前回は、オイル交換でご来店でした、KWM様


CIMG8119

本日、事前にご予約をいただき、
2年ごとに来るアレ(車検)ためにご来店、ご入庫です。



こんにちは、整備のたつろうです。


BlogPaint


お待ちいただいて、車両の確認をいたします




CIMG8307

ご用命事項にスピードメーターが動かないとのこと



CIMG8308


確認点検しましたら、メーター裏、すぐの位置でワイヤーが
切れていました

後ほど、作業に移った際に、交換いたします




BlogPaint

フロント灯火関連
全て点灯しています




BlogPaint


リア灯火関連
レンズのヒビや割れなどもありません




ECUライブチェックします


CIMG8321

フォルトは残っていませんでした。




CIMG8322

アイドルは、普通です。
CIMG8324




CIMG8325




CIMG8326






CIMG8327




CIMG8331

O2センサーの反応も良さそうですが?





CIMG8332





CIMG8335






CIMG8324



やはりマップが高め
聞くところでは、カムシャフトが原因とか?

対策でSFRが働いてくれています


CIMG8305


その対策として、エアークリーナーケース内に秘策が
隠されていました


CIMG8306

エアークリーナーは、K&Nタイプ。
部分的に汚れていますので清掃しましょう




BlogPaint



確認で、排気ガスを測定してみます



CIMG8316



触媒が付いていいるのにこの数値。

HCがギリギリです。



それ以外の部位で




CIMG8286


冷却水は、水路洗浄でキレイにしましましょう



CIMG8287


エンジンオイルは、交換ですが、ローレベル付近まで減っています。

CIMG8288


CIMG8290


ベルトのリブ山もヒビ割れなどは、大丈夫ですね
CIMG8298

クラッチフルードが黒く変色しています。
レリーズシリンダーから抜いて交換しましょう。






CIMG8312

「怒りん棒君」の出番です。

何とか、行きましたね。



CIMG8313


CIMG8314

ダウンパイプも余裕が、あります。



CIMG8293


ショックのロアブッシュカラーが、4輪ともズレています。
修正してみます。


CIMG8294



CIMG8297




CIMG8297





CIMG8120

それでは、発表です。

という事で、しばらくの間、お預かりいたします。





CIMG8121


お帰りは、リムジンで、駅までお送りいたします。







11月10日追記

わたなべです。

本日水路洗浄を行いました。


IMG_5894

まずは車内のヒーターコアのチェックから。

IMG_5900

漏れは無さそうです。


IMG_5895

ヒーターコアに続くホースも洗浄するために
ヒーターバルブを引いておきます。


IMG_5901

それでは洗浄剤を入れて
しばらくアイドリングで循環させてさせていきます。


IMG_5910

IMG_5912


サーモの密閉具合は大丈夫です。


IMG_5914

徐々にラジエーター側の水温も上がってきました。


IMG_5919



IMG_5920

88度でサーモが全開になったようです。
ラジエーター側に勢いよく流れ込んできました。


IMG_5921

水温センサーの精度も問題無さそうです。

IMG_5922


IMG_5923

92度でファンが回り始めました。


IMG_5924



IMG_5926

88度でファンが停止しました。
ファンの動作チェックも良好でした。






それではすすいでいきます。

IMG_5928

酷くはないですが,少し汚れていました。
臭いは少しだけしていました。


IMG_5929


IMG_5930

続いて逆流ですすいでいきます。


IMG_5933

右がラジエーター側で
左がヒーターコアになります。


これからも定期的な水路洗浄で
健康な状態を維持していきましょう。


IMG_5935

それでは冷却水を入れて


IMG_5937

魔法の「リキテック」登場です。

リキテックは
赤錆を安定させる還元作用の電子の力がエンジンブロック,ウォータージャケット内から作用して
燃焼効率を高めレスポンスアップやパワーアップを実現できる
「内燃機関燃焼向上液」です。


リキテックは以下の目的で使われます。
・レスポンスアップ
・水温の安定
・排気温度を下げる
・熱ダレを抑えるため
・燃費をよくするため
・エンジン保護のため
・セッティングを詰めるため

という感じで
リキテックはいいこと尽くめなのです。


IMG_5938

リキテックを入れて

IMG_5940


クーラントブースターを入れて。

クーラントブースターも添加するだけで
冷却水の防錆,防食,消泡性能の復活,冷却水の寿命延長等
頼もしいアイテムなのです。

リキテックと一緒に入れたので
頼もしさ倍増ですね。



それでは以上で水路洗浄の作業は完了になります。



つづく。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます

             

 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002