曽根です


SKM様 前回はキャリバーOHでフロントブレーキが気持ちよく効くようになりました。。

今年1月に『安心オートマ』 にしてから宿題が出るたびにキチっと直してどんどん若返ってる2000年式スポーツパック。。

IMG_2255

今回は車検ですね。。。  

IMG_2261

1年間メンテさせてきましたが車検は初めてですね。。。

IMG_2265

まずは最低地上高チェック・・   9㎝クリアしてます


IMG_2266

エンジンルーム、ちょっと埃っぽくなりました?

IMG_2278

前回のオイル交換から2400㎞走行で約1.5リットル減ってます。

オートマ車はこれ以上オイルが少なくなるとオートマが駆動しなくなります。。。

消耗量が多いですね。。。

オイル漏れ以外にオイルが減るのはガソリンと一緒に燃焼しちゃってますね。。

原因はオイル上がりとオイル下がり。。。

オイル上がりはエンジン降ろす大修理なので、まずはバルブシール交換でオイル下がりを退治して

オイル消耗量を減らしましょう。。。

IMG_2280

ガソリン臭は少々あります。

燃料希釈はオイルの粘度低下に大きく影響します。

チョイ乗りが多いと距離が伸びなくても燃料希釈による粘度低下が大きく早めのオイル交換が必要になります

IMG_2281

ブレーキフルードの量はOKですが・・

キャメルの車検ではリヤブレーキカップは必ず交換させていただいてるので

ブレーキフルードは全量入れ替えになります・・


IMG_2267

ミニモニでECUチェック

フォルト無し。。

IMG_2268

マルチ画面   はすべて規定値内でOK


IMG_2270

バキュームも規定値内。。。

ですが理想値は33kpaあたりです。。 タペットクリアランスが大きいかもしれません。

今回バルブシール交換でタペットカバー開けるのでバッチリ合わせておきます

IMG_2271

水温センサーの精度テストは後ほどの水路洗浄のスリーチェックで行います

IMG_2272

吸気温

IMG_2273

電圧OK.

IMG_2274

O2センサー稼働中。

IMG_2275

燃調補正も良好でした。



IMG_2298

リフトアップして下廻り点検するので一緒にご覧になってください


IMG_2295

マフラーの出口だけど、もっと高くなりませんか?

IMG_2296

取付ステーをサブフレームの上に付ければ1.5㎝位上がるかな・・・

IMG_2304

ほら、ちょっと上がったでしょ。。。


IMG_2300



IMG_2283

右の足回り。。。 

IMG_2286

アッパージョイントに少しガタが出始めてました。。。

IMG_2287

ドライブシャフトブーツ、ラックブーツは大丈夫ですが


IMG_2288

ナックルジョイントのブーツ切れ。。。 樹脂のカップも浮き始めてます。


IMG_2289

ナックルジョイントの上にハイローキットとペチャンコになったラバコンがあります。。

ナックル交換で分解するなら・・・ラバコン交換して一気に足回りリフレッシュしませんか?

IMG_2291

テンションブッシュはヒビが入り始めてます

IMG_2292

左足回り

IMG_2293

右と同じくナックルジョイントのブーツ切れ。。

IMG_2301

一緒にご覧いただいて・・・

ラバコン交換することに決定!

タワーマウント等のサブフレームマウント、 調整式テンションロッド

エイボンバーのテンションブッシュとロアームブッシュも併せて交換して一気に足回りを若返りさせます。


IMG_2294

オイル漏れは少ないですね。

IMG_2302

安心オートマにしたからねぇ。。


BlogPaint

リヤのナックルジョイントも左右ともバックり切れてましたが

4輪ともラバコン交換するからここもリフレッシュしますね。。。♪





さて、まずは車検の定番メニューの水路洗浄をわたなべ君にお願いします。。


わたなべです。

水路洗浄を行いました。



IMG_5833

IMG_23511

これから水路洗浄始めるの⁇な写真です。



IMG_5809


IMG_5810

ヒーターコアに続くヒーターホースの洗浄も行うため
ヒーターバルブも開けます。


IMG_5814

ヒーターコアの漏れもないです。

IMG_5835

それでは洗浄剤を入れてスタートです。


IMG_5842

スタート時の水温です。
サーモの密閉具合も大丈夫です。

IMG_5861

ミニモニの水温が90度になり一気に上がってきました。
写真見にくくて申し訳ありません…。

IMG_5867

勢いよく流れ込んできていたので
サーモが全開になったようです。

IMG_5868


IMG_5871

96度になりファンが回り始めました。
この時ラジエーター側の温度計の温度も96度を示していたので
温度センサーの精度も大丈夫です。


IMG_5878

ミニモニの画面で94度でファンが止まりました。

なのですが…。
コネクター端子の接触が悪いのか
何度もミニモニの画面がスタートに戻るのでうまく写真が撮れませんでした。
申し訳ありません…。
ファンが回った時も画面の表示を逃すまいと
モニター単体で撮影してしまいました....。





それではすすいでいきます。


IMG_5879


汚れていますね…。
臭いも多少ありました。




IMG_5881

IMG_5882

続いて逆流させて洗浄していきましょう。


IMG_5884

右がラジエーター側
左がヒーターコアになります。

やはり汚れていますね。
今回の水路洗浄できれいになりましたが
定期的な水路洗浄で良い状態を保ちましょう。



それでは冷却水を入れていきます。

IMG_5885

今回はリキテックも入れます。

リキテックはエンジンブロック,ウォータージャケット無いを循環することにより作用し
燃焼効率も高めてレスポンスアップ,トルクアップを体感することができます。
同じくエンジンブロック,ウォータージャケット内の静電気を除去することにより
フリクションロスを提言することができます。



IMG_5886

クーラントブースターも入れていきます。

クーラントブースターは
添加するだけで防錆,防食効果があるので
水路を良好に保つことができます。


以上で水路洗浄は作業終了になります。



11月14日追記

DSCF3121

先にオイル下がりの修理でバルブシール交換から・・・

DSCF3152

バルブステムを伝って燃焼室にオイルが入るのを防いでくれるのがバルブシール。。。

古いバルブシールを取り出し

DSCF3153

新しいシールを取り付けます。。。

DSCF3154

前部で8本あります。。

DSCF3156

交換完了してタペット調整。。。 0.35㎜で合わせました

BlogPaint

つづいて、ラバコンとサブフレームマウント交換。。

今回のメインメニューです。。。


DSCF3123

サブフレームを下に落とすためにエンジンルームからタワーボルトを抜きました。。。

タワーマウントのゴムがペッチャンコで切れてます。。。

見た瞬間に お疲れさまでした~ って言いたくなりました。

DSCF3124

サブフレームが下にズレてる間に リヤ側のマウント交換

DSCF3125

新旧交代の儀。。

DSCF3126

これから頑張ってくれる リヤ側のマウント。。。

DSCF3127

サブフレームとボディの間で絶えずお仕事してきたタワーマウントを抜き取ります

DSCF3128

もう限界でした。

ハンドリングに重要な影響があるマウントです。。  


DSCF3129

エイボンバー製に交換。。。 新旧交代の儀


DSCF3130

適度な硬度でクイックレスポンスのハンドリング。。

耐久性もあってバランスのよいマウントです。

DSCF3131
  
フロントのマウント

DSCF3132

新旧交代の儀


DSCF3133

サブフレーム先端とボディを繋ぎます。



DSCF3122

さて、今回足回り一式交換するきっかけになったナックルジョイントの破れたブーツ。。。。

フロントの足回りを分解していきます

DSCF3134

アッパーアームを外し ハイローキットを取り出しました


DSCF3135

アッパーアームに固着したナックルの樹脂カップ

DSCF3136

出てきました。。。   20年頑張ってくれたラバコン。。。

DSCF3137

ハイローのお皿に強く当たって変形してますね。。

DSCF3138

こうして比べると どれだけ頑張ってくれたか頭が下がります。。。

フロントは10年くらいで交換してあげたいですね。。。

DSCF3139

さぁ、アレックモールトンのラバコンが入ります。

見るだけで乗り心地がグーンと良くなりそうな予感。。

DSCF3140

ナックルジョイントの交代。。。

DSCF3143

フロントの足回り組付け完了。。。

DSCF3144

こちらは右リヤ  新しいナックルを取り付けた所。


DSCF3145

ラバコンも新しくなりました。

DSCF3146

前後ラバコンの新旧交代の儀


DSCF3148

左リヤはガソリンタンクをずらします。。。

DSCF3151

新しいラバコンが入って左リヤも完了。




ロアームブッシュ交換

DSCF3157

固着してました。。。

DSCF3158

錆ついてました。。。

DSCF3159

シャフトを磨いてからロアームブッシュ取付けました

DSCF3160

ノーマルは全くアライメント調整ができませんが、テンションロッドを調整式にするだけでも直進調整ができるようになります

DSCF3161

テンションブッシュもエイボンバー製

DSCF3162


DSCF3164

燃料フィルター交換。。。

DSCF3166

交換日を書いておきます。。。



つづく



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002