曽根です。




エンジンがすぐに止まっちゃう・・という症状で今月19日にレッカー入庫したINU様のMINI

CIMG6789


P1150422

エンジン不調の原因は

CIMG7348

バキュームホースが原因で解決したのですが・・・

CIMG6793

いくつかのご依頼事項の中の2番目は

BlogPaint

オートマの不調。。(3速のつかみが悪い)  です。

2年前の車検時からの懸案でしたが、

今回、安心オートマにすることになりました。

エンジンを降ろすことになるので併せて整備できるところは

まとめてやっておきたいですね。。。

先に解決したバキュームホース交換もすべて安心オートマにする際に含まれる作業になります。


BlogPaint

車両置き場からエンジンかけてピットに移動しようとしたら・・・

BlogPaint

マフラーから白煙がモクモク・・・・・

オイル下がり?   

でも2年前の15500kmで、バルブシール交換してるはず。。。

CIMG6791

それから22ヶ月で700kmしか走ってません。

25年間で16277kmだからずーっとこの位の走行ペースなんですが・・・・

うーん、触媒やマフラーに以前からのオイルが残ってるのかも・・

分解した時にエキゾーストポートの点検して現在の状態を確認してみます。

エンジンやオートマにとってはもう少し・・動かしてあげたいところですね。。

P1150996

走行テストしてみます。

P1150995

やはり指摘どおり、2→3速での滑りは大きく

3速に入っても空回りしてしまってます。

キックダウンで4→3速に落とそうとしても3速を通り越して2速まで落ちますね。。。

リバースのストールテストはOK  1700回転で留まってました。。

BlogPaint

エンジン降ろす前の点検します。。

P1160020

P1160019

冷却水の漏れもなく状態は良いですが、せっかくエンジン降ろすので

ラジエターはコア増しタイプに交換したいです。。

水路はエンジンが降りた状態でウォーターポンプやコアプラグを外して

高圧洗浄します。

P1160021

水回りはラジエターホースも交換になりますので、その時に

ヒーターバルブも国産品に交換しておきたいです。

P1160004

オイルフィルターヘッドの油圧を測定します。。。

P1160009

フィルターのところで65℃まで暖機してから油圧測定します。



ニュートラルと前進側は 6.5kg

リバースは10kg で規定値はクリアーしてますが

安心オートマ完成時と比較すると若干低め。。

おそらくオイルポンプは交換になると思います。

エンジンを止めた直後にイグニッションONで油圧ランプが点灯するまでは3~4秒

油圧保持は標準的なところですね。

エンジン側のメタルクリアランスは油圧保持に大きな影響がある部分ですので

安心オートマは、親子メタルは新品に交換しています。

状態によってはカムメタルも交換する場合もございます。


P1160016

もうひとつのドレンボルトと早業で!差し替えて

ドレンボルトに付く鉄粉のチェッします。

P1160018

前回のオイル交換から700km走行ということもありますが、

鉄粉は少なめ。。。

3速滑りという症状から、ドラムを削ってしまってることは考えられますが

ドラム再使用できることを祈りましょう。。。

BlogPaint

早速、エンジンを降ろしながら下回り各部のチェックしていきます。

P1160122

足回りはラバコンもショックアブソーバーも25年選手。。。

P1160120

ハイローキットはミニスポーツ製なのでラバコン交換するならコレは

ロードアジャスターに交換しておきたいです。

ラバコンは小さく潰れてしまってて、ズレてます・・・。


BlogPaint

アッパーアームを支えてるリバウンドバッファーは切れてしまってました。。



P1160107

ドライブシャフト 左側のインナーブーツからはグリスとオイルが漏れてました。

インナーOHが必要です

P1160108

すでに、エキマニ、ラジエター、ドライブシャフトが外れてます

P1160109



P1160110

ドライブシャフトのアウターブーツは左右ともヒビが入ってるので

組みつけのときに交換しましょう。。

P1160123

補機が外されて、もう少しでエンジンが降りる状態です。。


P1160124

25年間がんばってくれたウォーターポンプも見納めです。。。。

ラジエターが外れてるので右奥にフロントのラバコンが見えてます。。。

BlogPaint

ぺっチャンコなのが良く見えます。。。

P1160114

リヤのラバコンもゴムはかなり劣化してシワシワ・・・

車高調整ができない新車時のままのストラットコーンです。。

リヤもラバコン交換してロードアジャスターで車高調整できるようにするのをお奨めです。

P1160117

リヤは軽くタイヤが持ち上がってしまい、

ショックアブソーバーが抜けてるのが良く分かります。

安心オートマが完成してからの組み付けでどこまで交換するか・・・・・

ご相談しましょう。。。


DSCF1803

エンジン降りました。。。




5月31日追記

INU様から・・25年間頑張ってくれたし、これからもずっと乗っていきたいから

足回りも 水廻りも しっかり交換してください・・・とのご依頼いただきました

承知いたしました。。


CIMG8502

エンジン&オートマは箱詰めされて九州へ旅立ちました。。




6月1日追記

リヤガラスのウェザーストリップとメッキモール交換です。

P1160262


P1160270



BlogPaint

P1160299

きれいに交換完了です。。。




~  *  ~  *  ~  *  ~  *  ~  *  ~


作業レポートダイジェスト版

DSCF4949

テンショナーパッドからも実走行16000㎞というのはわかります

DSCF4914

油圧の源泉であるオイルポンプのクリアランスは大きくリプロダクト品と交換です。。


DSCF4957

ブレーキバンドは純正品ではなく2001年にもオートマ オーバーホールされてました。

滑ってた3速だけでなく、2速バンドの摩擦材も剥がれてしまってました。

DSCF4963

ズルっと剥がれ落ちた摩擦材がオイルストレーナーの近くに溜まってました。


DSCF4956

摩擦材が剥がれたブレーキバンドとの摩擦でドラムも削れてしまい再使用できません。。



新車からの実走行で現在16000㎞ということからしても

暖気不足でオイルラインにエアが噛んだ状態で油圧が掛からない状態での

走行が多かったのではないかと・・・・推察します。


DSCF5032

オイル下がりは4番INのバルブガイドのガタが原因でした。

DSCF5037

ヘッドもフルオーバーホールでリフレッシュしました


DSCF5084



乾杯1

今回も良いオートマができました。

安心オートマでも暖機運転は必要です。。

末永くお楽しみください。。。



~  *  ~  *  ~  *  ~  *  ~  *  ~


6月11日追記


P1170556

安心オートマになって戻ってきました。

P1170557

積込みします。。。


P1170558

ピカッと光る、ハーモニックバランサー。。。

中高回転の振動を低減することで、バランスよく回り 

まるでパワーが上がったかのような気になるということから

パワープーリーという異名もあります。。。

P1170561

エンジン積込の前に、

今回はラバコンなどの足回りリニューアルもあるので

先にそちらを行います


DSCF1863

リヤは、新車時のストラットコーンのままでした

DSCF1864

ショックアブソーバーを外してラバコンを取り出します

DSCF1865

リヤサスペンションの 新旧交代の儀

DSCF1866

外したラバコン。。 途中で外れたり嵌ったりを繰り返していたようです。

外れちゃわなくて良かったですね。

DSCF1867

ナックルジョイントも交換

DSCF1868

右リヤのサスペンション完成です。



DSCF1879

左リヤはガソリンタンクをズラシます。

DSCF1880

DSCF1881

左リヤサスペンションも完成




DSCF1869

フロントのラバコンを取り出しました。

DSCF1870

フロントも、かなりズレて動いていたようです。。。

DSCF1871

かなりひどい状態でした。。

これではラバコン本来のサス機能は発揮できてませんね。。。


DSCF1872

外したラバコンと新品を並べて見ました

真ん中がこれから取り付けるアレックモールトンの新品ラバコン

耐久性は従来のものより格段に良くなっています。

DSCF1873

フロントの足回りパーツ。。

DSCF1874

DSCF1875

ロアームブッシュはスリーブとブッシュの間にグリス溜めがあって

スルスルと軽く動く優れもの



DSCF1876

さて、これから頑張ってもらうラバコンをセットします

DSCF1877

車高調整のロードアジャスターは、

今回取り付けるアレックモールトンのラバコンとの相性ピッタリです。


DSCF1878

ドライブシャフトブーツはインナー、アウターともに交換


DSCF1882

もちろん、エンジンマウントも交換

DSCF1883

マウントブラケットも交換です。


DSCF1886

ミニの足回りはアライメント調整ができないので、直進調整もできません。

固定式のテンションロッドを調整式に交換することで今後は直進調整できるようになります


DSCF1887

テンションブッシュも、エイボンバー製をチョイス。。

硬さがちょうど良く、耐久性もあるのでイチオシです。。

DSCF1891

調整式テンションロッドが取付けOK


DSCF1888

ドライブシャフトのインナーポッド・・ オイルが漏れないようにしっかり蓋をして

DSCF1889

たっぷりグリス。。。

DSCF1890

金属バンド゙でしっかり巻き付けます。。。


DSCF1892

ラジエターホースはデルタさんの3層タイプをチョイス。。。

内側がゴムなので密着性がよく漏れにくいですね。。


DSCF1893

ファンブレードも交換

DSCF1894

ベルトももちろん交換

DSCF1895

ラジエターはコア増しをチョイス。。

信頼の日本製です。。

DSCF1896

エキマニのスタッドボルトは再使用できませんでしたので

DSCF1897

タップ立てて

DSCF1898

打ち直しました


DSCF1899

ステディロッドブッシュも交換

DSCF1900

水温センサーも交換です

DSCF1902

タペットカバーパッキンは接着剤を使って固定します。。

DSCF1903

乾くのを待ちます。。。。

DSCF1904

ヒーターバルブは国産代用品に交換

DSCF1905

エンジンオイルはプロステージ10W40

DSCF1906


DSCF1907

クーラントブースターも忘れずに・・・・


DSCF1908

積込み完了です。

DSCF1909

ホイールナットはトルクでキチっと締めます。。。

DSCF1910

クーラーガスは漏れにくくて良く冷えると評判のCOLD12をチャージ


DSCF1912

クーラーのサーモアンプも交換します。

DSCF1913

クーラーの風量コントロールするレジスターが焼けてたので


DSCF1914

交換します。


P1180122

試運転・・・・♪

P1180121

ヘッドまでオーバーホールしたのでエンジンも快調。。。

安心オートマなので変速はもちろん断然スムーズ。。。。

ラバコンも新品で乗り心地も新車に戻りました。。。

P1180124

素晴らしい!!



6月22日追記

本日納車です。。。

P1180263

少しでもハンドル軽くなるように・・・・・・

P1180265

フロントだけちょっと高めの240kpaにセットしました


P1180431

お待たせしました。。。

スムーズで快調なオートマで、これからはロングドライブにも行ってください♪

P1180432

ありがとうございました。

暖機運転だけはお願いします。。。。













にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002