曽根です。



KNK様から前進が空回りして進まなくなってしまった・・・・・とのことで

レッカーでご入庫いただきました

P1100576

別の修理で一般の修理工場に入ってましたが

オートマ本体の修理になりそう・・・・ということでご依頼いただきました。



ワンポイント ★

故障して任意保険の無料レッカーで入れた工場が『修理できない・・』 場合は、

2次レッカーとして、再度別の修理工場に無料で運んでもらうことができます。。。 



CIMG7088

エンジン掛けても前進しないので、ここから押していきます


P1100602

レッカーに一緒に乗って来れなかったので

別のクルマでKNK様 到着。。。。  

初キャメルですね。。よろしくお願いします

P1100601

平成10年式 1.3iメイフェア79600km 

KNK様は3年前からお乗りになってるそうです。

P1100599

エンジンは掛かりますが、アクセルに反応しない・・と思ったら

P1100617

アクセルワイヤーごと外されてました。。

アイドリングが高止まりしてたので、全部外しちゃったようですね。。。

アイドリング状態でギヤを入れましたが、前進は確かに空回りのようで動きませんが

油圧は掛かってような素振りをみせます。。

リバースはコンと入ってアイドリングでも後退できました。。。

後ほどアクセルワイヤーを取り付けてからストールテストなどを行うことにします。


P1100607

まずは安心オートマどーなのかを おとーと君で体感していただきます。

P1100608

3年前はこのくらいスムーズだったのかなぁ・・・・

最近、動かなくなる前は DもRもガツンと大きなショックとともに入るようになっちゃたけど・・


では、後日オートマの油圧測定や ドレンボルトの鉄粉などを点検してから

お見積させていただきます。。。


と、ここまでは 4月13日のことです。。。






4月15日追記

P1100647

なかなか手が付かなくてすみませんでした。。。

まずはアクセルワイヤーを取り付けてみます。

CIMG7103

ブレーキブースターも外します。。

CIMG7102

アイドリングの高止まりだけなら、スロットルボディ側でワイヤを外せば済むことだから

他に何かが起こってたのかも・・・・


BlogPaint

アクセルワイヤー取り付け完了。。。 

今のところアイドリングは安定してます。

P1100830

エンジンを止めて少し落ち着いたところで、オイルレベルゲージを抜きます。

アッパーレベルから1リットルほど少ないですね。

オイルが少なすぎても前進しなくなることはありますが

この程度なら走行は可能なはず。。

P1100833

P1100835

とりあえず1リットル補充して規定量になったところで


P1100836

テスト開始。。。・

リバースのストールテストは1700回転で留まってるのでOKですが

クラッチが繋がる瞬間にガツン、ガタガタという振動を伴います。

トップ&リバースクラッチの動きが良く無さそう。。

P1100837

Dに入れても入庫時と同じくまったく動かず空回り状態。。

前進はしませんがDに入れて1秒後くらいに

油圧が掛かったような素振りはあります。。


BlogPaint

オートマに掛かる油圧チェックします

P1100840

フィルターヘッドに油圧計を繋ぎます

P1100841

ギヤの入ってない状態 Pでは

P1100842

6.5kg

P1100843

Dに入れると・・

P1100844

一旦針は下がって再び6.5㎏まで上がりました。

油圧が掛かってる素振りだけではありませんでした、ちゃんと油圧かかってますね。

P1100846

Nから1に入れても同じ。

P1100847

6.5KGありますが、まったく進みません。。。

P1100848

リバースは

P1100849

ガツンとショックとともに入って11.5㎏まで上がります。。

前進、リバースともに油圧は掛かってることはわかりました。




残圧は2秒くらいでした。







P1110085

リフトアップする前にミニモニでECUチェックしておきます。

P1110087

吸気温 フォルト

P1110088

バキュームのMAP  フォルト

P1110089

スロポジセンサー  フォルト

P1110090

クランク角センサー フォルト

P1110092

一旦フォルトを消して再発チェックします

P1110093

リセットしました。


P1110091

マルチ画面

934rpm  アイドル認識OK  燃調はオープンループでフィードバックしてません。

スロポジOK  ステップ値13はcひょっと低いです。


P1110094

あぁ、MAP100kpa  は バキュームパイプが大気圧ですね。。

ホースが外れてるのでしょう

この年式は、バキュームホースが外れるとフェールセイフで仮の制御をおこなうので

とりあえずは走ることができます。。

P1110095

MAPセンサーのフォルトは再発ですね。。。 

ECUの機能は正常なことがわかりました。

P1110096

水温99℃   まだ電動ファンは回ってません。。

安心オートマにするのにエンジン脱着するので、ラジエターやホースなどの

水廻りは一新するチャンスです。。。

ラジエターは電動ファンスイッチ付きのコア増しがお奨め。。 


P1110097

吸気温 OK

P1110098

電圧OK

P1110099

MAPセンサーの情報で燃料を濃くしてるので

O2センサーは振り切ってます。。。。。

P1110100

燃調補正できずにオープンループ

バキュームホースを交換すれば解決するはずです。


P1110106

あれ? ブレーキランプが点きっぱなしです。。

P1110103

ブレーキペダルについてるブレーキスイッチの取付が良くないみたい。。。

このスイッチは対策品が出てるので交換しましょう。。。

BlogPaint

では、リフトアップして オイルのドレンチェックと下廻り点検します。


P1110012

別のドレンボルトと素早く入れ替える、ドレンすり替えの技・・・

P1110015

前回のオイル交換までは ほとんどドレンに鉄粉が付いてなかったとのことですが・・・

残念ながら、ギヤドラムを削ってしまってるようです。。。。

ブレーキバンドの摩擦材は剥がれてることでしょう。。。

ただ、ブレーキバンドだけの問題なら2,3速だけの問題で済むはずですが

今回は1速も動かないことから、フォワードクラッチ側にも異常が予想されます。

鉄粉を排出している期間が短いとすればコンバーター内の小部屋に堆積する鉄粉量も

まだそれほど多くないでしょうから、コンバーター交換なしで磁力フィルター『PECS』の鉄粉透析でも対応できそうです。


BlogPaint

下廻り点検

P1110018

ラバコンはペッチャンコ。。。 

ハイローはミニスポーツ製でした。

できれば、ニューラバコンで足回りリニューアルしたいですねぇ・・・

P1110019

ドライブシャフトブーツのヒビはやや深め。。

P1110023

ナイロンベアリングのガタは大きいので交換しましょう


BlogPaint

ミッション番号とデフケース番号が違います。。

過去にオートマの修理をされてるようです。



P1110031

左のデフサイドシールからオイル漏れ

P1110034

右のデフサイドからも漏れてます。

エンジン降ろす時にドラシャ抜くので、

インナー、アウターブーツとデフサイドシールは交換をお奨めです。

P1110036

フロア、リヤのサブフレーム 

錆は少なくボディの状態は良いですね。


P1110037

リヤは車高が調整できない ノーマルのストラットコーンのままでした。。





つづく



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002