが



CIMG6358


CIMG6359




CIMG6360

フランジが
変形していてダメそうです



20190401

車検整備を開始します。


CIMG6391

リアブレーキドラムの整備です。



CIMG6392


ブレーキダストやバックプレートに塗布した鳴き止めグリスなどを
洗浄クリーナー(通称:パーツクリーナー)をスプレーしながらブラッシングします。



CIMG6389



今回はホイールシリンダーの無い壁面の状態が良いのでカップブーツキット
で対応します。
この対応ですと部品単価を抑えることもできます。





CIMG6390







CIMG6394




ホイールシリンダーピストンの状態も良好です。
このピストンのシールラバーとブーツをくにかえましす。

ライニングの残量は、まだ十分に残ってます。



CIMG6395


ピストンにラバーグリスを薄く塗布してから組み込みます。
安心のメイドインジャパン(toyota)




何と試練が発生


BlogPaint

ライニングの調整用サーボが固着してます。





CIMG6399


右ドラムは、さほど固着していませんでしたが、
左ドラムは、完全にロック状態です。




CIMG6400

ピストンを打ち抜き内面を清掃。
ウエスに着いた汚れが、この作業の必要性を表現してくれます。


お気付きでしょうか、リアブレーキの整備で
4種類のケミカルを使い分けています。




CIMG6401

フロントブレーキパッドとディスクプレートを交換いたします。
パッドの残量は、残り僅かでした。ディスクプレートは、スリッドが、殆ど
見えなくなるくらい減ってしまってます。
使用限界以下です。今回は、受け入れ時のOGW様に説明させていただき
交換です。






CIMG6403


左は、ハブガタが、大きいため、ベアリングを交換いたします。




CIMG6404


ベアリングに致命的なダメージは有りませんでしたが、グリスの状態は、
ご覧の通りでした。




CIMG6405

洗浄機で洗油洗浄後にナックルジョイント上下とも事前にグリスを打ち込みます。






CIMG6411

続いてエンジンオイル



CIMG6412


残量はアッパーレベル
匂いは、異常無し。
汚れていますね。



CIMG6413


CIMG6414


CIMG6415


ドレンボルトの付着物は、ありません。



CIMG6416

茶こしにも不純物は、出てきませんでした。



CIMG6417




CIMG6418



キャプチャ






20190402

CIMG6420

ファンベルトとエアコンベルトを交換します。





CIMG6419


CIMG6424

触媒は違う物を用意しました。


CIMG6425



20190404

最終、修正作業後に検査で、合格しました。




CIMG6423

実は、フロントガラスには、車検ステッカー、点検ステッカー
以外の物は、添付してはいけないことをご存知でしょうか?
例外がありまして、指定部品は除外されます。
例えば、ETCの受信アンテナや、テレビのアンテナなど。
吸盤、お守りなどはNG何です。

一旦、外させていただきました。


捕捉ですが、運転席、助手席のガラスへのカーテンや着色フィルム。
UVフィルムも色が入っていると透過率測定器で測定されます。

CIMG6502


検査時にウインドウォッシャーの出が悪かったのでノズルの清掃を帰ってから
実施しました。



再生作業をいたします。

BlogPaint


排気系の作業 (自主規制画像)


BlogPaint

(自主規制画像)



BlogPaint


外装の作業
(自主規制画像)



BlogPaint

緩衝装置系の作業
(自主規制画像)


自主規制作業の完了です。


ヽ(*´ω`*)  4/ 7 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


CIMG3268


OGW様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ

「今日は河口湖でバイクのイベントがあってさ~♪」
それは何だか楽しそうな空気感満載ですね(*´ー`*)


P1090840


今度はミニのイベントでガンガン楽しんじゃいましょうね♪
( ´ノω`)もちろんノンアルコールでですよ(笑)


ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002