曽根です。


スーパーバトル後半戦に向けての点検のつもりが・・・

勢いあまってヘッド降ろしちゃったついでに弄ることにしました。。


みくたさんの 『排気量を増やしても比例してパワーが伴わないのは吸気がボトルネックになっているんじゃないか・・・・』 という考察

を参考にして弄ってみることにしました。

BlogPaint

中でもインジェクションクラスはノーマルECUを使用するという条件から

回転のリミットが6700回転だし、オーバーラップの大きいカムが使いにくいことからも

排気量増量に伴うパワーが出にくいとの指摘もありましたが、

1380㏄にしたワークスATは更にその中でもブラフの下のほうなんですね。。。




で、もっと吸えるようしたい・・・

今回も S.V.の田中さんにお願いしました

Image5



ワークスATはオートマなんで高回転キープの運転がしにくいこともあり

今までは広げ過ぎないポートや大きすぎないバルブで吸気流速を落とさない方向でのチューンでした。

でも、もっと吸えるようにするには通路を広げて、それに伴いバルブも大きくしたい・・・

ターンフローの5ポートというMINIは他のエンジンチューンの実績がそのまま活きないことが多く

まだまだ、試してみなければわからないところも残されているとのこと。。


71690022_768475416938555_5027718420691419136_n


吸気バルブから燃焼室に入る混合気の流れのイメージなんですが・・

他のクロスフローのツインカムエンジンは右のようにバルブの上から入ってきて縦方向の渦(タンブル)になるけど

5ポートでターンフローのMINIは 1つの吸気ポートから左右に振り分けられて2つの燃焼室に流れ込む形状から

左のように竜巻のような横方向の渦(スワール)になって燃焼室に入ってきます。

なので、ポート ⇒ スロート を広げる形状も他のチューンエンジンとは違うんですね。。。

理論はもちろんですが、田中さんの、『自分が混合気になったつもりで削る・・・』 という超能力に期待します。


71386031_2415451698667581_1764263554631860224_n

圧縮は今までの 10.1 から 10.7 あたりを目指します

71237128_1790378404442171_6910451617321975808_n



超能力による加工・・・・・開始。。。。ガリガリ・・・ゴリゴリ・・・シュッシュ・・



71869049_935644676815336_3657609765774688256_n

吸気ポートはかなり拡大してます。

排気ポートもストックマンプラスのエキマニに合わせて少しだけ大きくなってます。

70677433_2307719452683689_8458801324828393472_n

ポートからスロート、そしてバルブに抜けるまでの形状は

田中氏自身が混合気になる超能力によって、他のエンジンとは違う形状でスワールを意識してるとのこと。


71601605_412368352801944_5105263870537105408_n

燃焼室も加工されて、ビッグポート化された新設計のヘッド完成。。。

72240038_533047634116150_2076089544804925440_n

吸気バルブだけを大きくしました。。 

ノーマルは33mm  ⇨ 1380ccにした時に35mm

そして今回は37mmをチョイス。。


71469775_557100745055264_7886196224796131328_n

ビッグポートに合わせてインマニも拡大します

71492265_514590072452849_2827438303089786880_n

鏡面仕上げにはしません。。  手抜きではありません。(笑)

IMG_2862

スロットルボディとの取付面から見たところ。


~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  ~  



超能力加工ヘッド完成です。。

IMG_2865

さて、早速取付け。。

CIMG5893

圧縮比は0.5㎜のガスケットで最終調整します。。。


IMG_0009

組付けは たつろうメカにお願いします。。。




ん?  そこに現れたのは劇団長

IMG_0010

組み付けるまで内緒だったのにぃ~ 劇団長にバレました(笑)


CIMG4009

ん?

CIMG4010

何やってるの?

CIMG4011

あのねぇ・・・・・


IMG_0038

だから、ダメだってば




劇団長を掴まえてる間に取り付けちゃってください。

CIMG4043

任せてチョ。

CIMG5899

1.3:1 のノーマルロッカーと同じ比率のローラーロッカー。。。

タペットクリアランスはノーマルと同じ0.35㎜

CIMG5902

エンジン始動しました。  




音が太くなったような気がします。。

空ぶかしでの回転のツキはイイ感じ。。。

低回転のトルクは痩せるかも・・・と心配してましたが

空ぶかしではそんな気配はありません。。



そこに、タイヤ屋さんが

IMG_0104

13日は雨降りそうですね。。。  

『タイヤ間に合いましたよ~』  と持ってきてくれました



IMG_0124

タイヤ取付は 新人わたなべ君にお願い。。。

IMG_0120

きれいに拭いて・・・

IMG_0121

バランスウェイトが飛ばないように


IMG_0123

ガムテープ貼ってもらいました。



さっきからエンジン掛けてますが、少々ハンチングしてます。。。

BlogPaint

ヘッドが変わって ECUが何か今までと違うみたいだな・・と悩んでいるのかもしれない(笑)・・・・と。


IMG_0163

手っ取り早く 今までの過去は忘れていただくことにします。

IMG_0168

ちちんぷいぷい・・・  工場から出てきたばかりの頃に戻れ~

フルリセット成功。。


IMG_0169


IMG_0170

アイドリングも工場出荷状態の850rpmに戻りました。。。

あとで、アンドロイドの魔法で1000rpmちょっとに上げておきます

IMG_0171

インマニのバキュームはノーマルエンジンとほとんど変わらない数値。。

低回転での吸入効率は良さそうです。

IMG_0172

IMG_0173


IMG_0174

ECUのライブデータは好調です。


IMG_0154

では、いよいよ試運転に行きます

CIMG4153

ボンネットは取り付けてから行きますからご心配なく。。。

IMG_0156

信号からのスタートももたつきは無く、

上の方が速くなる代わりに低回転が犠牲になるのではないか・・・・と心配してましたが全然大丈夫そう。。

圧縮を上げたのは低回転で効いてる感じ。。。

IMG_0159

ちょっと空いたところで、ぶぉーーんと踏み込んでみました。。。

IMG_0157

こりゃ速ぇ~かも。。 。   

燃圧も今までより0.1~0.2㎏くらい上げてちょうどいいくらい

とにかく低速トルクが痩せてないからオートマとの相性もいいです。。。

どのくらい速くなったのかは公道ではテストできないので

サーキットで試します。。。 楽しみです♪




オイルは前回TBCCを走っただけのオイルが入ってます・・・・

パワーが上がれば必要油膜も増えてより粘度を必要とすることから

IMG_0200

1リットル抜いて

IMG_0203

その分トリプルRの15W50を入れてブレンドで粘度をあげる作戦。。

IMG_0202

1リットルの入れ替えなので、10%添加のSOD-1は100㏄ね。

IMG_0204

これで 42番くらいの粘度は確保・・・・のつもりです。


BlogPaint

普段はECUに魔法で点火時期調整してるのアンドロイド君に、アイドリングを上げてもらいました。。

油温が上がった時のアイドリング時の油膜確保のためです。

IMG_0265

第3戦の13日は 台風直撃なんて情報もあるので心配です。

日本に来る前に弱くなってくれることを祈りつつ。。。

ほどほどの雨天には期待しておきます。。。。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002