曽根です。


広島のNSD様より安心オートマのご依頼いただきました。。。

遠方でもキャメルの安心オートマらくらく便 で格安に運んで来れます。。。。


運んできてくれたのは陸送ゼロの方です。。。


P1170469

じゃ、NSDさんの代わりに写真撮られてください。。。

6月4日に広島でお預かりして届いたのは10日です。。

BlogPaint

広島から届いたBSCCです。。

BlogPaint

もちろん長距離は何台も詰める積載車の移動です。。。

そして近くの拠点からは自走でしたので15kmくらいは走ってきました。。

ギヤを入れてから繋がるまでのタイムラグは大きいけど走りだせば普通に変速しました。。。

との ドライバーからの報告です。。


P1170475

インパネはセンターメーターに変更されてます。


P1170476

メーターは45000㎞ですが実走行距離は不明です。。

P1170479

温間時の方が症状が顕著に出る・・・とのことです。

リバースに入れてアクセルを踏んでも半クラッチのように動きます。。。

完全に滑ってますね。。


P1170482

では、タイムラグが大きいという前進側は・・・・


P1170483

1000回転少々では全く繋がりません。。。

P1170481

2000回転前後で 急激にガツンとつながりました。。。

明らかに油圧異常ですね。。。

P1170493

回転を上げて繋がると、陸送ドライバーが言うようにそのまま走行可能でした。。。


P1170494

3速の滑りと4速へ入る時の抜けはありますが、

まぁ そこそこ走ってしまいます。。。

信号待ちなどで止まると、さっきと同様になかなか繋がらない状態になります。。



BlogPaint

翌日の11日 オートマに掛かる油圧テストと残圧チェックを行いました


P1170552

フィルターヘッドに油圧計を取り付け、オートマに掛かる油圧を測定します。

P1170554

油温はフィルターケースを非接触温度計で簡易的に測定。。70℃です。。




前進、後退で駆動が掛からない時は油圧が不足してるのがわかりました。



リフトアップして下廻りも点検しておきます

P1170568

先にドレンボルトに付いてる鉄粉をチェックします。。


P1170565

ドレンボルトが交換されてますね。。。 

ノーマルのドレンボルトの方が鉄粉は見やすいと思います。。。

P1170567

先端にシャボテンのように鉄粉がツンツン立ってます。

ギヤドラムは削れてしまってる可能性大です。。。

おそらくドラムの再使用は不可能でしょう。


P1170573

P1170574

ミッションケースとデフケースの番号は同じ。。。

おそらく過去にオートマの修理歴は無いと思われます。


P1170569

P1170570

コイルサスですね。。

やっぱりラバコンをお奨めします。。。

P1170571





P1170578

足回りは大きなガタはなくブーツの破れもありませんでした。

P1170572

オイル漏れは多いですね。。

もしかするとヘッドからの漏れもあるかもしれません。。

エンジン降ろして分解する前に確認します。

P1170580

ラジエターのロアホースには水漏れの形跡がありました。

P1170581

ダウンパイプは交換されたばかりのようですね。

P1170583


P1170582

リヤもコイルサスです。。




6月13日追記

BlogPaint

エンジン不調もあるとのこと

とくに3番に異常があるとのことです。

P1170594

プラグをチェックしようとプラグコードを抜こうとしたら・・・・・・

あっ・・  コードが切れちゃいました。。。

P1170603

かなり前から劣化してたと思われます。。

P1170601

左から2番目が 3番プラグ。。。

若干カーボンが付いてますが燃焼はしてます。。


CIMG9944

3番を代替えコードに交換しました。。。

P1170647

この状態で普通にエンジン回してる分には異常は感じません。



P1170648

圧縮を測ってみますね。。。


CIMG9947

1番から。。

CIMG9946

1番 12.5㎏

CIMG9949

2番 12.5kg


CIMG9951

3番 13.5㎏

CIMG9953

4番 12.5kg


おそらく3番は点火が弱かったので燃焼室にカーボンが溜まって

圧縮が高いのではないかと・・・・   推測します。



6月20日追記

どうせエンジン降ろすなら・・・・ 例のあのピストン入れちゃおう! ということになり

安心オートマ + SVオリジナルのハート形ピストン 仕様に決定!!

DSC_0431

オートマとこのピストンのマッチングの良さはすでに実証済み。。。

P1180443

P1180446

P1180447

P1180454

P1180456

楽しみですねぇ




6月28日追記

BlogPaint

エンジン降ろします


BlogPaint

降りました。。。。



P1190602

じゃ、いっちょー 九州まで出前してくるかぁ~






~   ~   ~   ~   ~   ~   ~

九州岩崎さんからの分解レポートダイジェスト写真・・



DSCF6917

オートマの方は、予想通りドラムは全滅・・・再使用できませんでした。


DSCF6918

すべてのブレーキバンドの摩擦材は剥がれて金属が剥きだし・

DSCF6943

不調と申告のあった3番のピストンは大変なことになってました。。。。

DSCF7166

シリンダーもボーリングして、ハート型のスペシャルピストン組み込まれて完成。。。

エンジンもオートマも完全に生まれ変わりました。。。。


~   ~   ~   ~   ~   ~   ~


7月13日追記

P1200564


P1190603

九州から、ハート型ピストンが組み込まれた安心オートマが届きました




7月20日追記


BlogPaint

積込み開始。。

DSCF2107

ブロックもヘッドも、ブルーマイカでペイントしてあります。

磁力型フィルターPECSは5コアを取付け済みです。。

今回はすでに鉄粉が出てる状態からのオートマOHですのでコンバーター内にも鉄粉が入りこんだままです。

このコンバーターの中に潜んでる鉄粉が今後オイルに混じり循環しはじめるのですが

PECSはその鉄粉をすべて吸着して、オートマやエンジンに回るのを防いでくれます。

なので最初のオイル交換は1000km以内で行い、3回ほどはオイル交換のたびにPECSの清掃をしてください。


ノーマルの紙フィルターは残念ながら、この微細な鉄粉は通過してしまい、2次摩耗、3次摩耗を引き起こすことで せっかくオーバーホールしたエンジンとオートマを痛めつけてしまいます。

参考ブログ・・・安心オートマにしたのに、どこから鉄粉がでてくるの?



DSCF2108

ハーモニックバランサーも取付済み。。


DSCF2109

ベルトテンショナープーリーは交換します

BlogPaint

エンジンマウントは千切れてました。

DSCF2110

エンジンマウント交換します。


DSCF2112

ラジエター側のエンジンマウントブラケット

割れることが多いので強化対策品と交換します。


DSCF2113

ステディブッシュ交換

DSCF2117

ドライブシャフトのインナーブーツに破れがあるのを発見。。。

DSCF2118

インナーブーツ、アウターブーツもすべて交換することになりました


DSCF2119


DSCF2120

インナーポット内の蓋をシーリングして取り付けます。

DSCF2121

これでオイル漏れは大丈夫・・

DSCF2122



DSCF2124

グリスたっぷり・・

DSCF2125

アウター、インナーブーツのOH完了。。。



DSCF2123

タペットカバーパッキン交換

DSCF2126

ヒータージョイントパイプをステンレス製に交換します。


DSCF2128

水温センサーはインテイクマニホールドの下に付いてます。。。。

分解してる今が交換のチャンス。。。。 


DSCF2127

ラジエターをはじめ、水廻りパーツも交換するチャンスなのです。。。。

3コアの日本製ラジエター。。 MINIにはこれが一番合ってます。。。



DSCF2115

ファンブレードはヒビが入ってました。。

DSCF2114

ラジエターホースはデルタの3層タイプをチョイス。

DSCF2116

ECUメインハーネスを手直ししてから取り付けました。

DSCF2130

アクセルワイヤ交換

DSCF2131

プラグ交換


DSCF2132

バキュームホース交換


DSCF2133

ECUガードラバー交換

DSCF2134

プラグコードは永井電子のブルーポイントがイチオシ・・

DSCF2135

ラジエターに定番のクーラントブースターをまず入れて・・

DSCF2136

クーラント入れます。。。

水に魔法のリキテックもお奨めですが、まずは安心オートマとハート型ピストンを体感してからですね。。

DSCF2137

オイルはプロステージS 10W40

2回目のオイル交換からは、MINIのエンジンとオートマに最適なSOD-1の添加もお奨めします。

DSCF2138

真空引きしてからクーラーガスチャージ。。。。

漏れにくくてよく冷えると評判のCOLD 12です。。

DSCF2140

クーラーの風が出ないところがあったのでレジスター交換しました

DSCF2139

積込完了です。。

P1200802

翌日、クーラントを補充。。


P1200810

試運転します


P1200813

エンジン快調。。。

ハート型ピストンの中低速トルクアップはオートマにはベストマッチング。。。

オートマの変速もスムーズで気持ちいです。。。。


P1200815

これはイイ🎵。。




BlogPaint

戻ってきてミニモニでECUチェック。。

P1200823

フォルトが2件  MAPセンサー

P1200824

クランク角センサーもフォルト。。。

ひと通りチェックして数値に異常なければ最後にリセットしておきます。


P1200825

マルチ画面。。 右下のステップ値 1 は低いです。


BlogPaint

ステッパーモーターが押してるスロットルの調整用のボルトの位置は正常です。。

ここを調整しても一時的な変化はしますが根本的な調整にはなりません。



P1200826

MAPはOK

P1200827

水温

P1200828

吸気温

P1200829

電圧


P1200830

O2センサー稼働中

P1200831

燃調補正も良好です。。。

P1200839

P1200840

フォルトの記憶を消しておきます。。。。

再発するようでしたら、実際に不具合があるかもしれないので精査が必要です。








ステップ値が低いので念のためにECUをフルリセットしてみます

P1200844

ドクターイエロー登場。。

P1200848


P1200849

フルリセット完了。


P1200851

ですが、ステップ値は変わりませんでした。 

アイドリング値は正常なので今回はそのままにします。

今後、アイドル高止まりなどの症状が出るようでしたらステッパーモーター交換しましょう。




コンバーターの負荷をチェック。。。

P1210712

ニュートラルで

P1210711

34kpa  正常です。




P1210713

Dレンジに入れて負荷を掛けます

P1210714

MAP  52~53kpa辺り。。  

基準値内でコンバーターベアリングも正常。。



お待たせしました完成です。。。。




P1220986

フィルターパッキン2個入れておきます

P1220987

車検証などは助手席に置いておきます。。




8月1日追記

本日ゼロ陸送に引き渡しいたしです。。

P1220991

P1220984

いくつかの拠点経由で届けられますので

それぞれの担当者に暖機運転をお願いします。

P1220993

NSD様、 この度はありがとうございました。

いつか・・・このMINIで走ってきてください。。。。。ね。

P1220994

では、またのご用命お待ちしています。

ありがとうございました。

到着したら是非、MINIと一緒の写真を送ってください。。。

最後の写真でここに貼らせていただきます。。




















にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
メルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002