曽根です。



3か月前に 『バッテリー上がちゃった?』  で来店したときに

ついでにちょっと早めの車検の下見した ST様。。

あれから3か月経って、車検本番です

BlogPaint

今日は生憎の雨。。。  ディライトで来店です。

BlogPaint

まずは外観からチェック。。。

P1170850


P1170851

66266㎞  2年前の車検から約3000㎞しか走ってないんですね・・・



P1170855

今回も軽く入庫チェックしておきます。。。。

P1170856

オイル量よし。。。  今回の車検でオイル交換ですね。。

P1170857

ブレーキフルード量よし   

今回は前後ブレーキをOH予定ですので全量入れ替えになります。。

P1170876

ベルトも大丈夫そうですね。


P1170864

試乗チェック。。。 直進OK  足回りのガタつきも無く良好です。



戻って ECUチェック。。

P1170866

ノーフォルト


P1170867

マルチ画面OK

P1170868

バキュームOK

P1170869



P1170870

P1170871




BlogPaint




BlogPaint

その他もすべて基準値内で良好です。


P1170887

リフトアップして下廻りも軽く再点検。。。

オイル漏れは少ないです

P1170883

ラックブーツのエンドが切れてますが、2年前から変わってないですね。。

今回もタイラップで締めておきましょうか。。。

P1170889

あっ、左のリバウンドバッファーは半分切れてます。。。

これは左右とも交換しましょうか。

P1170878

前回の下見でも指摘されてましたね。。。

ブレーキは、パッド、ローターともに交換しましょう。。。

BlogPaint

じゃ、しばらく愛車とお別れですが・・・ 

元気になって戻ってきますから少々の間ご辛抱ください。。。




6月17日追記


では・・ 車検の定番メニューの水路洗浄から始めます。

BlogPaint

今日は洗浄なかまは・・右隣のHSK様のキャブクーパーですね。。





まずは室内のヒーターコアからの漏れチェック

P1180010

すこーし、 過去に漏れた形跡がありますが

今は止まってるようですが。。。

今後 漏れが再発するか要注意です。。


P1180011

ヒーターコアも洗浄できるようにコックは開けておきます


P1180012

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始

P1180020

エンジン側の水温センサーは61℃まで上昇してますが

ラジエターの温度計は35℃を保ってます。。

サーモスタットの密閉は良好です

P1180028

インジェクション車のサーモオープンの規定値88℃できっちり開いたようですね。。。

P1180029

勢いよく流れこんできてますので 開弁量も良好と思われます





P1180035


P1180036

98℃で電動ファン回り始めました


P1180037

P1180038

93℃でストップ

スリーチェックはすべて合格!

P1180056

排水。。  汚れは少なく水路の状態は良いようです。

P1180057

ラジエター口から逆流で吸い出し。。。

P1180059

ヒーターコアからも逆流で吸い出します。

P1180060

左がヒーターコア 右がラジエター。。。

両方ともきれいな排水でした。

今後も定期的な水路洗浄で良い状態を保ってください。

P1180061

ラジエターの中もきれいでした。。

P1180062


クーラント入れて


P1180063

鉄エンジンには必須の水路サプリメント。。

クーラントブースターは防錆、防蝕、  

ウォーターポンプの羽根で回転したときの泡も減らしてくれる消泡作用で冷却力もアップです。。。


次は、ブレーキ整備になります。。





20190618
 
こんにちは、整備のたつろうです。本日は、ブレーキの整備です。



リフトアップしてタイヤを取り外し




CIMG0159

セキュリティーナットのカバーの取り外し



CIMG0160


車載の取り外しアダプターが壊れています。今後のことを検討するに
あたり、標準ナットにされた方がよろしいかと思います。


CIMG0162



CIMG0163


ラックブーツの先端が切れかかっています。バンドなどの固定が無くなっていますので
インシュロックバンドで固定しておきます






CIMG0167


リアブレーキから作業を始めます。





CIMG0168

ホイールシリンダー内のピストン
少し荒れています
カップブーツキットの交換で行きます





CIMG0166

白色の鳴き止めグリスを塗布





CIMG0164


ホイールシリンダーの内壁を軽くホーニングストーンでさらいます。











CIMG0165



続いて、フロントブレーキ




CIMG0169

古いディスクとハブを分解して、
新しいディスクプレートに既存のハブを組み替えます。




CIMG0172


キャリパーの分解、通称:オーバーホールを始めます





CIMG0170

想像の通りピストンは、腐食しています





CIMG0173



ピストンを抜いたら、洗浄してシールを抜き、新しいパーツを
組み込みます。


CIMG0174



新しいシールを組み込みました。

内壁にも腐食の痕が見えますが、このくらいでしたら、
清掃して、問題無く使用できます




CIMG0175

新しいピストンを組み込みました。





CIMG0176


新しいパットは、この後、少し面取りをしてから取り付けます。




CIMG0178


この時点で、リバウンドバハを交換します。




CIMG0179

エアークリーナはこの通り良好



BlogPaint


クラッチフルードも交換します

CIMG0185

オイル交換をいたします。



CIMG0188


ドレンボルトに付着物はありません





CIMG0187


茶こしに異物はありません。
ご安心ください




CIMG0184


さほど、汚れていませんでしたが、アンダーガードを清掃しましょう。



CIMG0191


オイルは、WAKO'Sのプロステージ




CIMG0192


定番のSOD-1




CIMG0196



1番シリンダー
スパークプラグの点検



CIMG0195

 2番シリンダー




CIMG0194

3番シリンダー



CIMG0193

4番シリンダー



BlogPaint

フロント灯火の点検




BlogPaint


リア灯火の点検







20190622


大変申し訳ございません、ラックブーツの指摘を受け新品に交換しました。



CIMG0319


CIMG0320




CIMG0324



サーモアンプの交換です。
グローブボックス裏にあります。
これから夏に当たりトラブルの原因として
多いパーツです


CIMG0323

右が新品パーツ
少しか形状が変ってます





つづく



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002