前回は、オイル交換でご来店のKWS様



BlogPaint

本日は、ブレーキ系の交換でご来店です。

当日仕上げ、
メニューは、フロントディスク&ブレーキパッド交換、
        ショックアブソーバー1台分交換

                 技術は無いが、努力で作業します



そして作業開始直前に

DSC01374





ロッカーカバーのオイル漏れの修理と

DSC01377


オイル漏れもしていますが?????????
スラッジは、酷そうに見えますが、柔らかいので見た目ほどでは
無さそうです。



が、しかし。




DSC01380


コルクガスケットにカッターの刃が、足し打ちできません



DSC01379






DSC01389



ブレーキオイルが少ないので点検修理




DSC01412


ブレーキオイルが減る原因です
ホイールシリンダー内で漏れていました





DSC01395



ナイロンベアリングの交換




以上

追加です。
当日、仕上げ・・・・・・・→→・・・・・・・当日、完成です







はじめます。


一番最初に、ヘッドカバーから
ヘッド側に、あまりスラッジが堆積してません。良いオイルが、
正常してくれたのでしょうか。
カバー内も洗油で洗うだけですぐに除去できました




DSC01381

コルクが、あまりにも硬くなっているので、ディスクワイヤーで除去します




DSC01384






DSC01386






DSC01424


フロント周り、ショック交換と一緒にブレーキ系から

DSC01421



DSC01418




DSC01420






DSC01427

左側は、ナイロンベアリングも一緒に




DSC01431



DSC01425


ラックブーツは少し短いものが付いていました。一山、少ないです



DSC01433





DSC01398


右のラックブーツは、ズタズタでした。


DSC01436



DSC01435




続いてリアショック交換、ブレーキへと


DSC01437

左リアショック交換のためにタンクをずらします。


マシン1号がまた登場。ガソリンを一旦、抜き取ります。





DSC01439


DSC01448




DSC01440





DSC01444


アッパーのダブルナットを締め付けるために薄手のスパナを使用すると
容易に締めることができます。



DSC01443






IMG_7711



リアブレーキ、ホイールシリンダーの分解清掃




DSC01445

一般的に回転ブラシを使用しますが、汚れがひどい場合は、
ホーニングストーンも使用するとキレイに出来ます。




DSC01452



ブレーキフルード、エアー抜き作業で終了です







DSC01453






BlogPaint



フロント灯火点検





BlogPaint



リア灯火点検




DSC01472


ECUチェックです





DSC01473




DSC01475







DSC01476





DSC01479






DSC01482







IMG_7729



お待たせしました。交換した追加の部品などの
ご説明です。

ブレーキパッドは、残量が1ミリくらいでした。ギリギリですかね。







IMG_7730


ブレーキの当たり出るまで、まれに、効きが甘く感じる
ことがありますが、徐々に人間も慣らしてください。





DSC01486



DSC01490


ありがとうございました。





DSC01491

またのお越しをお待ちしています








にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002