ミニフェス会場でお会いしたTNK様

IMG_1600


お帰りの途中でトラブル発生


BlogPaint




IMG_1720


レッカーでキャメルにご入庫です


BlogPaint

レッカーサービスさん、お疲れ様です。



IMG_1816


CIMG7250


遅れて、ご本人も到着。


IMG_1824




IMG_1819


保険の特約で、レンタカー代車を。



IMG_1818


キャメルオートのレン子ちゃん



IMG_1820

3分間の暖機運転をお願いします




IMG_1821


IMG_1838




IMG_1839









BlogPaint

早速点検を開始します

始動はするものの、ヘッド周りから異音が、発生しています
カブリのような、アイドル不良



BlogPaint



ロッカーカバーを外してタペットを確認







CIMG8078


点火系統、スパーク状況は?




IMG_1837










CIMG8061


圧縮を点検、確認しましょう





CIMG8062


1番、13K



CIMG8063


2番、13K


CIMG8067


3番、13K



CIMG8069


4番、13.2K


気筒差は、殆どありませんでした。

CIMG8073


プラグは、くすぶり気味です




CIMG8075



デスビキャップは、問題無さそうです





CIMG8077



ローターも、異常無さそうです





20191107

CIMG8138

キャブレターをテスト用に交換してみます




CIMG8135


取り外したTNK様のキャブレターです






CIMG8137









CIMG8144



フロートを開けてみると、ご覧のようです






CIMG8149


エンジン始動の前に、バルブクリアランスを確認調整します






CIMG8150


最大で、0.65が入るところがありました。
ロッカーアームのガタツキが、各部にありタペットクリアランス
を正規の0.35で調整しても音が止まらないことがあります。

キャメルマスターは、指の感覚で調整を行うこともあるとのこと。
準じてみるようにとアドバイスされました。




BlogPaint

フォグランプは、接触不良が原因のようでフューズの接触を直して
点灯しました



CIMG8156


リアフォグはバルブの接触具合で不灯でした。


BlogPaint




CIMG8164

ヘットライトへの供給配線のギボシ端子が焼けています。



CIMG8165

配線が、出てこない為、センターメーターを外します。



CIMG8166


配線を修正するためにセンターメーターを取り外したところ、殆どの配線が
赤で、作られていたため、解読、理解するのは時間が掛かりそうです。






CIMG8167






CIMG8173




BlogPaint







CIMG8168

ヘットライトスイッチは、節度感がおかしく、点灯したりしないときも
あります。また、配線が、作り替えられています。



CIMG8169




BlogPaint


ハザードの点灯不具合は、スイッチとディマースイッチが起因していることが
判りました。


配線の改修が必要です。



20191108




CIMG8177

溶着部を再度確認します


CIMG8178







完全に被覆が溶けて配線同士が、短絡していました






CIMG8176


中古コネクターを用意して、溶着部位を除去、移植します。



CIMG8182


1本づつハンダで溶かして取り替えます。
収縮チューブで絶縁後、テーピング処理します。






CIMG8183






2019111


CIMG8574



キャブレーターが入荷しました

早速取り付け準備です。





CIMG8579


リンケージを移植してガスケットを新しいものに






CIMG8592



CIMG8587


キャブレターを取り付け前にセンターメーター取り付けと
、コンビネーションスイッチを取り替えます。


CIMG8582


コラムシャフトカバーを外す為にステレオを一時、取り外します





CIMG8588



CIMG8594



キャブレターを取り付けします







CIMG8595




エンジンを始動すると、チャージランプが点灯したり消灯したまま
であったり。?????




CIMG8599



IMG_2527


テスト用オルタネーターに変更してみても変化ありません。





CIMG8598


原因は、メーター裏のソケット部の抵抗と、オルタネーター付近のコ
ネクターの端子が接触不良でチャージランプ消灯回路に通電不良でした。








IMG_2551

続いてヘットライトのロービームがあまりにも暗く

CIMG8605


ライト裏が、防水処理?
ライトコネクターが、砕けていたり
調べていくとロービームの点灯状態を確認すると
ハイとローが同時点灯しています。?

原因を解明までまだ時間が掛かりそうです。




20191112

キャメルスタッフデイ

昨日の続きです






CIMG8609


コネクターのアースとハイビームの端子位置が入れ替わっていました。・
しかも左右。・


CIMG8605

コネクターでロービーム電圧が安定しません。
良くて5.6V
抵抗も大?





CIMG8611



左右のロービーム配線を引き直します。


CIMG8612




CIMG8622



ロービーム



BlogPaint

ハイビーム、明るくなりました。






CIMG8633


ルームランプは、接触不良でした




CIMG8632






サスペンション系の異音を探りました


CIMG8627

左右のテンションロッドに変形が、有ります。






CIMG8628




CIMG8624



右のタイロッドのジョイント部にガタツキがあります。




BlogPaint

右のアッパー、ロアーのボールジョイントにも微かにガタツキがあります。





CIMG8629


グリスアップで様子を見ましょう



CIMG8630







BlogPaint

アイドル調整も終わり試運転も良好です。これでしばらくは、様子を観察しましょう




つづく




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002